お薬ボックス > news > 

チントレで長いペニスに!チン長を増大できるジェルキングの方法と効果

チントレで長いペニスに!チン長を増大できるジェルキングの方法と効果

こんにちは、「お薬ボックス」の松尾です!

「ムスコ」なんて呼ぶだけあって男性にとってペニスの大きさは何歳になってもどうしても気になるもの。男性のプライドそのものに関わる永遠のテーマと言っても過言ではないでしょう。

日本人は欧米人に比べて体格差がありますからサイズには自信のない方が多いのではないかと思いますが、もし「上向きに反った長く太くカリ高な」理想のペニスを誰もがトレーニングで手に入れることができるとしたら…?

ということで、チントレシリーズ第3回となる今回はペニスの長さを伸ばすのに強いペニス増大トレーニング、「ジェルキング」について効果的なやり方や注意点など、もろもろを解説していきたいと思います。

マッサージの要領で増大させるジェルキング

チントレで長いペニスに!チン長を増大できるジェルキングの方法と効果

ジェルキングは英語で書くとスペルは”jelqing”で「ジェル+キング=ジェルキング」ではなく「ジェルク+イング=ジェルキング」となります。

このジェルキングと呼ばれるチントレは、もともと中東で1000年以上前から実践されてきた由緒正しいペニス増大エクササイズで、名前はその恩恵を長年受けてきた古代ジェルク人の名前に由来している…とはされているのですが、実はジェルキングの起源の詳細は現在の研究でもまだ明らかになっていません。

ジェルキングが世界的に広まるきっかけになったのは、1970年代にイギリスのブライアン・リチャーズ博士が発表したペニス増大法「チャーサム法」にジェルキングが取り入れられていたことによるもの。実は1000年以上の歴史がある(らしい)と言っても世界で行われるようになったのは割と最近の新しいチントレなんですね。

リチャーズ博士の著作「ザ・ペニス」
チントレで長いペニスに!チン長を増大できるジェルキングの方法と効果

なぜそんなに研究結果が広まったのかは定かではありませんが、おそらくリチャーズ博士が提唱するペニス増大法・チャーサム法の効果は絶大だったからでは?と推測します。なぜなら、発表ではたった3ヶ月の臨床試験で30人中28人中が「永続的かつ証明できるくらいの増大に成功した」という結果を発表していて

一番効果のなかった人でも
◆長さが2.4cm長く
◆太さが1.4cm太く

一番効果のあった人だと
◆長さが3.6cm長く
◆太さが3.1cm太く

全体の平均では
◆長さは2.65cm長く
◆太さが2.04cm太く

と信じられないくらい驚異的なペニスの増大効果が得られているのがわかります。

結局、リチャーズ博士のこの研究はチャーサム法を悪用する詐欺事件に巻き込まれてチャーサム法そのものが”まがいもの”扱いされてしまうのですが、非常に高い効果があったせいかジェルキングのメソッドは今でも残っていて世界中の人々に行われている、というわけです。

ちなみに、海外ではジェルキングとミルキングは同じトレーニングという扱いが一般的のようですが、日本ではミルキングとジェルキングはメニューが違うから別々のトレーニングと捉える人が多いみたいですね。混乱を避けるために「お薬ボックス」では日本式でジェルキングとミルキングは別々のチントレとして紹介していきます。

ジェルキングのやり方について

チントレで長いペニスに!チン長を増大できるジェルキングの方法と効果

やり方の前にまずは下準備から。ジェルキングもまたミルキングと同様に半勃起状態で行うのが良いとされているので、半勃起状態をキープするところからスタートです。しかし、やってみるとわかりますが半分だけ勃起させるのは意外と難しい!なので、まだジェルキングに慣れない最初のうちは勃起状態でチントレすることになるかもしれません。

半勃起状態でなければいけない理由もやはりミルキングと同様で、ペニスを傷めにくいこと、完全な勃起状態よりもより血液を集めやすいというのが挙げられます。特に、ジェルキングはミルキングよりもペニスに与える負担が大きく傷めにくいというのはかなり重要な要素ですので早めにこのやり方に慣れておきたいところですね。

