お薬ボックス > news > 

ジスロマックは市販には無いが、通販では同じ効果のジェネリックが買える

ジスロマックは市販には無いが、通販では同じ効果のジェネリックが買える

こんにちは、「お薬ボックス」の松尾です!

「ポチる」なんて言葉ができるくらいネット通販が当たり前になった現代では、野菜から家までスマホ一つで買えるなかなかすごい時代になりました。みなさんも一度くらいは「ポチった」ことがあるのではないかと思いますが、中にはもちろん買えないものもありますよね。

そのうちの一つが医薬品で、特にジスロマックのようなお医者さんから処方してもらわなければ手に入らないお薬は楽天やアマゾンを端から端まで探しても残念ながら見つけることはできません。

しかし、実はそんな処方薬も実はネット通販で購入できる方法があるってご存知でしたか…?

薬局やドラッグストアはもちろんアマゾン楽天でもNG

ジスロマックは市販には無いが、通販では同じ効果のジェネリックが買える

ジスロマックは、バイアグラでおなじみの製薬会社ファイザーが製造・販売している抗生物質です(ジェネリックもたくさんあります)。抗生物質とは細菌を殺すお薬のことでジスロマックの場合であればクラミジアや淋病といった性病から歯周病、風邪にいたるまで細菌由来の症状をだいたいなんとかしてくれる優秀なお薬ですね。

このジスロマックは、病院でもらうだけあって効果がとても強いのですが、その反面副作用も強く出ることがあるので医療用医薬品というカテゴリに分類されています。お医者さんの処方でしかもらえない、と日本の法律で決まっているんです。

一方で、薬局やドラッグストアで買える市販のお薬は一般用医薬品というカテゴリに分類されていて、有効成分はジスロマックと同じなのですがその量は1/2~1/3と少なめに抑えられていて効果もそこまで高くはありません。しかし、逆に言えば副作用の心配もほとんどないので誰でも好きなときに気軽に買えるというメリットがあります。

市販薬と処方薬の違い
処方薬 市販薬
処方せんが必要 誰でも買える
効果が高く副作用もある 効果は弱めで副作用も少なめ
薬の種類を選べない 薬の種類を選べる
使い方は医者が決める 使い方は自分で決める

これが、薬局やドラッグストアで売ってる市販のお薬とお医者さんに処方してもらうお薬(ジェネリック含む)との大きな違いです。

というわけで、そもそもお薬の種類が違うので残念ながら薬局やドラッグストアはもちろんアマゾンや楽天といった通販サイトでもジスロマックは絶対に売ってないというわけなんです。もしかしたらメルカリではたまに売ってるかもしれませんが、これは完全に薬事法違反ですのでトラブルを避けたいなら購入は辞めておいた方が無難ですね…。

実はジスロマックを普通に購入できる手段もある

ジスロマックは市販には無いが、通販では同じ効果のジェネリックが買える

しかし、ではジスロマックは絶対お医者さんの処方がないと手に入らないのかというと、そういうわけではありません。実は個人輸入という方法であれば市販のお薬と同じようにお医者さんの処方がなくてもこのジスロマックを購入できるんです。

個人輸入とは、その名前の通り個人で個人的に物品を輸入することです。…と聞くとかなりハードルが高く感じられるかもしれませんが、ご安心ください。

実際は個人輸入を代行してくれるサイトがあるので実際はアマゾンや楽天などの通販を使うときと同じようにポチるだけでお家にお薬が届きます。アマゾンと楽天や違うところを強いて挙げるなら国内発送か海外発送かくらいの違いでしょうか?

個人輸入と言っても通販と一緒でポチるだけ
ジスロマックは市販には無いが、通販では同じ効果のジェネリックが買える

「処方薬が市販のお薬と同じように買える通販って法律的にどうなの?」なんて思う方もいるかもしれませんが、実はこれは薬事法でも認められていることで法律的には全く問題ないんです。そもそも、なぜこんな仕組みになっているのかというと、これは主に海外から日本に来た方の

◆外国で受けた薬物治療を日本でも継続する必要がある
◆海外で服用していた薬を日本でも使い続けたい

といったニーズに対応するためなんです。確かに上記のような人はこういう制度がないと渡航先の国でかなり困ったことになってしまいますよね。

しかも、法律では「海外旅行者限定」などとは特に決められているわけではないので結局のところ日本在住の日本人でも市販のお薬と同じように処方薬を購入することができるんです(もちろんジェネリック薬も)。

通販でジスロマックを買うメリットとデメリット

カンジダ膣炎の治療には市販薬よりも効く「飲み薬」があるってご存知?

