お薬ボックス > お薬に関する記事 > 

生理痛の薬は通販で!市販薬よりもメリットの多い低用量ピルがおすすめ!

生理痛の薬は通販で!市販薬よりも効果のある低用量ピルがおすすめ!

こんにちは、「お薬ボックス」の五十嵐です!

みなさんは生理痛が辛い時ってどんなお薬を使っていますか?

市販薬だとロキソニンやバファリン、ノーシンピュアなどが有名ですが、中にはこれらの市販薬ではあまり効果がなく、辛い思いをされている方もいらっしゃるでしょう。

欧米では今、そんな辛い生理痛の痛みには低用量ピルというのが一般的になっています。

それは、現在日本の薬局で売られているような生理痛の薬よりも低用量ピルの方がずっとメリットが多いためです。

今回は生理痛の原因とそれに対する低用量ピルの効果や、低用量ピルが通販で購入できることをご紹介します。

トリキュラー(triquilar)

トリキュラー(triquilar)の個人輸入

トリキュラー(triquilar)は、黄体ホルモンと卵胞ホルモンによって排卵を抑え、妊娠を防止する低用量ピル(避妊薬)です。黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の女性ホルモンをピルで毎日摂取することで妊娠状態のホルモンバランスに近づき、排卵することなく避妊効果を発揮します。

生理痛が起こる原因

生理痛の原因とは

まず、生理痛はどのような仕組みで起こっているのでしょうか。

その原因をまず簡単に説明していきます。

プロスタグランジンの過剰分泌

生理になると、子宮内膜を血液と共に経血として排出するため子宮を収縮させる働きを持つ、プロスタグランジンという生理活性物質が分泌されます。

プロスタグランジンは生理になくてはならないものですが、これが必要以上に分泌されると子宮の収縮が過剰になってしまい、生理痛を引き起こす原因となります。

子宮口がせまい

子宮口がせまいと子宮から経血を排出し辛いためプロスタグランジンの分泌が多くなり痛みを引き起こしやすくなります。

一度出産を経験すると生理痛の痛みが軽減されることがありますが、これは出産によって子宮口が広がり経血の排出がスムーズになるためです。

血液の状態

サラサラの血液であれば経血が排出されやすいですが、血液の粘度が高いと子宮口から排出され辛い為、これもプロスタグランジン分泌が多くなる原因となります。

また、冷えなどによって血行が悪いとその分プロスタグランジンが長くとどまり、これも痛みが大きくなる原因の一つです。

辛い生理痛や生理不順には市販薬よりも低用量ピル

辛い生理痛や生理不順には市販薬よりも低用量ピルが効果的!

生理痛が酷い時、大体の方は市販の鎮痛薬を飲まれているかと思います。

しかし、中には痛み止めを飲んでも生理痛が効かないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それに生理のトラブルは生理痛だけではありません。

その点、低用量ピルは生理痛を始めとした多くの生理によるトラブルを解決してくれます。

生理痛や経血量を軽減する

市販の生理薬や痛み止めとは違い、低用量ピルは生理痛の痛みの元となるプロスタグランジンの分泌を抑制することができますので、生理痛を根本から軽減してくれます。

また、子宮内膜の増殖を抑えるため、経血量も少なくなります。

月経前症候群(PMS)の症状を軽くする

低用量ピルは月経前症候群(PMS)の原因となるホルモンバランスの乱れを整えてくれます。

その為、生理痛だけでなく月経前症候群(PMS)治療の為にも低用量ピルが使用されています。

生理不順を改善してくれる

低用量ピルは、21日間服用して1週間休むという周期で服用します。

この1週間の休薬期間で生理が来るようになりますので、生理の周期が安定するため生理不順の改善にも使用できるというメリットを持ちます。

低用量ピルを飲んでいると不妊症になる?

低用量ピルを飲んでいると不妊にはならないの?

低用量ピルは避妊薬でもあるため、飲み続ければ不妊症になってしまうのではないかと心配される方も多いです。

確かに低用量ピルを服用している間は排卵が止まりますが、服用を止めると排卵は再開されますのでご安心ください。

排卵が止まる事によって卵巣を休ませられますし、子宮内膜症を予防できるなど、むしろ不妊となるリスクを回避する効果にも期待することができます。

このように、低用量ピルは市販薬と比べて多くの生理のトラブルを解決することができます。

生理痛や月経前症候群(PMS)、生理不順など、辛い生理のトラブルにお悩みの方は低用量ピルの導入が非常におすすめです。

生理痛の薬として欧米では低用量ピルが一般的です

生理痛の薬として欧米では低用量ピルが一般的

日本のピル普及率は現在約3%に留まっています。

低用量ピルと聞くと、どうしても避妊薬というイメージが先行してしまいますよね。

その為ピルを飲んでいると知られたら、周りからいつでもセックスを受け入れられるような性に対してだらしがない印象を持たれてしまわないか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日本でのピルの導入が世界的に遅かったこともありますが、恐らくそういった先入観が日本で未だにピルがあまり普及していない大きな理由のひとつでしょう。

しかし欧米先進国で既にピルの使用は一般的となっており、ヨーロッパ全体では約30%、ドイツにおいては約52%という高い普及率となっています。

日本でも生理痛に対しする低用量ピルの効果が知られはじめ、利用をすすめる医師も増えてきていますので、これからは日本でも低用量ピルに対するイメージは変わっていくでしょう。

別に低用量ピルの使用を公言しなくてもいい訳ですし、使用が明らかになっても用途を説明すれば理解を得られる土壌は広がりつつありますのでご安心ください。

低用量ピルの購入方法は?病院での処方以外に通販で購入できる

低用量ピルの購入方法は?病院での処方以外に通販で購入できます!

