お薬ボックス > お薬に関する記事 > 

日光過敏症の治療薬は通販で購入!肌に優しく安いのはコレだった!?

日光過敏症の治療薬は通販で購入!肌に優しく安いのはコレだった!?

強い日差しによって、肌が荒れてしまったり、痒みが治まらないなんて事ありませんか?

近年では日光過敏症(日光アレルギー)の症状が出ている人が増えており、肌トラブルに悩んでいる人は少なくないはずです。

それでは、実際にどのようにして治していくのがいいのか、また予防方法はどのようにしていけばいいのかについて、説明していきたいと思います。

日光過敏症(日光アレルギー)とは

日光過敏症(日光アレルギー)とは

日光アレルギーとは日光過敏症や光線過敏症とも呼ばれますが、本来は紫外線アレルギーと呼ばれています。

紫外線を浴びたことにより、皮膚に異常が起きる症状のことを指し、主に痒みや湿疹、腫れなどが現れます。

この紫外線アレルギーは完治が難しい症状ともされています。

紫外線とは?

紫外線とは?

紫外線とは、太陽から放出される太陽光線の成分のひとつです。

また肉眼で見ることが出来ない「不可視光線」と見ることが出来る「可視光線」があります。

この見ることが出来る「可視光線」は赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の7色で、構成された虹色なんです。

光線の中でも紫色の外側に位置していることから、「紫を超えた」をラテン語で「ultra-violet」といいます。

このultra-violetを略して【UV】と呼ばれています。

紫外線の種類

紫外線の種類

紫外線にもいくつか種類があり、その波長の長さによって、肌にあらわれる症状も変わってきます。

それはA波(UV-A)、B波(UV-B)、C波(UV-C)の3種類があり、この波によって皮膚の深層部にまで到達するものもあります。

それではこの3種類について各々説明していきます。

A波(UV-A)

紫外線の中で最も波長が長く、肌の奥にある真皮にまで到達するのがUV-Aです。

このUV-Aは肌に対して少しずつ影響を及ぼしていきます。

すぐに肌が黒くなるようなものではありませんが、肌の弾力(ハリ)が低下したり、シミやシワの原因にもなります。

他にもオゾン層を通り抜けやすいので、UV-Bの20倍もの量が常時降り注いでいるので、肌に対してのダメージは常に蓄積されています。

雲や窓ガラスでも遮ることが難しいので、十分な対策が必要になります。

B波(UV-B)

UV-Bは短い時間でも肌に受けるとすぐに赤くなり、これをサンバーンといい、数日後に肌が黒くなる色素沈着反応のサンタンを引き起こしたりもします。

このUV-Bは肌の表面の細胞やDNAを傷つけてしまい、皮膚がんや白内障、免疫力低下の原因にもなります。

しかし、UV-Aとは違い、オゾン層や雲で殆ど遮られている為、基本的には地上まではあまり届きません。

また室内であったり、日傘などで直射日光を避けることである程度は皮膚へのダメージを極力防ぐことが可能なんです。

C波(UV-C)

UV-AやUV-Bと比べると波長が短く、エネルギーが高いため、皮膚がんの発症率が高いとされていることから、有害性のある紫外線にとされています。

基本はオゾン層にさえ戯荒れているので、地表までは届くことは無いのですが、近年ではオゾン層が破壊されつつあるので、より対策が必要とされています。

紫外線によるアレルギー症状

紫外線によるアレルギー症状

紫外線によるアレルギー症状にはどんなものがあるのか?

それは部位によっても、現れる症状は違ってきます。

基本的には日焼け止めを塗ることで対策をすることが出来ますが、しなかった場合は下記のような症状が起きやすくなります。

肌にあらわれる症状

◆赤み

⇒皮膚に赤みが出てくる

◆湿疹

⇒鳥肌の様に細かいブツブツができ、あせものようなものが現れます。

◆かゆみ、かぶれ

⇒少し痒みを感じる程度のものから、耐えられないほどの痒みがあります。皮膚をかいてしまうことで、悪化していきます。

◆腫れ

⇒全体的に皮膚が腫れ、熱を持ったりもします。

◆水泡(みずぶくれ)

⇒日光アレルギー症状が強く反応した場合、湿疹などが悪化し、水ぶくれが出来ることもあります。その水ぶくれが潰れてしまうと、痛みを伴い回復までの時間が掛かってしまいます。

◆蕁麻疹(じんましん)

⇒ミミズ腫れのが所々にあらわれます。

目にあらわれる症状

紫外線を目に入れないようにするのは、なかなか難しく、症状が花粉症に似ているので、放置しがちになります。

◆充血

⇒紫外線を浴び続けると、目の角膜を保護するための涙液の分泌が減ることで、目が充血を起こします。

◆腫れ

⇒皮膚の薄い部分が腫れやすく、基本的には瞼(まぶた)が多いとされています。

◆涙がでる

⇒日光を浴びると涙が勝手に出て、しみる感覚があらわれます。

◆目に異物感

⇒目にゴミが入っているような異物感を感じます。

その他にあらわれる症状

紫外線を浴びることで、肌や目にあらわれる以外にも症状が出ることもあります。

これは肌や目にあらわれるアレルギー症状と同じで、下記にあらわれる症状が出た場合は、重症化している証拠なので、早期的な治療が必要になります。

◆頭痛

⇒強い紫外線を浴びることで疲労を感じ、頭痛が起こることもあります。

◆吐き気

⇒紫外線を浴びたことで、吐き気を催す。

◆発熱

⇒アレルゲン身体を守る為に、身体の防衛機能が働き、白血球がねつを出します。

※アレルゲンとは

アレルギーの原因となる抗原性物質で、埃や花粉、卵、魚、薬剤などの吸入性のアレルゲンや、食物性アレルゲン、接触性アレルゲンなど。

身体の部位で起きやすいアレルギー症状

身体の部位で起きやすいアレルギー症状

身体の部位ごとによってもアレルギー症状の起きやすい場所があります。

どうしても日焼け止め対策をすることが出来ない部位はもちろんあります。

また体質的な問題によっても変わってきます。

◆顔のみ

顔は服を着るなんてことはできないので、基本的には日焼け止めを塗るか、日傘を使うくらいしか方法がありませんので、どうしてもアレルギー症状起きやすくなってしまいます。

