お薬ボックス > news > 

バリフの副作用と注意点まとめ!正しい飲み方で副作用のリスクを減らそう!

バリフの副作用や注意点は?

こんにちは、「お薬ボックス」の五十嵐です!

バリフは非常に効果が強く人気のED治療薬ですが、その分副作用が強いのではないかと不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしバリフは飲み方を間違えたりしなければ副作用は基本的に軽いもので、比較的安全な薬です。

今回はバリフの代表的な副作用や、正しい飲み方、安全に服用するために気を付けるべきことをご紹介しますね。

【バリフ】

valif20mg

バリフ(valif)はアジャンタファーマ社が製造・販売するED治療薬で、三大ED治療薬として知られるレビトラ(levitra)のジェネリック医薬品にあたる薬です。有効成分バルデナフィルには、ペニスの海綿体平滑筋の緊張を緩めて血流を改善する作用があります。これによって海綿体へ血液が送り込まれやすくなり、ペニスが正常に勃起できるようになります。

バリフの価格を通販で見てみる

バリフってどんな薬?

バリフってどんな薬なの?

まずはバリフってどんな薬なのかをご説明しましょう。

バリフはレビトラというED治療薬のジェネリック医薬品で、飲んでから効果が出るまでの即効性、バイアグラよりも効果が長く続く持続力、人によってはバイアグラ以上ともいわれる勃起力、食事の影響を受けにくい、などといったレビトラと同じ特徴を持ちます。

ジェネリック医薬品のためレビトラよりも安く購入することができますので、元々レビトラを愛用していた方にも非常に人気のお薬です。

バイアグラやバイアグラのジェネリック薬と比べて副作用のリスクが少ないのも特徴ですが、全くないわけではありません。

バリフにはどのような副作用があるのでしょうか。

バリフの副作用を紹介

頭痛が気になる男性

続いてバリフの副作用についてご説明します。

バリフの副作用は

◆顔のほてり

◆頭痛

◆めまい

◆鼻づまり

◆動悸

◆消化不良

などが報告されています。

副作用の報告例はそれほど多くなく、用法・容量を守れば副作用が出てもほとんどが軽いものになりますので、正しい飲み方をしていれば安全なお薬となっています。

しかし、飲み方を間違えると効果が出なかったり強い副作用がでてしまう可能性もあります。

ですので次はバリフの効果をちゃんと出す為、そして大きな副作用を避ける為の正しい飲み方をご紹介します。

バリフの正しい飲み方

バリフの飲み方は?

バリフの副作用は出ても軽いものがほとんどですが、飲み方を間違えると重い症状が出てしまう危険性もあります。

また逆に、飲み方によっては正しい効果を得られない可能性もありますので、しっかりと正しい飲み方を理解して、安全な服用を心がけましょう。

服用のタイミングと量

バリフは性行為の30分ほど前に飲む事でその効果を効率よく得る事ができます。 この際、1回の服用で飲んでいい量は1錠(20㎎)までです。1錠を超えた量を飲むと強い副作用が出る恐れがありますのでやめておきましょう。

なお、効果の続く時間は6時間から10時間ほどとなっていますが、1度服用してから次に飲むまでは24時間以上の間隔を空けて下さい。

初めてのバリフは半分から

バリフは1錠では効果が強すぎるという方も多いです。効果が強いとそれだけ副作用も強く出てしまいますので、初めてバリフを飲むさいにはピルカッターなどで1錠を半分に割って飲むのがおすすめです。

半分で満足のいく効果が得られなかった場合は1錠で飲んでみましょう。逆に、1錠飲んで副作用が強く出た方は、次は半分にして飲むなど量を調整して下さい。

食事を食べ過ぎない

バリフは食事の影響を受けにくいというのは有名な話ですが、それでもたくさん食べた後に服用すると効果が出づらくなったり、最悪まったく出なくなる可能性もあります。

目安としては700cal以上の食事をとると効果が出づらくなるとされていますので気を付けましょう。また、脂肪分の多い食事はさらにバリフの効果が出づらくなるので控えた方がいいです。食事量の調整がめんどうであれば空腹時の服用をおすすめします。

お酒を飲み過ぎない

バリフはアルコールの影響も受けにくいですが、アルコール自体に飲み過ぎると勃起しづらくなってしまう効果があります。軽く楽しむ程度なら問題ありませんので、お酒はたしなむ程度にしておきましょう。

