お薬ボックス > 個人輸入医薬品全商品 > 低用量ピル(低容量ピル)

低用量ピル(低容量ピル)の通販購入可能なお薬一覧

低用量ピル(低容量ピル)の通販購入可能な商品一覧ページです。ピルは避妊効果だけでなく、女性ホルモンの量を安定させ、生理痛を軽くする効果や生理周期を一定にし、月経不順を整える効果もあります。レディースクリニックや産婦人科での買い方もありますが頻繁に受診するのが煩わしいと個人輸入が人気です。

トリキュラー (triquilar)

triquilar

トリキュラー(triquilar)は低用量ピルです。生理周期や生理痛などを整え、黄体ホルモンと卵胞ホルモンによって排卵を抑え、避妊効果を発揮します。ホルモン含有量が少ないのでホルモン療法に伴いがちな副作用が少なく、安心安全な商品で個人輸入で通販購入できます。国内の産婦人科で処方率が最も高いです。

定価:3,500円 特別価格:1,800円

セラゼッテ(Cerazette)28錠

Cerazette-0.075mg-28Tab

セラゼッテ(Cerazette)28錠はミニピルで合成黄体ホルモンのみを含んでいる避妊薬です。避妊薬には卵巣ホルモン(エストロゲン)を含んでいるものがありますが、喫煙者、授乳期間中、血栓症、高血圧、偏頭痛など方はエストロゲンの避妊薬を使えません。

定価:5,500円 特別価格:4,500円

ミセッテ・ジェネリック(デソレット)Desolett 21錠

Desolett

ミセッテ・ジェネリック(デソレット)Desolettは避妊薬の中でも副作用の少ない低用量ピルです。本来避妊目的で使用されますが、それ以外にも無月経、不正出血、月経過多症、子宮内膜症、多毛症、男性ホルモン過多症などの症状を改善する際にも使用されています。

定価:4,000円 特別価格:3,000円

マイクロジノン(MICROGYNON)21錠

MICROGYNON

マイクロジノン(MICROGYNON)21錠はドイツの製造会社であるバイエル社が開発した避妊薬です。この薬は避妊効果以外にも体内で崩れてしまったホルモンのバランスを整えることにより、生理周期を安定させたり、精神状態を正常にしたり、肌荒れを改善することが可能になります。

定価:4,500円 特別価格:3,500円

ジネット35 (ginette)

ginette35

ジネット35(ginette2mg)は体格の小さなアジア人向けの低用量ピル(避妊薬)で個人輸入で通販購入でき人気があります。正しい服用で99.9%以上の避妊効果を発揮し、男性ホルモン作用が無く多毛症・抜け毛・ニキビの抑制効果や、バストアップ、アンチエイジングも期待できます。

定価:5,300円 特別価格:3,100円

ロエッテ0.10mg/0.02mg (loette)

loette

ロエッテ0.10mg/0.02mg(loette0.10mg/0.02mg)は低用量ピルです。レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールの2種類の女性ホルモンが排卵を抑制し避妊効果を発揮。アフターピルにも利用でき、多くの女性が支持中です。

定価:5,000円 特別価格:3,000円

ヤスミン3mg/0.03mg (yasmin)

yasmin

ヤスミン3mg/0.03mg(yasmin3mg/0.03mg)は第4世代の低用量ピルです。有効成分のドロスピレノンとエチニルエストラジオールが排卵を抑制し、避妊効果を発揮します。ホルモン含有量が一定なので飲み間違いしにくいのが特徴です。

定価:5,200円 特別価格:3,200円

フェミロン0.02mg/0.15mg (femilon)

femilon

フェミロン(femilon0.02mg/0.15mg)は低用量ピル(避妊薬)で産婦人科で処方率が高いマーベロンのジェネリックです。全21錠のホルモン含有量が一定なので飲み易さが抜群です。小柄な日本人に合った最低用量のため副作用も最小限です。

定価:5,400円 特別価格:3,100円

ノベロン0.15mg/0.03mg (novelon)

novelon

ノベロン(novelon0.15mg/0.03mg)は第3世代の低用量ピルです。マーベロンのジェネリックで排卵を妨害して避妊効果を発揮します。ニキビや肌荒れが解消して肌つやを良くし、むだ毛などの体毛を薄くする効果も期待する事ができます。

定価:4,500円 特別価格:2,600円

ダイアン35 2mg/0.035mg (diane35)

diane35

ダイアン35(diane35 2mg/0.035mg)は体格の小さなアジア人向けに開発された低用量ピル(避妊薬)です。飲み忘れずに正しく服用できれば99.9%以上の避妊効果を発揮します。その他、ニキビの治療やアンチエイジング効果もあります。

定価:4,400円 特別価格:2,400円

オブラルL 0.15mg/0.03mg (ovrall L)

ovrall

当サイトお薬ボックスで購入する事できるオブラルL(ovrall L0.15mg/0.03mg)は避妊薬です。飲み忘れもなく正しい服用であれば99%以上の避妊効果を発揮することができます。生理痛の軽減や月経不順、卵巣癌などにも効果を発揮します。

定価:4,800円 特別価格:2,800円

海外から個人輸入で通販購入できる低用量ピル(低容量ピル)について

低用量ピル(低容量ピル)とは?

低用量ピル(低容量ピル)とは?