そもそも、ペニス内部は陰茎海綿体(竿)と尿道海綿体(亀頭)という2つのパーツから成るスポンジ状の組織が詰まっていて、ここに血液が集まるとこれが膨張して勃起が起こる、というメカニズムになっています。

勃起不全(ED)は加齢による動脈硬化でペニスに血液が行き渡らなくなるために起こる症状ですが、逆にペニスにより多くの血液量をためることができるようになれば勃起時のペニスのサイズも大きくなるというわけです。ペニス増大とはいいつつも、実際はペニスそのものを大きくするわけではなく海綿体を膨張させやすくさせるトレーニングなので、平常時のサイズが大きくなるわけではないんですね。

チントレで長いペニスに!チン長を増大できるジェルキングの方法と効果

さて、ジェルキングのやり方は基本的に「絞るマッサージ」というイメージで

0. ローションを使う
1. 片手を根本に添えて親指と人差し指でOKサインを作るように握る(順手でも逆手でもOK)
2. 親指と人差し指に力を入れたまま根本から亀頭に向かってペニスをしごいていく
3. カリまで来たらおしまい
4. 何度か繰り返したら手を変えて1.~3.を繰り返す

で1セットとなります。

実際この方法でやってみると指二本だけでしごいているとはいえジェルキングはペニスにミルキング以上の負担がかかっているのが実感できると思います。なので、摩擦による損傷や皮伸びを和らげるためにローションは必須、あまりやりすぎないことが理想のペニスを手に入れるためのポイントです。

文章でやり方を読むだけだとわかりづらいかと思いますので、以下の動画もご覧いただければと思います。

1回あたりの時間がミルキングよりも短いせいか1日200回とか結構多めのメニューを提示しているサイトが多いですが、この方法は一歩間違うと勃起できなくなってしまう可能性も考えられるのでこのチントレはとにかく怪我をしないのが大事だと個人的には考えます。

ミルキングも併用して行えばジェルキングをそこまで頑張る必要もないので無理なく好きな回数だけ行うのが良いでしょう。ちなみに、片手のジェルキングがちょっと上手くできないという方は

1. 片手を根本に添えておく(順手でも逆手でもOK)
2. もう片方の手を親指と人差指でOKサインを作るように握る(順手でも逆手でもOK)
3. 2.の方の手で親指と人差し指に力を入れたまま根本から亀頭に向かってペニスをしごいていく
4. カリまで来たらおしまい
5. 何度か繰り返したら手を変えて1.~4.を繰り返す

という両手バージョンのジェルキングでやるのももちろんアリです。

また、先ほどちょっとお話したとおりミルキングとジェルキングはもともと一つのトレーニングですので、併せて行うのが一般的かつ効果的です。ペニスの増大効率を最大限にアップすることができますので、みなさまぜひともチャレンジしてみてください。

ジェルキングの注意点

チントレで長いペニスに!チン長を増大できるジェルキングの方法と効果

ジェルキングとミルキングのペニス増大効果は非常に絶大ですが、もちろんこのチントレには気をつけなくてはいけない点もあります。

まず、ペニスに刺激を与えながらしごくのでペニスの皮が伸びるのは避けて通れません。もちろん、これはローションを使うことによってかなり緩和することができるのですがそれでも100%防ぐのはおそらく難しいでしょう。中には「皮が伸びたペニスは理想のペニスじゃない!」という方もいらっしゃるかと思うので、そのあたりは注意が必要ですね。

それと、ローション絡みでは意外とめんどくさいというのも挙げられます。いつでもどこでもできるミルキングに比べると手軽さにおいてはジェルキングはだいぶ劣るトレーニングであるとも言えるかなと思います。

また、負荷がかかりすぎると亀頭部分に血豆や水ぶくれができることがあるという点はミルキングと同様です。もしそういった症状が出た場合は治るまですべてのチントレを一旦中断して、刺激を弱めるなり回数を減らすなりして方法を変えて再発防止に努めましょう。

チントレも筋トレと同じで気張ってやっても存外効果は得られないものです。手抜きのトレーニングでも継続していれば効果は十分見込めますので、力んでしまわず気楽な気持ちでチントレに臨みましょう。

(Text:松尾和志)

いいね!と思ったら…

この記事で紹介された関連医薬品・ジェネリック

関連NEWS