メリットばかりのようにも感じられるお薬の個人輸入ですが、もちろんメリットとデメリットがそれぞれあります。

まずメリットは何と言っても安いことと、家から出なくても良くて時間がかからないことですね。ジスロマックは市販のお薬と違って保険が効かなければ10割負担になってしまうので安く済むのはありがたいですね。また、家から出なくても通販と同じように届くのは忙しい社会人の方にもうれしいでしょう。

そういった価値がある一方で、薬が偽物かもしれないこと、お医者さんが指導してくれるわけじゃないので飲み方が難しかったりする、などのデメリットが挙げられます。

前者に関しては

◆会社概要をしっかりサイトに記載していること
◆取引の手順が具体的に書かれているか
◆日本語が片言で怪しくないか

なんてポイントが良く言われていますが、会社概要が書いてあるからと言っても別に自分で会社まで行って確かめるわけじゃないから結局は「祈るしかない」ってことになってしまいますよね。

でも、実は詐欺通販サイトかどうかを簡単に見分けるいい方法もあるのでこっそり明かしちゃいます!こんなこと言ったら他の業者さんから怒られるかもしれませんが、とりあえず自衛のために覚えておいて損はないですよ!その代わり、ちょっと難しい話になりますが頑張ってついてきてください。

まず、「yahoo.co.jp」とか「youtube.com」みたいなサイトの住所(URL)には実は年齢があって、これは簡単に調べることができます。今回は「お名前.com」のWhois検索ツールを使ってみましょう。

「yahoo.co.jp」を入れると登録年月日(Creation Dateとなってることもありますが意味は同じです)の欄に2000年11月17日と書かれているのがわかります。つまり、「yahoo!」は2000年に生まれたサイトで17年の歴史があることがわかります。さすが古参サイトだけあってご長寿ですね!

ジスロマックは市販には無いが、通販では同じ効果のジェネリックが買える

実は、詐欺通販サイトはバーって稼いでサーッといなくなるその特性上1年以上運営することが少ない特性があるんです。現実に例えると、詐欺師は賃貸の契約を更新なんてしないし、最初から長期契約なんてもってのほか、というのと同じ理屈ですね。

なぜ1ヶ月2ヶ月じゃなくて1年なのかというと、これは「okusuribox.com」みたいなインターネットの住所(ドメインと言います)は最低でも1年からの年単位契約だからです。つまり、2年目に突入してるということは契約更新したか最初から長期契約か(つまり長く運営する気がある)、のどちらかで詐欺サイトである可能性はかなり低くなるというわけなんです。

では、「お薬ボックス」はどうなんでしょうか?これはぜひ皆さんの目で確かめてみてください(実は結構短いんですけどね…汗)。

ジスロマックはお薬ボックスでも購入できます!

ということで、ジスロマックはもちろん「お薬ボックス」でも取り扱っていて正規のジスロマックと同じ効果をもつジェネリック医薬品を最安値に近い価格で提供しております。当たり前ですが、もちろんいずれも正規のお薬ですので、市販のお薬で症状が改善しなかった方はぜひ一度お試しいただければと思います。

ジスロマックのジェネリック医薬品

【アジー250mg/500mg/1000mg (azee)】

アジー250mg/500mg/1000mg (azee)

この製品はジスロマック(ZITHROMAX)のジェネリック薬アジーです。有効成分はジスロマックと同じアジスロマイシン(AZM/AZITHROMYCIN)で効果は変わりませんが、ジェネリック医薬品なので価格は格安です。幅広いタイプの細菌に効果があり、咽頭炎、喉頭炎、気管支炎、肺炎といった呼吸器系の感染症をはじめ、尿道炎や膀胱炎などの骨盤や泌尿器系の病気、クラミジアや淋病などの性病(STD/STI)、さらに、歯肉炎、歯周炎、中耳炎にも有効です。

アジー250mg/500mg/1000mg (azee)の商品詳細ページ

(Text:松尾和志)

いいね!と思ったら…

この記事で紹介された関連医薬品・ジェネリック

関連NEWS