お薬ボックス > お薬に関する記事 > 

禁煙できる医薬品ってご存知?チャンピックスで禁煙に再チャレンジ!

禁煙薬チャンピックス

2016年度の「全国たばこ喫煙率調査結果」によると、成人男性の喫煙率は29.7%、成人女性の喫煙率が9.7%との事です。

20年前の成人男性の喫煙率が55.3%でしたので、喫煙人口は、およそ半分に減っています。

「タバコ離れ」が進む中で、喫煙できる場所が制限されたり、喫煙者の肩身が狭くなりつつあります。

現在、禁煙をしたいと思っている方、したいけどなかなかできない方は多いのではないでしょうか。

禁煙をすると体に起きる変化とは?

禁煙をすると体に様々な変化が起きます。

最後の1本を吸ってから

20分後

体はニコチン・タールにより、体に受けたダメージを修復しようと働き始め、収縮していた血管、上昇していた血圧、早くなっていた脈拍も元に戻ります。

8~12時間後

呼吸が楽になります。

タバコを吸うと、血液中の一酸化炭素が増加します。

この一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結びつき、酸素がヘモグロビンと結びつくのを阻害します。

そのため、血液の酸素を全身に運ぶ働きが低下します。

24時間後

肺が浄化され恥じます。

(この頃が、一番体にニコチンの禁断症状が出る頃であり、ここを超えられるかが、一つのヤマとなります。)

48時間後

鈍っていた味覚や嗅覚が戻り始めます。禁煙した人は、ごはんが美味しくなるとも言いますね。

72時間後

ニコチンが体から完全に抜けます。

気管支も広がった事により、呼吸も楽になり、寝つきが良くなります。

2週間~3週間

肺機能が30%アップします。

肌にも変化が現れます。

体全体の血液の流れが良くなる為、肌にツヤとハリが戻ってきます。

1ヶ月後

脳がニコチンを欲しがらなくなるので「吸いたい」衝動がおさまってきます。

禁煙による離脱症状とは?

離脱症状とは、体からニコチンが抜け出す時に、現れる症状の事を言います。

主に、症状が出るのは、禁煙後~3日がピークと言われていますが、大体10日間、長くて3週間ほどで治まります。

具体的な症状はイライラする、落ち着かなくなる、集中力低下、頭痛、眠気、不眠、便秘です。

意外な症状で眠気があるそうですが、今まで脳がニコチンによって覚醒状態だったのが、覚醒させる物資がなくなった為、強烈に眠くなったりする場合もあります。

この眠気はずっと続くわけではないので、30分程度の仮眠を取ったり、体を動かすなどして乗り切りましょう。

禁煙外来での治療でも処方されるチャンピックスとは?治療費・副作用は?

禁煙薬のチャンピックスには、ニコチンは含まれておらず、服用すると、少量のドーパミンが放出されるようになっています。

それにより、離脱症状が起こりにくくなります。

またチャンピックスに含まれるドーパミンが「タバコが美味しいと脳が感じるドーパミン」を阻害する為、タバコを吸うと「まずい、気持ち悪い」と感じ、禁煙に成功するという仕組みになっています。

<チャンピックスの飲み方>

①飲み始めの1週間は喫煙しながらチャンピックスを服用します。

服用量

1~3日目 0.5mgを1日1回

4~7日目 0.5mgを1日2回

8日目   1mgを 1日2回

②禁煙8日目から禁煙スタートです。

もし8日目を迎える前に、タバコを吸いたくなくなった時は、そこから禁煙を始めます。

③チャンピックスを12週間服用します。

基本的に、禁煙外来で治療を行う時は、1クール(12週間)までが保険適応期間となっており、それを超えての治療は保険適応外となります。

また、1クール(12週間)を終えて、再び治療がを行う場合には9ヶ月経たないと、保険が使えません。

保険適応の場合、1クールでおよそ19040円(診察料・管理料・処方箋料・チャンピックス料)となりますが(病院や施設によって多少異なります)自費診察をした場合は、約63530円となります。

その為、禁煙外来で、1クールで治療が終わらなかった場合や、途中で止めてしまって再チャレンジしたいが、保険適応になる日まで待てないなどの理由がある場合は、チャンピックスの個人輸入が便利です。

気になる副作用ですが、一般的に胃部不快・吐き気・不眠などの症状があげられています。

病院では、一緒に吐き気止めなども処方して貰えるそうです。

実際にチャンピックスを服用していると、タバコを吸うと気持ち悪くなるので、この吐き気こそが、「もうタバコは見たくない!!」という様に、どんどんタバコ嫌いへと、導いてくれる気はします。

チャンピックス・その他の禁煙補助薬のおすすめはこちら

チャンピックススターターパック(champixstata)

チャンピックススターターパック(champixstata)

禁煙外来でも使用されていて、最もメジャーな禁煙薬です。まずは、こちらのスターターパックからスタートしていただくのがおススメです。

チャンピックス2週間パック1mg (champix)

チャンピックス2週間パック1mg (champix)

チャンピックス2週間パック1mg (champix)は、既にチャンピックスを使用されている方向けの商品です。初めてチャンピックスを使用される方は、スターターパックの方からご使用下さい。

ニコテックス4mg (nicotex)

ニコテックス4mg (nicotex)

ニコテックス4mg (nicotex)は、ニコチンが入ったガムで、ニコレットのジェネリック医薬品になります。「吸いたい」という禁断症状に陥った時に、噛むとニコチンが吸収され落ちつきます。タバコのように、煙や有害物質も出ません。

ZEROニコチンピルズ(nicotinezero)

チャンピックススターターパック(champixstata)

天然ハーブを成分とした禁煙ピルですが、高い効果が期待できます。禁煙中のニコチン離脱症状を和らげます。ニコチンは入っていませんが、服用すると、ニコチンを摂った様な感覚が得られます。

人気のアイコス・タバコとの違いは?

禁煙薬チャンピックス

禁煙したいけど、できない、でも健康やタバコの臭いが気になるという人など、現在、タバコ派からアイコス派に移行する人が増えています。

アイコスとは、灰も出ず、煙も少なく、健康も損なわないという喫煙者にとっては嬉しい電子タバコです。

火を使わないので、煙も出ず(水蒸気は出ます)ヤニも発生せず、副流煙が少なく、受動喫煙の心配も少ないです。

またニコチンやタールなどの有害物質も、紙タバコに比べて1/10の量とも言われます。

また従来の電子タバコのように「吸った感じがしない」という感覚が解消され、本物を吸っているような満足感も得られるのも魅力です。

ただデメリットもあって、1本吸ったら、次に吸えるまで6分間の充電が必要です。

何本も続けて吸いたい人にとっては、充電時間は長く感じるかもしれません。

アイコスの本体の値段が約1万以上で、ヒートスティック(フレーバー)が20本入りで460円ほどなので、紙タバコよりも高価にはなります。

でも実際にアイコスを吸っている人の話を聞くと、続けて吸わなくなったから、ヒートスティック(フレーバー)の減りも遅く、結局、本数が減り、紙タバコから変えて、コストがかからなくなったなんていう声も聞きます。

まとめ

禁煙薬チャンピックス

タバコを吸うと体に悪いのはもちろんですが、経済的にも負担がかかります。

例えば1日1箱を吸うとなると、1年間で使うタバコ代は約15万円になります。

健康を損なう事をしているのに、それにお金を使うなんて。。。ばかばかしいですよね。

「今すぐにでもタバコをやめたい」

「いつかは、禁煙しようと思っている」なんて思っている方は、禁煙にチャレンジしてみてください!!

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

お薬ボックスページトップへ