お薬ボックス > news > 

花粉症皮膚炎を飲み薬で改善!季節の変わり目のかゆい肌荒れを撃退!

花粉症皮膚炎を飲み薬で改善!季節の変わり目のかゆい肌荒れを撃退!

花粉が飛ぶ時期に肌がかゆい!春や秋などの季節の変わり目に起こる乾燥肌や肌トラブルが辛い!と『花粉症皮膚炎』に悩んでいる人は有効な飲み薬がある事はご存じでしょうか?

この記事では厄介な花粉症皮膚炎を改善する事ができるお薬や明日からすぐに実践できるセルフケア方法など肌荒れや辛いかゆみを解決する方法をわかりやすく解説します。

是非最後までご覧下さい。

花粉症皮膚炎とは?

花粉症の症状はくしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・体のだるさだけだと思っていませんか?

実は近年では花粉が肌に付着する事でアレルギー反応を起こす、「花粉症皮膚炎」が注目されています。

花粉の時期や季節の変わり目に顔や体がかゆくなる方はひとごとではないかも。

花粉の時期に厄介な肌荒れを引き起こす「花粉症皮膚炎」を詳しく解説していきます。

花粉症皮膚炎の症状

花粉による肌荒れ!その症状は?

花粉が肌に付着する事で起こる肌荒れやかゆみ、花粉の影響で起こる肌トラブルを「花粉症皮膚炎」と言います。

「花粉症皮膚炎」の主な症状は肌のかゆみ・赤み・肌の乾燥です。

症状は特に上まぶたや頬骨付近、あご、首など肌が露出していて花粉が付着しやすい部分に乾燥やかゆみや赤みなどの症状が起こる事が多いと言われています。

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなど、いわゆる「花粉症」ではない人も「花粉症皮膚炎」になる可能性がある事がわかっており、普段の保湿などのスキンケアをしていても、肌荒れするようなら「花粉症皮膚炎」を疑うべきだと思います。

花粉症皮膚炎はアレルギー体質、アトピーなど敏感肌の人はなりやすい

花粉症皮膚炎はアレルギー体質、アトピー性皮膚炎などの敏感肌の人は特になりやすいと言われています。

アレルギー体質、アトピー性皮膚炎などの敏感肌の人は肌のバリア機能が元々低く、花粉やアレルゲンが皮膚に侵入しやすく、花粉症皮膚炎がきっかけで全身がかゆくなり、アトピー性皮膚炎が悪化したりと症状が悪化しやすいです。

アレルギー体質、アトピー性皮膚炎ではない人も、花粉の季節の2月~4月、9月~11月など季節の変わり目に、肌荒れやかゆみ、赤みなどの肌トラブルがあるなら「花粉症皮膚炎」を疑いましょう。

花粉症皮膚炎は季節の変わり目に要注意

花粉は大きく分けて春と秋など季節の変わり目に大きく飛散します。

花粉症カレンダー

上記図を見れば明らかですが、花粉は1年中飛散していますが、中でも春の花粉でアレルギー症状を持つ人が最も多いスギやヒノキは2月~4月、秋のキク科やアサ科は9月~11月にかけて花粉が飛散します。

季節の変わり目に肌荒れを起こしやすい人は特にこの時期、肌トラブルが起きやすいのでスキンケアが重要な季節だと言えますね!

