お薬ボックス > news > 

意外!?ひじやひざの黒ずみケアには重曹よりもニキビ薬の方が効果あり

【黒ずみへの重曹ケア効果薄】ひじやひざならニキビ薬の方が即効性あり

こんにちは、「お薬ボックス」の小池です!

ふと鏡で自分のひじやひざを見ると「げっ、思ってたよりもかなり黒い…!」なんて経験はありませんか?普段まじまじと見る機会がない場所だけに、一度気になってしまうと居ても立ってもいられないものですよね。

さて、日常のちょっとした摩擦が積み重なって起こるこのひじとひざの黒ずみ、ネット上では重曹を使うと効果的なんて話もあるみたいですが、果たしてその効き目やいかに…?

そもそも、黒ずみは何が原因で起こるのか?

まず知っておきたいのは、人間の肌(表皮)は摩擦や紫外線などの刺激が加わると、その部分の保護するためにメラニン色素を生成&角質を厚くしてダメージを防ごうとするということ。

ひじやひざに黒ずみが起こるのは、まさにこの肥厚化とメラニンによる色素沈着が原因で、ターンオーバー(新陳代謝)が上手くいかないとメラニン色素が上手く体外に排出されず、そのまま黒ずみになってしまうという仕組みです。

意外!?ひじやひざの黒ずみケアには重曹よりもニキビ薬の方が効果あり

肌はわずか0.2ミリという厚さで体を守っているわけですから、弱い部分を自動的にパワーアップしてくれるのは人として生きていく上で非常にありがたい機能なのは間違いないんですが…。

ちなみに、ひじやひざ以外にもくるぶしや足の甲といった角ばった箇所ばかりがやたら黒ずんでしまうのも、同じ理由からです。

黒ずみ除去としての重曹は、有効と言えば有効

さて、ではいよいよ重曹の効果について迫っていきましょう。先に結論から言ってしまうと、ひじやひざの黒ずみ除去に重曹を利用するのは一定の効果があると言えます。

とはいえ、おもむろに重曹をつかんでひじやひざに擦り付けるなんてのはNGです!肌に使う際には、オリーブオイルと混ぜてスクラブを作ってからマッサージしていくのが一般的です。

レシピは簡単で、オリーブオイルと重曹を1:1の割合で混ぜるだけ。ペースト状になったら、後はひじやひざ全体に塗ってクルクルと優しくマッサージしていきましょう。

意外!?ひじやひざの黒ずみケアには重曹よりもニキビ薬の方が効果あり

そもそも、重曹がお掃除の際に絶大な威力を発揮するのは重曹の「水に溶けにくいけど粒子が細かいという性質」によってクレンザーと同じような効果を生むため。これが人肌に対しては古くなった角質を除去するピーリングの役割を果たしてくれる、というわけなんです。

しかし、いくら重曹の粒子が細かいとはいっても人肌にとっては相当ザラザラな部類に入ります。そのため、より粒子の細かい医療用か食用の重曹を選ぶようにし、とにかく優しく優しくマッサージしていくのがポイントとなります。

残念ながら、効果がない場合も多々…

しかし、重曹スクラブは肌表面はきれいになるものの、体の内側…メラニンによる色素沈着が原因で起こる黒ずみには残念ながらあまり効果がありません。

そして、ひじやひざの黒ずみはだいたいメラニンによる色素沈着のせいなので、大半の人にとって重曹スクラブによるピーリングは黒ずみの改善にはあまり効果がない、ということになります。

結局のところ、メラニンを押し出すためには肌がターンオーバーするのを待つしかないわけですが…実は世の中には肌のターンオーバーを促進させる薬なるものも存在しているのはご存知ですか?

【ディフェリンのジェネリック レチノA0.05% (retinoa)】

シルディグラスーパーパワー100mg/60mg (SildigraSuperPower)

レチノA0.05%はにきびの画期的な治療薬ディフェリンのジェネリック医薬品です。皮膚のターンオーバーを促進する効果があり、ニキビ跡やシミそばかすを垢と一緒に皮膚の外へ出します。お肌の深層にあるコラーゲンやヒアルロン酸を増やす作用もあり、小じわから深い皺までかなり目立たなくすると言われています。

レチノA0.05% (retinoa)の商品詳細ページ

これは、ディフェリンと呼ばれる薬で、聞きなじみのない方がほとんどと思いますが肌荒れ界隈ではニキビ治療に効果があるとしてとても有名な薬です。

ディフェルリンに含まれる有効成分「アダパレン」は皮脂の分泌を減らして毛穴を小さくする効果があるのですが、実は副次的に皮膚のターンオーバーを促進する効果もあるのです。

「ニキビ薬を使うのはピンと来ない」「顔の薬をひじやひざに使うのはいかがなものか」という方も多いのではないかと思いますが、ディフェルリンが顔以外に使用できないのに対して、ジェネリックであるレチノでは顔以外についても問題なく使用することができますので、ご安心ください。

これは、レチノの有効成分が「アダパレン」ではなく「トレチノイン」であるためで、全身に使えるのをいいことに中には乳首をピンク色にするための美白目的で使う方も結構いらっしゃるようですね。なるほど…!

実際に使ってみた効果は…

ひじやひざの黒ずみに対してニキビ治療薬を実際に使ってみた方は多くいらっしゃいますが、「逗子メディスタイルクリニック」で紹介されている例がわかりやすいかと思うのでご紹介させていただきます(使用しているのはディフェルリン=アダパレンですが…。)。

階段で転んで膝をざっくりと切ってしまい縫合が必要な手術を受けたとのことですが、ディフェリンやハイドロキシンを使って

色素沈着した状態から…
意外!?ひじやひざの黒ずみケアには重曹よりもニキビ薬の方が効果あり 出典:ひざの怪我の縫合※傷の画像がダメな方はご遠慮ください。 | メディスタイル LaLaLa元気プロジェクト|逗子メディスタイルクリニックブログ

1年半ほどでかなりきれいに
意外!?ひじやひざの黒ずみケアには重曹よりもニキビ薬の方が効果あり 出典:ひざの縫合後の経過 | メディスタイル LaLaLa元気プロジェクト|逗子メディスタイルクリニックブログ

なっているのがわかりますね。

ちなみに、小池も過去に車に轢かれ左手の人差し指を何針か縫った経験がありますが、レチノのおかげかどうか、今では間違え探しするくらいじっくり見られない限りはまず気づかれないようになりました

ひじやひざの黒ずみでお悩みの方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

(Text:小池 侑未)

いいね!と思ったら…

この記事で紹介された関連医薬品・ジェネリック

関連NEWS