お薬ボックス > news > 

71歳現役おじいちゃんAV男優が明かすチントレ、金冷法の増大効果とは…?

71歳現役おじいちゃんAV男優が明かすチントレ、金冷法の効果とは…?

こんにちは、「お薬ボックス」の松尾です!

男性にとって”ペニスの大きさ”はいくつになっても気になるもので、男性のプライドそのものにも関わる永遠のテーマと言っても過言ではありません。

「上向きに反った太くカリ高なペニス」は男性なら誰しもが憧れるものですが、現実は銭湯に行くたびに打ちのめされる日々。しかし、トレーニングでそんな理想のペニスを誰もが手に入れることができるとしたら…?

ということで、今回からチントレシリーズと称して様々なペニス増大トレーニングの方法やその効果について解説していきたいと思います。記念すべき第1回は「金冷法」についてです。

冷やして大きくするチントレ、金冷法とは

金冷法とは、読んで字のとおり「金玉を冷やすトレーニング法」です。

その起源は古代ローマ(紀元前1500~700年頃)が発祥とされる非常に由緒正しいトレーニング法で、おそらく人類最古のチントレなのでは?と密かに思っています。

日本では少なくとも江戸時代の頃には一般に広く浸透していたようで、江戸っ子たちもこぞってペニスと金玉に冷水をかけていたとかなんとか…。

ご先祖様も嗜んでいたかも…?
71歳現役おじいちゃんAV男優が明かすチントレ、金冷法の効果とは…?

最近では、「AbemaTV」の番組「フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと」で71歳のおじいちゃんAV男優・山田裕二さんが行っているチントレ法として金冷法を挙げたことでも知られていますね。

ちなみに、このおじいちゃん、過去にAV出演していることが孫バレして修羅場に、離婚寸前までいったことがあるそうで…なんというか、一般の我々とはいろいろと次元が違いますね。

「最年少のお相手は18歳」71歳でも現役の山田裕二さん
71歳現役おじいちゃんAV男優が明かすチントレ、金冷法の効果とは…?

金冷法のやり方について

さて、そんな金冷法のやり方は非常にシンプルです。

1.金玉を温める
2.金玉を冷やす

これをただただ繰り返すだけ。細かい部分は人によって異なりますが、基本は入浴時にシャワーなどで数分おきに何セットか繰り返す、というのが一般的です。無理せず行える数少ないチントレと言えるでしょう。

ちなみに、「刺激を受けて血流改善の効果がある」とのことで、山田裕二さんの場合はペニス増大の目的で冷やしたときにペニスを濡れた雑巾で叩く、というのを独自メニューとして加えているそうですよ。

金冷法の効果について

金冷法は、ペニスや金玉のサイズを増大させる…というよりかは、どちらかと言うと精子の質を高める効果のあるトレーニングです。

実は、睾丸で精子を作るために最適な温度は体温よりも低め。冷えは万病の元と言いますが、こと金玉にとってあまり温かいのはあまり良いことではないんです。

特に現代社会の衣類は保湿・保温が充実していますから、今股間をまさぐってみても「指先よりもだいぶ温かく感じる」なんて人がほとんどなのでは?

しかし、金冷法を行うことで刺激を与え血行を改善、失われた睾丸の機能を回復する効果が見込めます。精子のはたらきが活発になり、男性ホルモンが増加したりもするので、ひいては精力の増加を実現できます。

実際、妊活の一環として金冷法を実践していた放送作家の鈴木おさむさんは、行う前に比べて「精子検査での数値がアップした」ことをブログでも報告しています。

鈴木おさむしも効果を実感?チントレの一種・金冷法が及ぼす影響 出典:鈴木おさむオフィシャルブログ

金冷法のメリットやデメリットについて

金冷法は何と言っても、毎日毎日短い時間でできる、副作用もないことから安全性が高い、というのがメリットとして挙げられるでしょう。

一方のデメリットとしては、風呂場でなければできないこと、そして冬場は相当つらい…修行僧のような思いをしなくてはならないのは覚悟する必要があるでしょう。

特に、高齢の男性の場合はヒートショックに注意する必要があるかもしれません。かかりつけの医師がいる場合は念のため金冷法を行って良いかどうか確認してからの方が無難ですね。

風呂場での金冷法はヒートショックにも注意
風呂場での無理な金冷法は心筋梗塞(ヒートショック)を引き起こす恐れも

しかしながら、総じてデメリットらしいデメリットがないのが金冷法のいいところですので、不妊にお悩みの男性や精子の量にお悩みの男性にはおすすめのチントレ法と言えます。

もし、増大目的であれば「プロソリューションピル」といった増大サプリを併用するのが良いかもしれませんね。

ペニス増大サプリ「プロソリューションピル」
ボリュームピルズ

(Text:松尾和志)

いいね!と思ったら…

この記事で紹介された関連医薬品・ジェネリック

関連NEWS