花粉症皮膚炎に効く飲み薬の市販薬との違い

花粉症皮膚炎に効く飲み薬の市販薬との違い

花粉症に効く飲み薬の成分は坑ヒスタミン薬

厄介な花粉症ですが、花粉症の症状を和らげるお薬は存在します。

まず花粉症の原因は「花粉」という異物(アレルゲン)が体内に侵入してきた時に、それを脳内で防御する働きをする化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉をできる限り体外に放り出そうとする事で、くしゃみや鼻水、かゆみなどのアレルギー症状が起こります。

花粉症をはじめアレルギー性疾患に効くお薬は、この「ヒスタミン」を抑える『坑ヒスタミン薬』が一般的です。

ただし、この「坑ヒスタミン薬」には眠気などの副作用が起こる事がありましたが、最近では眠気などの副作用が比較的弱い「第二世代」と呼ばれる「抗ヒスタミン薬」が市販薬(OTC医薬品)にもあり薬局やドラッグストアで販売しています。

抗ヒスタミン薬を含む有名な市販薬で言うとアレグラFX(フェキソフェナジン塩酸塩)やアレジオン10、アルガード(エピナスチン塩酸塩)やコンタック(セチリジン塩酸塩)、ザジテン(フマル酸ケトチフェン)などがあり、見かけた事がある人も多いのではないでしょうか。

しかし、薬局やドラッグストアで購入できる花粉症のお薬は、病院で処方される処方薬と少し効果が違うのは知らない人も意外に多いようです!

市販薬と処方薬の効果の違いなどわかりやすく説明しますね。

市販薬と処方薬の違い

市販薬と処方薬の違い

まずは薬局で売っている花粉症対策の市販薬で有名なアレグラFXと医療用の処方薬アレグラを比較します。

薬局やドラッグストアで買う事ができるアレグラFXと医療用の処方薬アレグラはどちらも有効成分フェキソフェナジン塩酸塩を含んでおり、同じ名前で効果も同じなんじゃないかと思う方も多いと思いますが効果は少し違うんです。

市販薬アレグラFX

・効能・効果:花粉、ハウスダスト(室内塵)などによるくしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの鼻のアレルギー症状に効く飲み薬

処方薬アレグラ

・効能・効果:アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うかゆみに効く飲み薬

上記のように花粉症皮膚炎に対してアプローチするなら医療用のアレグラなどがおすすめです。

医療用アレグラだけではなく、他にも花粉症の症状に効果がある、ジルテックやザジテンなど花粉症皮膚炎の肌荒れやかゆみに効く飲み薬をお薬ボックスでは通販で販売しており、人気があります。

なかなか病院に行く時間が作れない方や、花粉症皮膚炎など、薬局のお薬ではなかなか症状が治まらない方からご利用頂いております。

しかし、通販でお薬を買う際には注意点もあります!

花粉症皮膚炎に効く飲み薬を通販で購入する時の注意点

花粉症皮膚炎に効く飲み薬を通販で購入の際には注意点もあるのでしっかり読んで頂きたいです。

信用出来るのは医薬品専門の通販サイト!

お薬ボックス個人輸入代行

当サイトは個人輸入代行サイトで、処方箋なしで通販で購入する事ができますが、同じ治療薬を取り扱うサイトによっては、

偽薬を販売する通販サイトや品質に心配や問題があったりする場合があるようです。

また、購入しても商品が届くかなども心配な意見もあるようですが、

お薬ボックスでは高品質な正規品のみ取り扱っており、沢山の購入者の意見も届いております。

購入された大切なお薬をしっかりとお届けしますのでご安心ください。

お薬ボックス通販安心宣言

花粉症皮膚炎に効く特効薬を個人輸入で欲しい方

アサフェン(ASTHAFEN)ケトチフェンジェネリック1mg

アサフェン1mg

アサフェン1mgは抗アレルギー剤のザジテン(フマル酸ケトチフェン)のジェネリック医薬品です。主にアレルギー性鼻炎である花粉症や気管支喘息の予防効果やアトピー性皮膚炎や蕁麻疹など皮膚疾患に効果があります。


<使用方法>

アサフェン1mgは朝食後と就寝前の一日2回をお飲みください。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、副作用は少ないと報告されており、ごく稀に眠気や倦怠感が報告されています。

アサフェン(ASTHAFEN)1mgの価格を通販で見てみる

ジルテック10mg(ZYRTEC)

