お薬ボックス > news > 

花粉症対策の薬でオススメなのは何?アレルギー性鼻薬のランキング!

花粉症対策の薬でオススメなのは何?アレルギー性鼻薬のランキング!

こんにちは、お薬ボックスの丸井です。

花粉症で鼻水や涙が止まらなく、呼吸をするにして鼻が詰まってしまい息苦しい状態が続いてしまう。

または鼻詰まりのせいで、睡眠時口呼吸になってしまい、寝起きに喉が乾燥して痛みを感じる。

目が痒いので掻いてしまい、目が充血しまったり、目が疲れやすい。

これらの症状に悩んでいる方に向けて花粉症対策について説明していきたいと思います。

花粉症とは?

花粉症とは?

花粉症とはくしゃみや鼻水、鼻づまり、目の痒みが続くというような症状があります。

花粉症で一番知られているスギ花粉の場合だと、1年間通して1月から4月あたりまでが一番、花粉症に悩まされる時期になります。

花粉症はいきなり発症してしまう突発的なものとなっており、現状完全に花粉症を治すのは難しいとされている病気なんです。

なので症状を抑えて長い期間付き合っていかなければいけない、厄介なものとなっています。

花粉症の発症メカニズム

花粉症の発症メカニズム

花粉症が発症する仕組みについて説明していきたいと思います。

本来人間は、ウイルスや細菌などの『抗原』が体内に入ってきた時に、排除するために『抗体(アレルゲン)』を作り出す免疫力が働きます

抗原が『テロリスト』で、抗体がそれを排除する『警察機関のFBI』というようなイメージですね。

花粉などのアレルギーについて

花粉などのアレルギーについて

アレルギーとは、身体に無害とされている物質を外敵と判断し、それを排除しようと身体が過剰に反応してしまうものとなっています。

花粉は本来人間にとって無害なものとなっていますが、過剰に体が反応してしまい免疫力が働きます。

このことから、花粉を抗原と判断しIgEという抗体を体内で作りだします。

IgEとは

IgEとは、、白血球の1種で『肥満細胞』と非常に強く結合する性質がありまます。

またこのIgEは、体内に抗原(アレルゲン)が入ってきた際に『IgE抗体(免疫グロブリンというたんぱく質)』が生成されます。

IgE抗体は皮膚や粘膜のマスト細胞の表面に張り巡らされているものを示します。

花粉が体内に入ってきた時に、IgE抗体の働きに反応した際に、マスト細胞の中にあるヒスタミンなどの化学物質が放出され目や鼻の粘膜が反応し、くしゃみや鼻水、鼻詰まり、目の痒みなどの症状が起こるんです。

花粉症の原因をアレルギーコップ説にて

花粉症の原因をアレルギーコップ説にて

アレルギーの反応について説明するときによく、コップで例えられていることは耳にしたことがあると思います。

これを簡単に説明していくと、コップの中に水が入っているイメージをしてみてください。

その水が、一定のラインを超えることによって急に溢れ出てしまう様に、花粉症などのアレルギー反応がある時期に急に発症してしまうというものになります。

花粉症の症状

花粉症の症状

花粉症の症状にはどんなものがあるんでしょうか?