また、バリフの効果が残っている間は血液の流れが良くアルコールが回りやすい状態にありますので、バリフを飲んだ後の飲酒も控えましょう。

その他、バリフを飲む前に知っておきたい注意点

バリフは飲み方以外にも気を付けるべきことがいくつかありますので、飲む前に把握しておきましょう。

バリフを飲んだら車の運転を控えて下さい

バリフを飲んで車を運転しないで

バリフを飲むと、めまいや視覚障害などの副作用が出ることがあります。

これらの副作用が出る確率は高くはありませんが、もし自動車の運転中にこういった副作用があらわれると事故を起こしてしまうかもしれません。その為、バリフの効果が出ている間は車の運転は控えるようにして下さい。

バリフとグレープフルーツは危険

バリフとグレープフルーツは一緒にとらない

バリフとグレープフルーツを一緒にとると薬の効果が大きく出過ぎてしまい、強い副作用があらわれる恐れがあります。

グレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸という成分との相互作用でこのようなことが起きてしまいますので、バリフを飲む時や飲む前にはグレープフルーツやグレープフルーツジュース、グレープフルーツを使ったお酒などはとらないようにしましょう。

バリフを飲んではいけない人

ダメ

バリフには一緒に飲むと危険な併用禁忌薬がありますので、普段から別のお薬を飲まれている方はバリフを飲む前に併用禁忌薬をチェックしておきましょう。

硝酸剤・抗ウイルス薬(HIV治療薬)・抗不整脈薬・内服の抗真菌薬などが併用禁忌薬にあたりますので、これらを飲まれているかたは絶対にバリフを飲まないで下さい。

他にも持病を持っている方など、人によってはバリフを飲むと危険な場合があります。

◆バリフを飲んでアレルギー反応を起こしたことがある人

◆心臓や血管が悪くセックスをとめられている人

◆腎障害で透析をされている人

◆不安定狭心症の人

◆先天的な不整脈の人

◆重い肝機能障害がある人

◆一定以上の低血圧や高血圧の人

◆網膜色素変性症の人

◆過去6か月間で心筋梗塞、脳出血、脳梗塞の経験がある人

◆未成年者や女性

こういった方はバリフを飲まないようにして下さい。

普段からお薬を飲んでいたり、何か持病をもっている方は、バリフを飲む前に飲んでも大丈夫なのか医師に相談することをおすすめします。

通販でバリフの購入を検討している方への注意点

バリフはED治療に効果的な薬ですが注意点もあるのでしっかり読んで頂きたいです。

信用出来るのは医薬品専門の通販サイト!

知ってた?病院で扱う薬の大半は処方箋なしでも薬局や通販で購入できる

バリフはED治療に効果的な医療品です。当サイトは個人輸入代行サイトで、処方箋なしに購入する事ができますが、同じバリフを取り扱う通販のサイトによっては、偽薬を販売する通販サイトや品質に心配があったり、問題があったりする場合があるようです。また、購入しても商品が届くかなども心配な意見もありますが、お薬ボックスでは高品質な正規品のみ取り扱っており、沢山の購入者の意見も届いております。購入された大切なお薬をしっかりとお届けしますのでご安心ください。

お薬ボックス

【バリフ】

valif20mg

バリフ(valif)はアジャンタファーマ社が製造・販売する勃起不全(ED)の治療薬で、三大ED治療薬として知られるレビトラ(levitra)のジェネリック医薬品にあたる薬です。 レビトラやバリフが含有する有効成分バルデナフィルには、ペニスの海綿体平滑筋の緊張を緩めて血流を改善する作用があります。これによって海綿体へ勃起に必要な血液が送り込まれるようになり、ペニスが正常に勃起できるようになるというメカニズムです。


<使用方法>

性行為の30分ほど前に1錠服用して下さい。1日1錠が服用限界なのでご注意下さい。服用の間隔は24時間以上必要となっていますのでお気をつけ下さい。初めてのご利用の方はピルカッターで半分に割ってからの服用をお勧めしています。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、顔のほてり、動悸、めまいなどが報告されています。副作用の報告は多くはありませんが、万が一気分が悪くなった場合は服用を中止して直ちに医師の診断をお受け下さい。また服用後に車の運転をする際には十分ご注意下さい。

バリフの価格を通販で見てみる

バリフの副作用と注意点まとめ

・バリフは副作用がありますが、正しい飲み方を心がければその副作用は軽く、日常生活にほぼ支障は出ません。

・バリフを飲む際には用法・容量を守り、暴食暴飲は控えましょう。

・効果が出ている間の自動車の運転や、グレープフルーツと一緒にとるのはやめて下さい。

・普段薬を飲んでいる方や持病のある方は、バリフを飲む前に医師の相談を受けることをおすすめします。

以上の点に気を付ければばっちりです。ただしED治療薬は人によって相性がありますので、バリフの正しい飲み方を心掛けてもあまり効果が感じられなかったり、副作用が気になる場合は他のED治療薬も試してみましょう。

(Text:五十嵐ひろし)

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

ページ先頭に戻る