お薬ボックス > news > 

チントレでカリ高ペニスに!亀頭も増大できるミルキングの効果的な方法

【チントレでカリ高ペニスに!】亀頭増大方法ミルキングの効果的なやり方

こんにちは、「お薬ボックス」の松尾です!

男性にとって”ペニスの大きさ”はいくつになっても気になるもので、男性のプライドそのものにも関わる永遠のテーマと言っても過言ではありません。

「上向きに反った太くカリ高なペニス」は男性なら誰しもが憧れるものですが、もしトレーニングでそんな理想のペニスを誰もが手に入れることができるとしたら…?

ということで、チントレシリーズ第2回となる今回はカリを高くするのに特化したペニス増大トレーニング、「ミルキング」について効果的なやり方や注意点などについて解説していきたいと思います。

乳搾りの要領で増大させるミルキング

チントレでカリ高ペニスに!亀頭も増大できるミルキングの効果的な方法

ミルキングは、英語で書くと牛乳(ミルク)にingがついた”milking”となり意味は乳搾り。その名の通り搾乳のようにペニスを搾るトレーニング法で、日本でのカテゴリ的にはジェルキングの一種のミルキング、とされています。

ちなみに、海外ではジェルキングとミルキングは同じトレーニングという扱いが一般的のようですが、日本ではメニューごとに別々のトレーニングと捉える人も多いようなので、「お薬ボックス」では日本式に別々のものとして紹介していきます。

さて、このジェルキングと呼ばれるチントレは、中東の古代ジェルク人によって1000年以上前から実践されてきた由緒正しいペニス増大エクササイズ…とはされているのですが、実はジェルキングの起源に関する詳細は現在の研究でも明らかになっていません。

リチャーズ博士の著作「ザ・ペニス」
チントレでカリ高ペニスに!亀頭も増大できるミルキングの効果的な方法

世界に広まるきっかけとなったのは1970年代、イギリスのブライアン・リチャーズ博士が研究していたペニス増大法「チャーサム法」の中にジェルキングが取り入れられていたことによるもので、リチャーズ博士が行った臨床試験による成果は…

・試験グループの87.5%について明確な効果が現れた
・長さが1.2cm、太さが1.7cm程度のペニス増大に成功した

とかなりのペニス増大っぷり。

結局、リチャーズ博士のこの研究は悪用されたために不評を買い”まがいもの”呼ばわりされるなど不遇の扱いだったようですが、研究発表直後からアメリカを始め世界中でジェルキングが行われるようになるなど、ペニス増大の界隈における彼の研究の影響はとても大きかったと言えるでしょう。

ミルキングのやり方について

チントレでカリ高ペニスに!亀頭も増大できるミルキングの効果的な方法

まずは下準備から。ミルキングは基本的に半勃起状態で行うのが良いとされているので、半勃起状態をキープするところからスタートです。しかしこれがなかなか難しい…ので、まだ慣れない最初のうちはある程度の勃起状態で行うのも致し方ないでしょう。

なぜ半勃起状態なのかというと、ペニスを傷めにくいというのもありますが、実は完全な勃起状態よりも半勃起状態の方が亀頭まで血液を集めやすいというのが大きな理由です。

ペニス内部は陰茎海綿体(竿)と尿道海綿体(亀頭)と呼ばれるスポンジ状の組織で構成されていて、ここに血液が集まることによって勃起が起こります。勃起時のペニスの大きさは、ほぼほぼこの血液によって実現されているので、この血液の流入量や絶対量を増やすためのトレーニングがミルキングというわけなんです。

さて、ミルキングのやり方はヤギの乳搾りとほぼ同じで

1. 片手を根本に添えて親指と人差指でOKサインを作るように握る(合谷が下腹部に密着するよう逆手で)
2. 人差し指、中指、薬指…といった順番でゆっくり亀頭側に向かって指を握り込んでいく
3. 最後まで握ったら5秒ほどキープ
4. 手を変えて1.~3.を繰り返す

で1セットとなります。

指を握り込んでいくと亀頭に血液が集まってパンパンになっていくのが実感できるかと思いますが、その状態をなるべくキープできるようにするのがやり方のポイントです。

とはいえ、文章で読むだけだとわかりづらいかと思いますので、以下の動画もご覧いただければと思います。

これを何回繰り返すかは人によって異なるところですが、この方法はとにかく継続しないと意味がないのと、後で説明するジェルキングも併せて行いたいというのが思惑としてあるため、「毎日何セット!回数は何回!」と決めてしまわずに好きな時間に好きな回数を無理なく行うのが個人的にはおすすめです。

また、最初のうちは片手で行うのがちょっと難しいかもしれないので、その場合は

1. 片手を根本に添えて親指と人差指でOKサインを作るように握る(手の平が下腹部に密着するよう順手で)
2. もう片方の手を自慰するときのように添えて、小指、薬指、中指……といった順番でゆっくり亀頭側に向かって指を握り込んでいく
3. 最後まで握ったら5秒ほどキープ
4. 手を変えて1.~3.を繰り返す

という両手バージョンのミルキングのやり方がおすすめですよ。

先ほどちょっとお話したとおり、ミルキングはジェルキングと併せて行うのが一般的で、両方行うことでペニスの増大効率を最大限にアップすることができます。ぜひともチャレンジしてみてください。

ミルキングの注意点

チントレでカリ高ペニスに!亀頭も増大できるミルキングの効果的な方法

どこでもお手軽に行えるペニス増大トレーニング・ミルキングですが行う上ではいくつか注意点もあります。

まず、ジェルキングのように強い摩擦はかからないとはいえ毎日毎日繰り返しペニスに刺激を与えていると自然と角質がめくれて知らず知らずのうちに皮膚が薄くなっていきます。もし、「ヒリヒリする」「痛い」といった症状を感じるようなら無理せずトレーニングは休んで、今度からはローションも併用すると良いでしょう。

また、場合によってはミルキングは亀頭を痛めてしまうこともあります。

負荷がかかりすぎると亀頭部分に血豆や水ぶくれができることもありますので、もしそういった症状が出た場合はやはり治るまでしっかり休んで、次回以降のトレーニングでは力を弱めたりセット数を減らしたりペニスにかかる負担を軽減するようにしましょう。

チントレも筋トレと同じで気張ってやっても存外効果は得られないものです。手抜きのトレーニングでも継続していれば効果は十分見込めますので、力んでしまわず気楽な気持ちでトレーニングに臨みましょう。

(Text:松尾和志)

いいね!と思ったら…

この記事で紹介された関連医薬品・ジェネリック

関連NEWS