この症状には大きく分けて5つあります。

鼻に起こる症状

鼻の粘膜の肥満細胞に花粉が付着することによって、鼻水や鼻詰まり、くしゃみが起こります。

喉(のど)に起こる症状

口や鼻から花粉が入り、喉に直接付着してしまったり、鼻詰まりで口呼吸になって喉が乾燥し、違和感を感じたりします。

また咳が出やすくなってしまうこともあります。

目に起こる症状

花粉が目の粘膜にある肥満細胞に直接付着することで目の痒み、涙が出てくる、充血、瞼が腫れるという症状があります。

皮膚に起こる症状

皮膚に花粉が付くことで炎症を起こす事で、花粉症皮膚炎という症状があります。

顎(あご)や首、肌荒れ、湿疹などが瞼(まぶた)や目の周り起こることがあります。

体内で起こる症状

体内に入った花粉に対するアレルギー反応の働きによって、微熱となることもあります。

また熱が長引いてしまい、悪寒を感じてしまうなんてことも場合によってはあります。


これらの症状が続くことでストレスはどんどん溜まっていきます。

自分が許容できるストレス値を超えてしまうと、思考力の低下であったり、集中力の持続性の低下などが起こり、日常生活にも支障が出てくることもあります。

花粉症と風邪や病気の見分け方

花粉症と風邪や病気の見分け方

◆花粉症の場合

花粉症の場合は以下の様な症状があります。

・くしゃみや鼻水、鼻づまり、目の痒みがあります。

・鼻水がずっと無色透明なものとなっています。

・平熱か微熱。

・喉に痛みはない。

◆風邪の場合

花粉所とは違い風邪の場合は以下のものになります。

・症状が進行すると、無色透明な鼻水から黄緑色の鼻水に変わっていきます。

・微熱から高熱。

・喉に痛みを感じることもある。

◆扁桃炎・咽頭炎

ウイルスが喉の粘膜に入り起こす、喉の炎症。

・喉に痛みが起き、高熱が起こる。

・軽い咳がある。

・花粉症と同じような鼻水がある。

◆咽喉頭異常感症

更年期に起きやすい症状で女性に多い。

・喉に何か詰まっているような、違和感を感じる。

◆老人性鼻炎

高齢者に多くみられる鼻炎症状。

・起床時や食事中に鼻水が出る。

・花粉症と同じような鼻水がある。

・花粉症と比較して鼻水以外の症状は出ない。

花粉症の時期はいつ?

花粉症の時期はいつ?

花粉症の時期は大体いつ頃なんでしょうか?

◆北海道

・ハンノキ属(カバノキ科)

⇒3月中旬~5月中旬

・スギ

⇒3月中旬~5月上旬

・ヒノキ科

⇒4月中旬~6月下旬

・シラカンバ属(カバノキ科)

⇒4月中旬~6月下旬

・イネ科

⇒5月上旬~9月下旬

・ヨモギ属(キク科)

⇒8月上旬~9月下旬

◆東北

・ハンノキ属(カバノキ科)

⇒1月上旬~6月中旬

・スギ

⇒1月中旬~6月中旬、9月中旬~12月下旬

・ヒノキ科

⇒3月中旬~5月中旬

・シラカンバ属(カバノキ科)

⇒4月上旬~6月中旬

・イネ科

⇒3月中旬~10月下旬

・ブタクサ属(キク科)

⇒8月中旬~10月中旬

・ヨモギ属(キク科)

⇒8月中旬~10月下旬

・カナムグラ(アサ科)

◆関東

・ハンノキ属(カバノキ科)

⇒1月中旬~5月下旬

・スギ

⇒9月上旬~7月上旬

・ヒノキ科

⇒1月中旬~7月中旬

・イネ科

⇒2月中旬~12月下旬

・ブタクサ属(キク科)

⇒7月中旬~12月下旬

・ヨモギ属(キク科)

⇒7月中旬~12月中旬

・カナムグラ(アサ科)

⇒8月中旬~11月中旬

◆東海

・ハンノキ属(カバノキ科)

⇒1月中旬~4月中旬

・スギ

⇒10月~5月中旬

・ヒノキ科

⇒3月中旬~5月中旬

・ブタクサ属(キク科)

⇒9月中旬~9月下旬

・ヨモギ属(キク科)

⇒8月中旬~10月中旬

・カナムグラ(アサ科)

⇒9月中旬~11月中旬

◆関西

・ハンノキ属(カバノキ科)

⇒1月上旬~6月中旬

・スギ

⇒1月中旬~5月中旬

・ヒノキ科

⇒1月下旬~5月下旬

・イネ科

⇒1月上旬~11月中旬

・ブタクサ属(キク科)

⇒8月中旬~10月中旬

・ヨモギ属(キク科)

⇒8月中旬~11月中旬

・カナムグラ(アサ科)

⇒8月上旬~11月中旬

◆九州

・ハンノキ属(カバノキ科)

⇒1月中旬~5月下旬

・スギ

⇒9月上旬~7月中旬

・ヒノキ科

⇒3月上旬~5月中旬

・イネ科

⇒2月中旬~12月下旬

・ブタクサ属(キク科)

⇒9月上旬~10月下旬

・ヨモギ属(キク科)

⇒8月上旬~11月中旬

・カナムグラ(アサ科)

⇒8月中旬~11月中旬

花粉症対策

花粉症対策

花粉症の対策として規則正しい食生活、うがい、手洗い、洗顔などすることによって多少は改善できるとされていますが、あくまで応急処置レベルのものとなっています。

またマスクや眼鏡などで予防することが出来ますが、一日中マスクや眼鏡をつけておくことはできません。

そうなってしまっては、意味がありません。

そこでオススメなのが花粉症用の飲み薬になってきます。

花粉症の飲み薬は体の内部から症状を抑える働きがあります。

花粉症による鼻炎症状を抑えて、くしゃみや鼻水、鼻詰まりを改善できるんです!