生理痛が酷い場合、まずは一度婦人科または産婦人科で診てもらうことをおすすめします。

その理由は、生理痛は何らかの病気によって起こる「器質性月経困難症」とそれ以外の「機能性月経困難症」に分かれており、「器質性月経困難症」であった場合元となる病気を治療する必要があるからです。

また、低用量ピルにも色んな種類がありますので、自分の体質に合ったお薬を探すなら病院で先生と相談しながら選ぶのが一番です。

自分に合うお薬が見つかってからは、同じ銘柄または同じ成分の薬を通販で購入するのも1つの手です。

通販で購入すれば外出の必要がありませんし、診察料や処方料が発生せず、まとめ買いすることで更にお得となります。

当サイトお薬ボックスでもいくつかの低用量ピルを取り扱っておりますので、服用中のものと同じものがありましたら是非ご利用くださいね。

通販で生理痛の薬(低用量ピル)の購入を検討している方への注意点

通販で生理痛の薬(低用量ピル)の購入を検討している方への注意点

低用量ピルは辛い生理痛の改善に効果的な薬ですが注意点もあるのでしっかり読んで頂きたいです。

信用出来るのは医薬品専門の通販サイト!

知ってた?病院で扱う薬の大半は処方箋なしでも薬局や通販で購入できる

低用量ピルは辛い生理痛の改善に効果的な医療品です。当サイトは個人輸入代行サイトで、処方箋なしに購入する事ができますが、同じ低用量ピルを取り扱う通販のサイトによっては、偽薬を販売する通販サイトや品質に心配があったり、問題があったりする場合があるようです。また、購入しても商品が届くかなども心配な意見もありますが、お薬ボックスでは高品質な正規品のみ取り扱っており、沢山の購入者の意見も届いております。購入された大切なお薬をしっかりとお届けしますのでご安心ください。

お薬ボックス

通販で購入できるおすすめ生理痛薬(低用量ピル)

トリキュラー(triquilar)

トリキュラー(triquilar)の個人輸入

トリキュラー(triquilar)は、黄体ホルモンと卵胞ホルモンによって排卵を抑え、妊娠を防止する低用量ピル(避妊薬)です。生理痛や生理不順などの改善にも使われ、国内の産婦人科で処方率が最も高い商品(正規品)です。


<使用方法>

3週間の服用と1週間の休薬(月経期間)が1サイクル(28日間)になります。1日1錠ほぼ決まった時間に、決められた順番で服用してください。食前でも食後でも問題はありません。

<注意点 副作用>

飲み始めの頃は頭痛・吐き気・乳房の張り・少量の不正出血(経血以外の出血)など、ホルモン環境が変わったために起こる副作用が出ることがあります。これらの症状は、トリキュラーに体が慣れてくる1ヶ月程度でなくなっていきます。


ノベロン0.15mg/0.03mg(novelon)

ノベロン0.15mg/0.03mg(novelon)の個人輸入

このノベロンは日本の産婦人科で処方率が高いマーベロンのジェネリック医薬品で、同じ成分・効果ながら先発薬のマーベロンよりも安く購入できます。


<使用方法>

3週間の服用と1週間の休薬(月経期間)が1サイクル(28日間)です。月経初日から服用を開始し、1日1錠決まった時間に、決められた順番で服用してください。食前でも食後でも問題はありません。

<注意点 副作用>

頭痛・むくみ・嘔吐・倦怠感・下腹部の膨らみなどの報告を受けています。これらの症状は、ノベロン服用によってホルモン環境が変わったために起こるものですので、ノベロンに体が慣れてくる2~3ヶ月程度でなくなっていきます。


ダイアン35 2mg/0.035mg (diane35)

ダイアン35 2mg/0.035mg (diane35)の個人輸入

ダイアン35(diane35)は、体格の小さなアジア人向けにドイツのバイエル社が開発した低用量ピル(避妊薬)です。数あるピルの中でも男性ホルモン作用がないため、避妊のみならず、男性型の多毛症・抜け毛・ニキビを抑制する作用があります。


<使用方法>

3週間の服用と1週間の休薬(月経期間)が1サイクル(28日間)です。月経初日から服用を開始し、1日1錠決まった時間に、決められた順番で服用してください。

<注意点 副作用>

飲み始めの頃は不正出血(生理以外の出血)、乳房の張り・痛み、吐き気といった胃腸障害など、ホルモン環境が変わったために起こる副作用が出ることがあります。これらの症状は、ダイアン35に体が慣れてくる2~3ヶ月程度でなくなっていきます。


生理痛の薬は通販で!まとめ

生理痛のお薬は市販薬も販売されていますが、低用量ピルは生理痛以外にも様々な生理のトラブルに対応することができます。

特に辛い生理痛にお悩みの方は、市販薬よりも低用量ピルの利用をおすすめします。

ただし生理痛は病気が原因となっている可能性もありますので、まずは婦人科や産婦人科でどのような治療をしていくか相談してみましょう。

低用量ピルの利用が決まってからは、診察料や処方料のかからない個人輸入サイトでの通販もおすすめです。

(Text:五十嵐)

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

お薬ボックスページトップへ