お薬ボックス > お薬に関する記事 > 

まつ毛美容液ルミガンの塗り方・使い方を画像や動画付きで解説!

ルミガン塗り方・使い方

こんにちは、「お薬ボックス」の吉沢です!

美しいまつ毛を手に入れる事ができる「まつ毛美容液ルミガン」の正しい塗り方・使い方を画像や動画付きで解説します!

ルミガンは本当にまつ毛が伸びる美容液として人気商品で、

モデルや芸能人にも使っている方が多く、

「まつ育」を行っている女子にとって大人気商品です。

【ルミガン0.03%】

ルミガン0.03%の個人輸入

まつ毛を太く・長く・濃くする事ができるまつ毛育毛剤ルミガン0.03%と専用アプリケーター付きのセットです。専用アプリケーターなしでも販売しています。

▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

▼この記事でわかる事▼

ルミガンを通販で購入前や使用前にかならず抑えておきたいポイントをまとめました。

わかりやすくまとめましたのでぜひ最後までご覧ください。

ルミガンの正しい塗り方・使い方

ルミガンはまつ毛を「長く・太く・濃く」する事ができると人気のまつ毛美容液ですが、その使い方を画像付きで解説していきます。

ルミガンの正しい使い方

1.メイクを落として洗顔後、清潔な目に使用する(コンタクトレンズも外す)

2.ルミガン液を付ける際、まつ毛以外の皮膚(まぶた等)へのハミ出しに備え、クリームなどを塗っておく

3.ルミガンを1日1回左右1滴ずつ、塗っていく。綿棒でも可能だが専用のアプリケーターを使う方がおすすめ

ルミガン正しい使い方1

4.下まつ毛には使わない。

ルミガン正しい使い方2

5.万が一ルミガンがまつ毛以外についたらテッシュで拭きとる

ルミガン正しい使い方3

上記の通りです。

動画でご覧になりたい方はこちら

出典:youtube

ルミガンの正しい塗り方・使い方を行う上で細かい注意点もあるので、順序毎に細かく説明していきます。

1.メイクを落として洗顔後、清潔な目に使用する(コンタクトレンズも外す)

ルミガンは化粧を落とし、洗顔後に塗ると効果的です。

日中化粧を落とす訳にはいかないので、

ルミガンを塗るおすすめの時間帯は夜ですね!

夜、お風呂上がりに塗りましょう!

2.ルミガン液を付ける際、まつ毛以外の皮膚(まぶた等)へのハミ出しに備え、クリームなどを塗っておく

ルミガンはまつ毛の根元に塗るのが基本です。

ルミガンを塗る時にまぶたにルミガンが、はみ出してしまうと、

まぶたは特に皮膚が薄い部分で敏感な部分ですし、

副作用の色素沈着や皮膚のかゆみなどに繋がる場合があるので、

保護用にクリームなどを塗っておくをおすすめします。

3.ルミガンを1日1回左右1滴ずつ、綿棒・専用のアプリケーターで塗る

ルミガンをまつ毛に塗る時は綿棒やルミガン専用アプリケーターブラシに1滴垂らし、

まつ毛の根元に塗るようにします。

綿棒を使う場合は綿棒先端をほぐすと使いやすいですが、

異物が付着する可能性があるので

ルミガン専用アプリケーターで塗る方がおすすめです。

4.下まつ毛には使わない。

ルミガンは基本的に「上まつげ」の根元にのみ塗ります。

上まつげにルミガンを塗る事でまばたきして、自然と下まつげにも付着しますし、

下まぶたに副作用の色素沈着が起こった時にクマのようになる可能性もあるので、

上まつげのみに使用しましょう!

5.万が一ルミガンがまつ毛以外に付いたらテッシュで拭きとる

ルミガンはまつ毛の根元塗るのが基本的な使い方ですが、

誤ってまつ毛以外についてしまった場合はテッシュで拭きとりましょう!

番外編・ルミガンが目に入ってしまったら

ルミガンは元々、緑内障治療や眼圧を下げるための点眼薬として開発されたお薬です。

元々点眼薬として使用頂くものなので、

誤って目に入ってしまった場合も問題はありません。

関連記事

ルミガンを使う期間は何カ月?1本3mlは何日使えるの?

ルミガンの副作用

まつ毛が「長く・太く・濃く」できるルミガンはまつ育を行う上で非常に有効なお薬ですが、副作用も存在します!

その代表的な副作用として症例が多いのが、

・色素沈着

・目に入ると充血する場合がある

・かゆみや不快感

元々、緑内障の薬の副作用として発見されたルミガンですが、稀に上記のような副作用が出る方もいるようです。

ただし、副作用は割合でいうと全体の3.8%と少ないので安心して使用できると思います。

色素沈着

この色素沈着が副作用の中で一番多い意見です。

ルミガンの有効成分のビマトプロストによって、メラニンの生成が活発になることで起こると考えられています。

色素沈着を防ぐ対策方法

・クリームなどをまつ毛以外のまぶたなどに塗り、ルミガンがまつ毛以外につかないようにする

・まつ毛以外にルミガンがついた場合、テッシュで拭きとる

・綿棒ではなく専用アプリケーターを使用する

※もし色素沈着があった場合でも使用を辞めると治ります。

充血、かゆみ、不快感

この充血やかゆみや不快感の多くは、ルミガンが誤って目に入った時に多く報告されているようです。

ルミガンは元々緑内障改善の点眼薬として開発された商品なのはお話しましたが、元々点眼薬なので目に入っても身体的には問題ないのでご安心を。

充血・かゆみや不快感を防ぐ対策方法

・メイクを落とし、洗顔した後の清潔なまつ毛に使用する

・はみ出した液はティッシュなどで拭き取る

・色素沈着したらパンダのようになり、恥ずかしいので下まつ毛には使用を控える

・綿棒ではなく専用アプリケーターを使用する

大切な目元なので副作用を防ぐ為にも専用アプリケーターはあった方がいいと思います。

関連記事

ルミガンの効果や副作用!個人輸入で購入した人の体験談!

