お薬ボックス > news > 

ジスロマックかクラビットか…薬の治療で淋病(淋菌)を完治させる方法

ジスロマックかクラビットか…薬の治療で淋病(淋菌)を完治させる方法

こんにちは、「お薬ボックス」の松尾です!

淋病と言えば、今から100年ほど前の江戸時代では吉原の影響で江戸の町に淋菌が蔓延していて、当時は治療法も木瓜のツルを煎じて飲む(当然効果なし)くらいしかなかったため不治の病として恐れられていたそうです。

現代ではペニシリンをはじめとした抗生物質の登場によって、今ではすっかり「薬を飲めば治る薬」になった淋病ですが、実はそれも一歩治療を間違えば不治の病になりかねない危険性と隣合わせというのはあまり知られていません。

そのため、今回は市販薬では治らない淋病について症状から確実に完治させるための治療法までわかりやすく解説してみなさんに淋病(淋菌)についての正しい知識を知っていただこうと思います。

もしかして淋病かも?と思ったら…

ジスロマックかクラビットか…薬の治療で淋病(淋菌)を完治させる方法

淋病はとても弱い菌で乾燥によってたちまち死滅しますし、温度が30度以下でも40度以下でもやっぱり死滅してしまいます(ただし、弱いと言っても市販薬で撃退できるほどではありません)。なので、感染はほぼほぼ性行為やそれに類する行為による感染です。要は感染箇所の粘膜に粘膜で接触してしまうとアウト、という認識で良いでしょう。

そういう特性上、感染箇所も性器や肛門、喉が大半を占めます。同じ性病の梅毒やクラミジアと間違える人も多いようなので、まずはその症状について軽くおさらいしていきましょう。

男性の場合

ジスロマックかクラビットか…薬の治療で淋病(淋菌)を完治させる方法

男性の場合は、淋菌に感染すると2~7日後の潜伏期間を経て淋病を発症します。95%という高確率でトイレで小便を出すときに尿道に痛みを感じたり、尿道から膿のような分泌物が排出されたりするので気づかなかったというケースは稀です。

残りの5%の人は発症しても自覚症状ゼロという稀有なパターンですが、これは全く良いことではなく知らず知らずの間に尿道の奥までどんどん菌が侵入していくので、最終的に前立腺炎や精巣上体炎で地獄を見ることになります。高熱を及ぼしたり激痛で即入院となったり、男性不妊症になってしまうことも珍しくありません。

女性の場合

ジスロマックかクラビットか…薬の治療で淋病(淋菌)を完治させる方法

女性の場合は、おしっこの痛みや不正出血、下腹部の痛み、おりものの異変といった症状が挙げられますが、男性の場合と真逆でなんと感染しても80%の人が何の自覚症状も感じません。

しかし、自覚がないだけで体内では着々と淋菌の侵食が進んでいるので、将来的には淋病による卵管炎や卵巣炎、骨盤腹膜炎を引き起こして子供を作れなくなってしまったりします。淋病はどちらかと言うと男性よりも女性の方がかかると厄介な病気と言えるかもしれません。

もちろん、感染の自覚症状がなくても性行為を行えば相手のパートナーに淋菌を感染させるので、淋病の感染を拡大させがちです。

人類と淋菌(淋病)の終わらない戦い

ジスロマックかクラビットか…薬の治療で淋病(淋菌)を完治させる方法

では、淋病はどのようにして治療すれば良いのか。まず、知らない人はあまりいないと思いますが淋病は市販薬では絶対に治りません。なので、治療するためにはお医者さんで処方される抗生物質が必須となります。

しかし、淋菌は抗生物質に対してすぐに耐性をもってしまうことでも知られていて、一昔前まで効いていたペニシリンやクラビットといった薬も今は全く効かなくなりつつあります。

すると、当然製薬会社もちょろっとだけ化学式の構造を変えた抗生物質を新たな薬として製造・販売する。しかし、またその新薬に対する耐性を淋病が獲得して…と政府vs脱法ドラッグみたいな”いたちごっこ”の戦いがもう何十年も続いているのが現状です。

そのため、今この記事を見ているあなたの淋病(淋菌)がどの薬に対して体制をもっていてどの薬が有効なのかは正直使ってみないと判別できません。場合によっては効果のある抗生物質を手当たり次第使っていくことにもなるでしょう。

淋病を完治させるための治療

ジスロマックかクラビットか…薬の治療で淋病(淋菌)を完治させる方法

理想は病院で受けられる抗生物質の整脈注射で、この場合はセフトリアキソンやセフォジジムといったセファム系のお薬や、アミノグリコシド系のスペクチノマイシンが投与で(今は)大抵どうにかなります。何科を受診すれば良いかわからなければ女性なら産婦人科(婦人科)、男性なら泌尿器科を訪れると間違いありません(しつこいようですが市販薬は絶対NGでです)。

ただ、やむを得ない理由で病院に行けない場合は通販で入手できる薬で代用することも可能です。しかし、先程も申し上げたとおり淋菌に対してどの薬が有効なのかは使ってみないと判別できないので、非効率ではありますが効果が高い抗生物質を順番に手当たり次第使っていくことになるでしょう。

ジスロマック(完治率80%)