それではどんな薬がいいのかを紹介していきます。

お勧めの花粉症対策薬ランキング

1位…アレグラ180mg(ALLEGRA)

ALLEGRA180mg

<商品説明>

アレグラ180mg(ALLEGRA)とは、花粉症によるアレルギー性鼻炎・皮膚炎・蕁麻疹(じんましん)治療に用いられるお薬です。いままでの薬と比較した場合、眠気が少なく即効性も高いと言われる人気薬となります。仕事中・運転中での服用も問題はありません。また口渇き・胸焼けといった副作用も少ないのも人気の一つとなっています。


<使用方法>

アレグラ180mgは高用量含有していますので1日1回服用するだけで24時間抗アレルギー作用をあらわします。症状が重い方に向いています。症状が軽い方は60mgを一日2回、合計120mgを飲むと良いされており、市販薬のアレグラの場合は120mgを朝・夕に飲むと良いとされています。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、アレグラ180mg(ALLEGRA)は、眠気の副作用は少ないのが特徴です。稀な副作用としては口のかわき・便秘・下痢・眠気などです。

アレグラ180mg(ALLEGRA)の価格を通販で見てみる

2位…ジルテック10mg(ZYRTEC10mg)

ZYRTEC10mg

<商品説明>

ジルテック10mgは副作用を抑えられており、長期間利用が可能な抗ヒスタミン薬ですので、治療が長引く花粉症の人などに最適です。有効成分セチリジン塩酸塩の効果により、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うかゆみの症状などにも効果が期待できます。


<使用方法>

一日一回、寝る前にジルテック10mを1錠服用します。患者の年齢や症状によっては服用するmgが増減します。最高で1日に服用出来るのは20mg(2錠)までとなっています。万が一、飲みわすれた時はすぐに服用する、次の服用時間が近いときは一回とばして、更に次の服用予定時間に飲むようしてください。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、ジルテック10mgは服用してから効果がでるのが速く、副作用の少ないアレルギー性鼻炎のための抗ヒスタミン薬です。一日一回の服用で鼻水や鼻づまりなどに対してに効くので、長期治療が必要な方にとっても使いやすいものとなっています。

ジルテック10mg(ZYRTEC10mg)の価格を通販で見てみる

3位…アサフェン(ASTHAFEN)ケトチフェンジェネリック

ASTHAFEN1mg-100Tab

<商品説明>

アサフェン(ASTHAFEN)は抗アレルギー剤のザジテンのジェネリック医薬品となります。この薬は主にアレルギー性鼻炎である花粉症や気管支喘息の予防効果やアトピー性皮膚炎や蕁麻疹など皮膚疾患に効果があります


<使用方法>

アサフェン(ASTHAFEN)は1回1mg(1錠)を朝食後と就寝前の一日2回をお飲みください。年齢や症状によって適宜増減する。飲み忘れに気が付いた場合、すぐに服用するようにしてください。また飲み忘れに気付き、次の服用までの間隔がないのであれば、そのタイミングで服用してください。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、アサフェン(ASTHAFEN)の副作用は少ないと報告されており、ごく稀に眠気や倦怠感が報告されています。また報告のあったものの中でも重い副作用として痙攣、興奮、肝機能障害などがありましたので、これらの症状を感じた場合、お近くの病院にて診察をしてください。

アサフェン(ASTHAFEN)ケトチフェンジェネリックの価格を通販で見てみる

まとめ

いかがだったでしょうか。

花粉症での鼻水、鼻詰まりでツライ生活を送っていませんでした?

そんなツライ生活も薬一つ飲むだけで変わってきます。

鼻水、鼻詰まりを解消し快適な生活を手に入れましょう!

text…丸井和樹

ランキング以外の花粉症の薬を含む一覧ページはこちら

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

ページ先頭に戻る