また化粧品や日焼け止めにも原因があることがあります。

◆腕のみ

腕のみアレルギー症状が起きる場合もあります。

夏場などは海やプール、半袖と薄着になる機会が多くなります。

少しだけしか日光に浴びたつもりでも夏場の太陽光はとても強いので、紫外線アレルギーを発症しやすくなります。

腕の内側は日に当たりにくいので、アレルギー症状が起きることは少ないですが、皮膚が柔らかいので、症状を発症することもあります。

◆首のみ

日焼け止めを顔に塗ることはあっても首に塗り忘れてしまったり、上手く塗れてなかったりということもあります。

特に首の後ろは特に紫外線を受けているので、より気をつける必要があります。

◆手の甲のみ

首と同じくらい紫外線を浴びてしまう部位になります。

日焼け止めを塗っていても、お手洗いなどに行った際に手を洗ったりすると、日焼け止めが流れ落ちてしまいます。

そのことから、手の甲にアレルギー症状が起きやすくなってしまいます。

日光アレルギー対策・予防方法

日光アレルギー対策・予防方法

一般的な紫外線対策としては、日傘をさしたり、帽子をかぶる、長袖を着る、UVカットの日焼け止めを使用するなどになります。

特に日傘の使用は日光を約95%ほどカット出来るので、一番効果的になります。

ただし、日傘をしようしても地面からの照り返しもあるので、その他の対策も必要になります。

外出時間をずらし紫外線対策

外出時間をずらし紫外線対策

外出する時間をずらすことで紫外線対策をする事も可能ではあります。

時間帯としては、午前10時~午後2時の外出を控えるのがベストになりますが、現実的ではないかもしれないですね。

どうしても、日中の移動をなくすことは難しい方もいると思いますので、そういった方が出来るのは生活習慣の見直しにで免疫力を上げてみましょう。

生活習慣の改善で免疫力向上

生活習慣を見直すことで免疫力を向上させることで、少しでも病気の発症を抑えることはできます。

例えばビタミン剤の飲んだり、睡眠時間をしっかりとったり、ストレスを抱えないように発散するなどです。

ビタミン剤には老化防止効果もあるので、若々しい綺麗な肌を作るのには必要にもなります。

また睡眠時間の確保やストレスの発散も同様です。

生活習慣をと整えるという事は、綺麗な肌を作ることにもつがるんです。

なるべく、これらの対策をすることで、肌を綺麗に保つ秘訣にもなります。

綺麗な肌作りの為にも紫外線対策を試してみましょう。

日光過敏症(アレルギー)の治療

日光過敏症(アレルギー)の治療

日光アレルギーの治療をするのであれば、まずは病院に行くことをお勧めします。

病院で医師の診断のもと、薬を処方してもらい、しっかりと治療していくがベストになります。

ですが、定期的に処方箋を受け取りに行く時間がないという方の為に、医療専門の通販サイトがありますので、時間がない場合は通販サイトで購入することをお勧めします。

日光アレルギーの治療薬の購入はこちら

セトシップ(CETCIP)ジルテックジェネリック10mg 100錠

CETCIP-10mg-100Tab

セトシップ(CETCIP)ジルテックジェネリックはアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、花粉症などに対して効果のある、ジルテックのジェネリック医薬品です。

▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

ジルテック10mg(ZYRTEC10mg)

ZYRTEC10mg

有効成分セチリジン塩酸塩の効果により、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うかゆみの症状などにも効果が期待できます。

アサフェン(ASTHAFEN)ケトチフェンジェネリック1mg

ASTHAFEN1mg-100Tab

アサフェン(ASTHAFEN)の有効成分でフマル酸ケトチフェンはヒスタミンの受容体をブロックすることで、ヒスタミンの働きを抑え、アレルギー症状を緩和することが出来ます。

美白・美肌

メラケアフォートクリーム(MELACARE FORTE CREAM) 20gm

MELACARE-FORTE-CREAM

メラケアフォートクリーム(MELACARE FORTE CREAM) 20gmは海外で人気のある美容クリームです。使用開始から約1ヵ月ほどで美白や美肌効果を実感できる方が多い薬です。

コスメライトクリーム(cosmelite)20mg

cosmelite

コスメライトクリーム(cosmelite)20mgは女性の悩みである、しわ・しみ・くすみを改善する美容クリームです。また美白効果もあるので、世界中で女性に人気のある医薬品です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

日光過敏症(日光アレルギー)は人によって症状が違うんです。

また日光によって肌が荒れてしまったり、弾力(ハリ)がなくなってきてしまったり、蕁麻疹や水ぶくれでブツブツが出来てしまうなんてことも。

そうならない為にも、日焼け止めや日傘を使用するなどして、対策をとっていくことが重要になってきます。

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

お薬ボックスページトップへ