お薬ボックス > お薬に関する記事 > 

PTSD(心的外傷後ストレス障害)を治療する薬は通販購入も可能?

PTSD(心的外傷後ストレス障害)は通販購入で治療が可能だった?

PTSD(心的外傷後ストレス障害)は精神病の一種で、なかなか治療の難しい症状になります。

『恋人や家族からの暴力を受けて精神的恐怖がフラッシュバックする』

『震災や火事、事故などで感じた恐怖』

というような怖い体験によって、眠れなくなったり、食欲が湧いてこない。

また頭痛や眩暈(めまい)を感じるなんてことも…。

人は怖いと感じた体験はなかなか払拭することは出来ないもので、時間経過でその記憶を忘れていくようにしていかなければなりません。

ですが、時間経過の間にも恐怖体験がフラッシュバックしていては、心がどんどん疲れていってしまいます。

そんな精神病の1種であるPTSDの症状を治療していくための薬として精神安定剤があります

抗うつ剤・精神安定剤のエスシタデップ

scitadep

エスシタデップは副作用が少なく、即効性のある抗うつ剤です。不眠症やPTSD(外傷後ストレス障害)、不眠症、パニック障害などに効果的な医薬品です。

▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

PTSDとは?

PTSDとは?

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは『Post Traumatic Stress Disorder』の略で、恐怖体験をきっかけに発症する精神病です。

このPTSDが発症すると

◆人間関係を避けるようになる

◆ネガティブな考えが多くなる

◆人がいる場所を避ける

などと、日常生活に支障が出てくることも…。

またPTSDを発症した人はその他の精神疾患を合併するのが約80%と言われています。

その多くはうつ病、不安障害、アルコール依存症(中毒)、オーバードーズ(OD、薬物過剰摂取)などがあげられています。

PTSDの原因

PTSDの原因

PTSDは恐怖やショックからきた極度のストレスが原因とされており、トラウマとなりその出来事がフラッシュバックしたりします。

また自分自身に起きた恐怖やショックではなくても、他人に起こった出来事を目撃した場合でも起こりえる症状なんです。

例として実際に私の友人がPTSDと判定された原因をご紹介します。

友人に起きた恐怖やショックの体験談

PTSDの発症の例として私の友人に起きた恐怖やショックの体験談をお話します。

友人には当時付き合っていた彼氏がいましたが、その彼氏はDVの兆候があったとのことでした。

ですが、友人はそのことを周りに相談したくても殺されるかもしれないという恐怖を感じており、誰にも相談できずに一人でその恐怖やストレスに耐えていました。

暫くして、酔っぱらった彼氏は理不尽に怒鳴り散らして暴行を受けた友人は逃げようとしたところ、彼氏に捕まってしまい、暴力を受けて救急車に運ばれました。

友人は入院しPTSDと判定され、半年もの間病室から出てこれませんでした。

その彼氏は裁判で否認しており、いまだに裁決は下されていない現状に未だにストレスを抱えており、時々その時の情景がフラッシュバックするとのことでした。

その出来事から1年以上もの期間たっているものの、未だに薬の服用と通院が必要となっていています。

PTSDは治療に時間がかかる病気で、その治療期間中にパニック障害となってしまったりするので、少しでも症状を緩和させるために、薬の服用は続いていくとのことでした。

関連記事

パニック障害などに効果のあるデパスの代替品「バスピン」の依存性は?

DV(ドメスティックバイオレンス)以外にもPTSDになる原因はある

上記以外にもPTSDになるきっかけはあります。

人によって感じる恐怖やショックは違ってきますので、もしPTSDの症状があった場合は早急に治療を開始することをお勧めします。

では、PTSDの症状について説明していきます。

※DV(ドメスティックバイオレンス)とは?

⇒配偶者や恋人、親しい間柄の人からの暴力。

PTSDの基本症状

PTSDの基本症状

PTSDの基本症状には『フラッシュバック』、『過覚醒症状』、『回避行動』3つのパターンがあります。

それぞれに特徴や行動パターンというものがあります。

もしも、これらに当てはまるのであればPTSDの可能性があるので早い段階で治療を開始することで、少しでも症状を和らげることが出来ます。

◆『フラッシュバック』

主に事故や事件、犯罪などの巻き込まれたことにより、恐怖やショックを感じたシーンが『フラッシュバック』してしまい、周りの声が耳に入ってこなくなる。

また、涙が止まらなくなったり、パニック状態になってしまったりもします。

◆『過覚醒症状(かかくせいしょうじょう)』

過覚醒症状はわずかな事柄に対して敏感になってしまい、イライラした状態が続いたり、集中力が続かない、小さな物事驚く事が多くなる、睡眠障害となってしまい寝付けない。

◆『回避行動』

過去の恐怖体験を思い出さないように体や感情がマヒしてきている状態。

恐怖体験を思い出したことで、体の中の防衛本能が働き、体の感覚がなくなったりします。

また意識が曖昧な状態になり、恐怖体験から逃げるような『回避行動』が起こります。

関連記事

睡眠薬ほしいけどハルシオンは入手不可…通販で買える代わりの代替薬!