ジスロマック(有効成分アジスロマイシン)は、現在多くの病院で淋病治療のために処方されているマクロライド系の抗生物質です。ジスロマックを服用するメリットは淋病を引き起こす淋菌に加えてクラミジアに対しても効果が高い点で、服用によって淋病と併発しがちなクラミジアも同時に撃退することができます。

経口で摂取する抗生物質では淋病に対して最も有効性が高いお薬ですが、それでも20%ほどの淋菌はジスロマックに対する耐性をもっているので効果がない場合も少なからずあります。

ジスロマックのジェネリック薬

【アジー(azee)】

アジー(azee)

こちらの薬はジスロマック(zithromax)のジェネリック薬・アジー(azee)です。ジスロマックと同じ有効成分アジスロマイシン(AZM/azithromycin)を含有しているため、服用によって得られる作用はジスロマックと同様ですが、アジーは後発のジェネリック医薬品なので価格が格安となっているのが特徴です。マクロライド系抗菌剤は比較的新しい種類の抗生剤のため幅広いタイプの細菌に効果を及ぼすため、原因菌の種類が特定できない場合の治療にも用いられます。

アジーの詳細はこちら

セフィキシム(完治率40%)

かつては淋病に有効なお薬として知られたセフィキシム(有効成分セフスパン)ですが、淋菌がアッという間に耐性を獲得してしまったため現在は有効性もグッと下がって完治率も40%となっています。それでも、現在セフェム系のお薬の中では淋病に最も有効なのがセフィキシムです。とはいえ、セフィキシムも2人に1人以上は効かないので効果があればラッキーといったところでしょうか。

ミノマイシン/ビブラマイシン(完治率20%)

完治率がさらに半分になって、このあたりからは病院に行った方が安上がりかもしれないですね。ミノマイシン(有効成分ミノサイクリン)やビブラマイシン(有効成分ドキシサイクリン)といったテトラサイクリン系のお薬も淋病に対して効果がある場合があります。

クラビット(完治率20%)

また、日本でも風邪薬や膀胱炎のお薬としておなじみのクラビット(有効成分レボフロキサシン)も淋病に対して多少の有効性が認められています。有効性は決して高いとはいえませんが、もしどの抗生物質も全然効かなくてお家にクラビットが余っている場合はダメもとで使ってみる価値はあるでしょう。

【クラビット・ジェネリック】

クラビット・ジェネリック

クラビットジェネリック(cravit generic)はクラミジアの特効薬として知られる抗生物質です。ニューキノロン系に属する抗菌剤/抗菌薬で、有効成分レボフロキサシンには細菌のDNA合成を阻害する作用があります。特に性病(STI/STI)のクラミジアや淋病に対して非常に高い効果を及ぼします。また、クラビットジェネリックは性病治療以外にも、膀胱炎や肺炎、腸炎にも効果があります。

クラビット・ジェネリックの詳細はこちら

ペニシリンG(完治率10%)

もはや参考情報レベルになりますが、ペニシリン系のペニシリンG(有効成分ベンジルペニシリン)も淋病に対して効果がある場合があります。このペニシリンGもセフィキシム同様にかつては淋病に対して処方されることが多かったお薬なのですが、耐性によって今ではほとんど効かなくなってしまいました。

特にペニシリン系のお薬は半世紀以上もの長きに渡って淋病治療に使われてきた経緯があるだけに、ほとんど効かなくなりつつありますね。

なお、これらの抗生物質は薬局やドラッグストアでは市販されていないため、入手する方法は病院で医師に処方してもらうか通販(個人輸入)のいずれかに限られます。

淋病を完治させるための注意点

ジスロマックかクラビットか…薬の治療で淋病(淋菌)を完治させる方法

これは非常に大事なことなのですが、淋病は「症状が治まった=治った」ではありません。パット見の症状が治まってもまだ体の奥には菌が潜んでいて増殖のときを今か今かと待っている状態なんですね。

なので、もし抗生物質を飲む場合は決められた期間最後までキチンと飲みきる、というのが必須となります。

もし、中途半端に飲んでしまい殺菌しきれなかった場合は体内の淋菌がその抗生物質に対する耐性をもってしまい、次はさらに厄介な淋病と戦わなければなりません。服用期間が終わったら病院なり検査キットなりで淋菌の検査を行うところまでセットで必ず忘れないように

淋病がどうしても治らない場合は…

どんな抗生物質を使っても淋病がまるで治らないときは、主に2つの可能性が考えられます。

1つ目は淋病と思い込んでいるだけで実は淋病じゃなかったというパターン。クラミジアや梅毒など別の性病の可能性も考えられますが、すでに抗生物質をいくつか服用した後なら大抵死滅しているはずなので性病以外の全然違う病気の可能性も考慮する必要がありますね。

2つ目は、現存するすべての抗生物質に対して耐性をもったスーパー淋菌による淋病である可能性です。バイオハザードの世界の話みたいですが、実はその菌はすでに実在していて存在が確認されています。最近では京都の風俗嬢からスーパー淋菌が発見されて話題になったりもしましたね。

いずれの場合も薬を服用して治す範囲の限界を越えているので、抗生物質を使っても治らない場合は正式な病名や耐性を特定するためにも病院へは行かざるを得ないでしょう。

(Text:松尾和志)

いいね!と思ったら…