ルミガンの効果

ルミガンをまつ毛に塗ると、有効成分のビマトプロストの働きにより、まつ毛を「長く・太く・濃く」する効果があります。

ルミガンを開発したアラガン社がまつ毛の密度や長さなど、どれくらいの効果が現れるか行った検証臨床実験によると、

ルミガンの被験者からまつげの長さ25%、色の濃さ18%、密度106%アップという驚くべき効果を実証したそうです。

ルミガン効果

さすがは全世界で話題になっている「まつ毛美容液」ですね!

ルミガンがまつ毛を長く・太く・濃くできる効果がわかってからは、日本、海外問わず、モデルや芸能人や流行に敏感な女子の間で話題になり、どんどん人気が出ています!

【関連リンク】

ルミガンには価格の安いジェネリックもありますが、効果や副作用の違いはある?

ルミガンとケアプロストの違いを比較!効果・使い方・価格を図解!

ルミガンの感想や口コミ

・ルミガンを通販ではじめて買って3カ月、まつ毛がない所からも生えてきたし、全体的に長くなって量も増えた気がします。思った以上の効果に個人的には満足です!副作用も元々花粉症で目がかゆいくなりやすい体質でもありましたが、ルミガンを使ったからかゆくなったって感じでもありません!

まつ毛は量や長さは生まれつきの部分もあるし、半ば諦めていましたが、口コミを見て、半信半疑で初めて購入をしてみました! 使い始めて3ヶ月目で購入ついでにレビューしますが、今まで使った物の中では私的には1番です!

今ルミガン使い始めて5ヶ月目くらいです 最初の1ヶ月は真面目に使ってたんですが面倒くさくなってきて今は2,3日に1回お風呂上がりに使うくらいになってます でも、びっくりする効果出ててすんごいです! まつ毛が伸びたことによって必然的にビューラー&マスカラがしやすくてしやすくて… ただ伸びてるだけじゃなくて強くなってるというかまつ毛にコシがあるって感じですね 一体どこまで伸びるのかすごく楽しみです

ルミガンの購入する前の注意点

ルミガンはまつ毛美容液として効果的な薬ですが注意点もあるのでしっかり読んで頂きたいです。

信用出来るのは医薬品専門の通販サイト!

お薬ボックスPC

ルミガンはまつ毛美容液としてまつ毛を長くしたり、太くしたり、増やしたりするまつげ育毛に効果的な医療品です。

当サイトは個人輸入代行サイトで、処方箋なしに購入する事ができますが、

同じ医薬品を取り扱う通販のサイトによっては、偽薬を販売する通販サイトや品質に心配があったり、問題があったりする場合があるようです。

また、購入しても商品が届くかなども心配な意見もありますが、お薬ボックスでは高品質な正規品のみ取り扱っており、沢山の購入者の意見も届いております。

購入された大切なお薬をしっかりとお届けしますのでご安心ください。

お薬ボックス

【ルミガン0.03%+アプリケーター付き】

ルミガン0.03%の個人輸入

ルミガン0.03%+専用アプリケーター付きです。ルミガン0.03%単品の取り扱いもありますが、専用アプリケーター付きセットはお得です。


<使用方法>

1日1回、就寝前にルミガンを専用アプリケーターでまつ毛の根元に塗ります。 上まつ毛にルミガンを塗布することで、瞬きの際に下まつ毛にも有効成分が付着し美容効果が得られるため下まつ毛への塗布は不要です。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、充血、かゆみ、色素沈着などが報告されています。


▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

【ルミガン0.01%+アプリケーター付き】

ルミガン0.01%の個人輸入

こちらはルミガン0.01%+専用アプリケーター付きです。通常のルミガン0.03%も有効成分ビマトプロストの成分が少ない為、副作用も起こりにくく、はじめての方には試しやすいかと思います。※最初から「ルミガン0.03%」を使っても問題ありません※


<使用方法>

1日1回、就寝前にルミガンを専用アプリケーターでまつ毛の根元に塗ります。 上まつ毛にルミガンを塗布することで、瞬きの際に下まつ毛にも有効成分が付着し美容効果が得られるため下まつ毛への塗布は不要です。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、充血、かゆみ、色素沈着などが報告されています。


お薬ボックスではルミガン0.03%と0.01%をご用意しております。

病院などで処方される際など、標準は「ルミガン0.03%」が使用されるケースが多いですが、

ルミガンをはじめて使う方は成分用量も少なく副作用も起こりにくい「ルミガン0.01%」から使用される方もいらっしゃいます。

※最初から「ルミガン0.03%」を使っても問題ないのでご安心を!

ルミガンの正しい塗り方・使い方を理解し、副作用を出来るだけ出さないように

まつ育したいですね!

(Text:吉沢あみ)

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

お薬ボックスページトップへ