お薬ボックス > news > 

【中折れはこう改善する!】中折れを引き起こす3つの原因とその対策とは

【中折れはこう改善する!】中折れを引き起こす3つの原因とその対策とは

こんにちは、「お薬ボックス」の松尾です!

昨日、帰りに秋葉原へ行く用事があったので、駅前にドドーンと門を構えるアダルトショップ「エムズ」に初訪問してみました。いやはや、近年のオナニーグッズの充実には驚くばかりで…充実した時間を過ごせました。

しかし!実はオナニーが充実していると中折れしやすい、というのはみなさんご存知ですか?

しかも、中折れは一度なってしまうと何度も繰り返してしまいやすい症状…そうなる前に、中折れに知っておこう!ということで、原因となる3つ要素からそれぞれについて改善の方法まで、中折れのすべてをご説明します!

そもそも中折れとは何なのか?

そもそも、中折れとは「物事が途中で中止になること。」という意味の言葉です。しかし、この中折れという言葉は特に性行為について使うことが多いために、現在では「中折れ=途中でペニスが萎えてしまい、最後までセックスできなかった」ことを指す感じになっていますね。

女性にとっては理解できないかもしれませんが、途中で萎えてしまい最後までセックスできない、というのは男性にとってはプライドを粉々に打ち砕かれてしまう非常にショッキングな出来事なんです。

【中折れはこう改善する!】中折れを引き起こす3つの原因とその対策とは

私も考えただけでゾッとしますが、実は中折れは老い若きを問わず男性なら誰でも起こり得ることなので、「中折れなんてするわけないよ笑」なんて言っている人も、決して他人事ありませんよ。明日は我が身なのです。

さて、先ほどオナニーが原因と言いましたが、一口に中折れと言ってもその原因は大きく分けて3つあり、改善のための対策もそれぞれ全く異なります。そのため、ここでは1つ1つについて詳しく解説していきたいと思います。男性のみなさまはしっかり覚えて帰っていただきたいと思います!

中折れを引き起こす3つの原因とそれぞれについての改善対策

刺激的過ぎるオナニーをしている

10代 20代 30代

これは、膣内射精障害と呼ばれる症状で、近年特に日本の若者を中心に増えていると言われていると言われています。一言で言えば、普段のオナニーで与える刺激が強すぎて膣の刺激では全く感じられなくなっている、ということです。

若いうちは性に貪欲になりがちですが、オナニーにこだわりがあったり、床オナニーや足ピンオナニーをしている人などは特に要注意です。というか、アウトです

もともと、女性の膣圧は成人男性の握力に比べたら1/10程度しかないわけですから、手で与えるよりも強い刺激に慣れてしまっていては至極当然のことと言えますね。

握力と膣圧の間には大きな差が…
女性の膣圧と肛門の圧力、成人男性の握力の関係

ネットやグッズの発達でオナニーライフが急速に快適になりつつある昨今ですが、オナニーの快楽を求めすぎるのも考えもの、というわけなんです。

【改善するための対策】

膣内射精障害への対策は簡単で、床オナやオナホを使っている人は、ただちにオナニーでは手しか使わないルールを設けましょう。手でイケなければ我慢!また、オナニーの際に過激な内容の画像や動画を使用しているという場合も、なるべくマイルドな画像や動画に切り替えた方が良いでしょう。

ときにはオナニーを最後まで達成できず、悶々とした日々を過ごすことになるかもしれませんが、これでイケるようになれば膣でも十分射精できるようになるでしょう。

また、性的興奮を高めるにはシチュエーションも重要です。彼女には自分の性癖にちょっと付き合ってもらうなどして、普段よりもイキやすい状況づくりも入念に行いましょう。

性的興奮を高めるにはシチュエーションも重要
【中折れはこう改善する!】中折れを引き起こす3つの原因とその対策とは ©あんど慶周/集英社・2013「HENTAI KAMEN」製作委員会

セックスのときだけ中折れしてしまう

10代 20代 30代 40代

これは勃起不全(ED)の一種で、心因性勃起不全と呼ばれているものです。とはいえ、このケースでは男性器自体の機能には全く問題ありませんので、どうぞご安心ください。

これもどちらかと言うと若い人に多いもので、「初めてのHで緊張」「過去の中折れがトラウマ」などなど、緊張する気持ちが興奮を上回ってしまっているのが原因です。

とはいえ、中折れは一度経験してしまうとすっかり自信喪失してしまい「また中折れするのでは?」と疑心暗鬼で繰り返してしまう人が多いので、事態は思ったよりも深刻です。

中折れは繰り返してトラウマになりがち
中折れは繰り返してトラウマになりがち

【改善するための対策】

手っ取り早く解決する手段はただ1つ、少しだけお酒を飲んで緊張を払拭しつつ、懐にバイアグラを忍ばせておくことです。

バイアグラは、中高年のための勃起不全(ED)の薬というイメージが強いので抵抗感のある方もいるかもしれませんが、自信を取り戻すためにはまず確実に勃起できる手段を用いて成功体験を得ることが重要、と個人的には考えます。

お酒の力だけで完遂できるのであれば、それで良し。「ダメなら懐のバイアグラを使えばいいんだ」と気楽な気持ちで挑んでみましょう。ただし、バイアグラは効き始めるまでに空腹時でも30分ほどかかりますので、そのあたりの逆算はお忘れないよう。

オナニーでも中折れすることがある

40代 50代 60代

これは上記2つと違って、勃起不全(ED)予兆です。しかし、これは加齢による老化現象の一種ですので決して恥ずべきことではありません。そもそも、50代ともなれば男性の2人に1人はEDなんですからね!

歳を取ると人間の血管はどうしても細く固くなっていくものですが、それはペニスの血管も同様。勃起不全は動脈硬化の一種と考えれば加齢の影響と納得していただけることでしょう。

勃起不全(ED)は加齢による動脈硬化が原因
【中折れはこう改善する!】中折れを引き起こす3つの原因とその対策とは

【改善するための対策】

さて、これを改善するためにはどうすれば良いかというと…やはりバイアグラを使って解決することとなります。

バイアグラには、この細く固くなった血管の血流を改善してペニスを勃起へと導く薬ですから、使わない手はありませんね。

【バイアグラ(viagra)50mg/100mg】

バイアグラ(VIAGRA)

バイアグラ(viagra)50mg/100mgはシルデナフィル成分を含むED治療薬・勃起薬として世界に初めて開発された男性用の医薬品です。他のED治療に比べて1番の知名度があり、服用することによって勃起不全や中折れの原因物質を妨害し、勃起機能を正常化する働きをします。初めてED治療薬を服用する人にオススメです。

バイアグラ(viagra)50mg/100mgの商品詳細ページ

ちなみに、最近ではED1000と呼ばれる画期的な治療法も登場していますが、治療費が40万円以上と高額な上に副作用もまだまだ未知、ということもありますので個人的にはまずバイアグラから入っていただき様子見、というのをおすすめします。

しかし、もしバイアグラでも効果がないという場合は、やはり「ED1000」を取り扱っているクリニックの門を叩く必要もあるでしょう。

(Text:松尾和志)

いいね!と思ったら…

この記事で紹介された関連医薬品・ジェネリック

関連NEWS