ジルテック10mg

ジルテック10mgは有効成分セチリジン塩酸塩の効果により、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うかゆみの症状などにも効果が期待できる抗ヒスタミン薬です。


<使用方法>

一日一回、寝る前にジルテック10mを1錠服用します。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、個人差がありますが、眠気の副作用は少ないのが特徴ですが稀に頭痛・眠気・吐き気等など起こる場合があります。

ジルテック10mgの価格を通販で見てみる

アレグラ180mg(ALLEGRA)

アレグラ180mg

アレグラは有効成分フェキソフェナジン塩酸塩の働きにより、アレルギー性鼻炎に加え、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)などのかゆみの症状に効果を発揮します。眠気が少ない為、仕事中・運転中での服用も問題なく、即効性も高いと言われる人気薬となります。


<使用方法>

アレグラ180mgは高用量含有していますので1日1回服用するだけで24時間抗アレルギー作用をあらわします。症状が重い方に向いています。症状が軽い方はピルカッターなどで半分に割り量が調節できます。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、眠気の副作用は少ないのが特徴ですが稀に頭痛・眠気・吐き気等など起こる場合があります。

アレグラ180mgの価格を通販で見てみる

花粉症のかゆみを薬に頼らない治し方

花粉症や花粉症皮膚炎に効果がある処方薬の飲み薬と併用すると更に効果が高まる、薬に頼らない治し方(セルフケア方法)も紹介していきます。

花粉症皮膚炎セルフケア

花粉症対策の行動

花粉症の人が普段の生活の中で気をつけるべき行動とまとめます。飲み薬と併用してセルフケアを行い、花粉症皮膚炎を改善していきましょう。

・外出時にはマスクを着用し、花粉の侵入をできるだけ避ける(花粉症皮膚炎対策の為にも肌の露出も避ける)

・外出先から家に入る時には服、洗濯物を取り込む際も服についた花粉を払う(叩くと衣類の繊維奥まで花粉が入るので払うイメージで!)

・窓は極力空けないようにして、部屋の掃除は徹底する。手洗いうがいも有効

花粉症皮膚炎に効く食べ物

花粉症などアレルギーを緩和するにはバランスの良い食事を摂る事も大切です。

食品添加物や加工食品や高タンパク・高脂肪の食品の肉類やお菓子やアルコールなどはアレルギーを引き起こす可能性を高めるため避けましょう。

花粉症に効く食事では様々な食品がありますが、花粉症の原因であるIgE抗体の活動を抑制する為、アレルギーと関係の深い免疫機能の60%以上が集中する腸内の環境を整える食事が有効だと言われています。

・ヨーグルト、納豆、キムチ、海藻(腸内環境を整える乳酸菌・発酵食品・食物繊維)

・緑茶(抗酸化作用があり粘膜を保護するポリフェノール・カテキン)

花粉による肌荒れのかゆみ対策のスキンケア方法

花粉症皮膚炎などの肌荒れは、アトピー性皮膚炎の方や乾燥肌などデリケートな敏感肌の方のみならず、ストレスなどによって、皮膚を守るバリア機能が低下している所に花粉などの外部刺激が加わる事で症状が引き起こされる為、しっかりとスキンケアしましょう。

・洗顔はたっぷりと泡立て、こすると皮膚を傷つけてしまうので、泡で優しく包み込むように洗顔する。

・保湿の為に化粧水や乳液を使い、しっかりと保湿して皮膚のバリア機能を高めるように意識する!

・ストレスをためないようにして、よく睡眠を取る。

花粉症皮膚炎は飲み薬だけに頼らず併用してセルフケア!

今回、季節の変わり目など花粉の時期に起こるかゆみを伴う肌荒れ「花粉症皮膚炎」に効く飲み薬について紹介しましたが、飲み薬に頼るだけではなく、自分で行えるセルフケアも併用してしっかりと花粉の対策していきましょう!

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

ページ先頭に戻る