PTSDに似た精神病

PTSDに似た精神病

PTSDに似た症状の精神病というものがあります。

それが精神病の1種であるADHD(注意欠陥・多動性障害)になります。

PTSDとADHDの違いについてとは何なのか。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は子供から大人まで発症することがあり、椅子などに座っていても常にそわそわとした感じがしてしまい落ち着きがない。

また貧乏ゆすりなどが止まらなくなってしまったり、緊張状態が続いてしまったり、不眠症になってりもします。

その他にも衝動的行動や注意力が足りなくなってしまったりも…。

これらの症状はPTSDと似ています。

なので、PTSDとADHDの症状は基本的に似ているため見分けるのが難しいとされており、時間をかけてその人の情報を整理して、判断をつけるような形となります。

関連記事

緊張を薬で抑える!あがり症や多汗症に効く薬は通販で購入できる!

PTSDの治療方法

PTSDの治療方法

PTSDの治療方法には2種類あり『集団との接触による治療』と『薬物の服用による治療』があります。

どちらか一方の治療だけでなく、2つの治療方法を同時に並行して行っていくことが、ベストとされています。

集団との接触による治療

集団との接触による治療

集団との接触による治療方法はPTSDの主な治療方法とされています。

PTSDは周囲に対して不信感や孤独を感じてしまうため、根本的部分を改善するために集団との接触による治療が行われます。

また集団で楽しく遊んだりすることで、過去のトラウマを感じずらい状況を作り、徐々にポジティブな感情作りを行っていきます。

薬物の服用による治療

薬物の服用による治療

薬物の風用による治療もPTSDに効果的とされています。

PTSDの症状の中には不眠症が含まれており、なかなか寝付けなかったり、寝れたとしても短時間で起きてしまう睡眠障害があります。

またPTSDは様々な精神疾患を引き起こし、うつ病やパニック障害なども合併することがあることから、抗うつ剤・精神安定剤などの医薬品を処方されることが殆どになります。

ただしPTSD状態の時に危険なのが薬物過剰摂取(OD)で、精神疾患の薬を用量を守らず服用した場合、思わぬ副作用が現れてしまう事があるので、ご注意ください。

信用できるのは医療薬品を専門として取り扱っている通販サイト

偽薬を販売する通販サイトで品質の心配であったり、問題があったりとしたりするところもあるみたいです。

また購入をしたとしても商品がちゃんと手元まで届かない!という事態は防ぎたいですね。

お薬ボックスは医療薬品を専門として取り扱っており、高品質とした正規品のみの取り扱っています。

沢山のお客様のお手元まで購入されたお薬がしっかりとお届けいたしますので、ご安心ください。

知ってた?病院で扱う薬の大半は処方箋なしでも薬局や通販で購入できる

個人輸入って違法じゃないの?

ホームにも記載がございますが、簡単に説明させていただきます。

医薬品や医薬部外品等のお薬を自分で買う分だけの個人輸入は(薬事法に定められた制限内の数量であれば)厚生労働省に認められておりますので違法ではありません。

薬事法について

※他人の分を一緒に購入したり、購入したお薬を譲渡するのは違法となるので絶対にお止め下さい。

PTSDなどに効果的な薬のオススメ

エスシタデップ5mg/10mg/20mg(S citadep)

scitadep

<商品説明>

エスシタデップはジェネリック医薬品なので価格が安く、うつ病やPTSD(外傷後ストレス障害)、不眠症などの精神病に対して効果的な薬です。また副作用が少ない事から人気の高い医薬品です。


<使用方法>

エスシタデップの服用方法は1日半錠~1錠を服用ください。それ以上の服用は思わぬ副作用が現れる可能性がありますので、お控えください。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、下痢や食欲不振などの胃腸の不快感や、頭痛や眠気などの頭の不快感があります。


▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

シタロプラム(CITALOPRAM)20mg/40mg 28錠

CITALOPRAM

<商品説明>

シタロプラムはセレクサのジェネリック医薬品で、価格帯も安く、うつ病などに効果があります。またアメリカFDAに認可されている事から、人気性の高い薬となっています。


<使用方法>

シタロプラム(CITALOPRAM)の服用方法は1日1回20mgを目安に、朝か夕方に服用ください。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、シタロプラム(CITALOPRAM)の副作用として、眩暈(めまい)、倦怠感、頭痛、腹痛、下痢などが報告されています。


関連リンク

うつ病薬・精神安定剤・睡眠薬の通販購入可能なお薬一覧

まとめ

いかがだったでしょうか?

PTSDは時間経過によって少しずつ過去のトラウマを思い出しずらい様に変えていくことで改善していくことが出来るんです。

それまでの間に集団での行動や薬物の服用をしていくことで、つらい過去や精神病による症状を緩和していくことが重要になってきます。

PTSDは過度のストレスからくるものなので誰しもが発症する可能性がありますので、発症しないように自分なりに対策をしてみるのも一つの手でしょう。

早期的な治療を開始していきましょう!

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

お薬ボックスページトップへ