上記の医薬品は当サイトお薬ボックスで販売中の低用量ピル(低容量ピル)です。

低用量ピル(低容量ピル)は元々避妊薬となっていますが、生理痛や生理時の出血などを抑える効果もあり、生理痛が酷い女性にすすめる医師が増えております。

当サイト、お薬ボックスでご購入頂ける低用量ピルは全ての商品が4,000円以下の通販でご購入頂けます。

病院に行く時間が無い女性や、診察で生理の話や避妊の話をするのに抵抗がある女性、また、少しでもピルを安価な価格で手に入れたいという女性にとてもご活用されています。

産婦人科やレディースクリニックでも低用量ピルは処方されますが、上記なような理由で個人輸入サイトを介して通販でピルをご購入する女性はとても増えているのが現状です。

低用量ピル(低容量ピル)を利用するのはどんな人?

低用量ピル(低容量ピル)を利用するのはどんな人?

低用量ピル(低容量ピル)は、通常のピルと比較して副作用の軽い避妊薬として、妊娠を望んでいない女性の為に開発されたお薬です。

しかし現在はそれに加えて生理痛や生理時の出血を抑える効果も確認されており、近年は生理痛が重い、生理の出血が多い、生理不順の女性などに広く利用されつつあります。

生理痛と一言で言っても、代表的な下腹部の痛み・頭痛・腰痛といった様々な痛みがあります。

また、それに伴ってイライラする・集中力の低下・無気力・不安感などといった症状も見られる場合があり、生理が重いと仕事や日常生活にも支障をきたしてしまいます。

そういった辛い生理にお悩みの女性は、避妊という意図がなくとも低用量ピル(低容量ピル)を使用することによって生理中の様々なトラブルを和らげることができます。

重い生理痛や生理不順の原因は?

重い生理痛や生理不順の原因は?

日常生活に支障の出るような重い生理痛が出る方は、月経困難症の可能性が高いです。

月経困難症には病気が原因となる器質性月経困難症と、それ以外の機能性月経困難症の2種類に分かれます。

器質性月経困難症は、20代から起こりうる子宮内膜症、30代から多くなる子宮筋腫、40代から多くなる子宮腺筋症が主な原因となります。

生理痛が重い場合、これらの病気にかかっていないかまずは病院で検査してみましょう。

これらの病気でない機能性月経困難症の場合は、強い子宮収縮が直接的な原因で、子宮や卵巣が未成熟な思春期の女性に起こることが多いです。他にも、ストレスや生活習慣から生じるホルモンや自律神経の乱れ、血行不良、骨盤の乱れなども原因になると言われています。

重い生理痛や生理不順を改善する方法

重い生理痛や生理不順を改善する方法

病気が原因の場合はその原因となる病気を治療すればいいですが、そうでない場合はどうすればいいのでしょうか。

根本的な改善の為には、普段の生活習慣を見なおす必要があります。

例えば、睡眠不足だったり寝る時間がバラバラである場合はしっかり寝る時間を決めて規則正しい睡眠をとる、毎日の食事のバランスを見直す、ストレスはため過ぎずしっかり解消していく、タバコを吸っているなら禁煙するなど。

ただ、お仕事などによってはそれも難しく、改善しようとすることで逆にストレスをためてしまう場合もあります。

そういった方は手っ取り早く重い生理痛や生理不順を改善できる、低用量ピル(低容量ピル)の利用がおすすめです。

低用量ピル(低容量ピル)は基本的に3週間の服用と1週間の休薬(月経期間)が1サイクル(28日間)となり、毎日1錠を自身で決めた時間に服用します。

薬の種類によっては、休薬期間中に飲む疑似薬も入っており、毎日薬を飲むというサイクルが乱れないので飲み忘れ防止に便利となっています。

OC・LEP(低用量ピル)の種類や効果効能

OC・LEP(低用量ピル)の種類や効果効能

低用量ピルにはエストロゲンという卵胞ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンが2種類含まれています。

エストロゲンは排卵を促してくれるホルモンで美肌効果や女性らしさをサポートする働きを持っており、黄体ホルモンは子宮の内膜に直接働きかけ、妊娠や受精の準備をするホルモンになっています。

低用量ピルの『低』はエストロゲンが含まれている量が50μg以下のピルを指しています。

低用量ピルは排卵を抑え込む事で妊娠を防ぐ効果があるので避妊の成功率はほぼ100%と言われています。

加えて重い生理痛や生理不順を改善する効果もあり、低用量ピルの使用率は現在日本で1%前後ですが、ヨーロッパでは約30%、アメリカでも約15%と使用者は広がっています。

副作用は少なく、使用後に不妊となるリスクもありませんので安全に使えるお薬です。

低用量ピル(低容量ピル)の対象年齢や性別

低用量ピル(低容量ピル)の対象年齢や性別

当サイトお薬ボックスで販売している低用量ピル(低容量ピル)に年齢制限は設けられておりません。

しかし、基本的には身長の発育が止まってからのご利用が推奨されております。

逆に言えば、身長が成長しきっていれば18歳未満の未成年の女性でも安全にご利用頂くことができます。

また、40歳以上のいわゆる更年期と呼ばれる年代が近づいてからは、女性ホルモンが過剰になる為低用量ピル(低容量ピル)のご利用は避けるべきだとされています。

女性ホルモンが過剰となると血栓症などのリスクが高まりますので、もちろん高齢者の女性も服用しないようにしましょう。

低用量ピル(低容量ピル)は女性ホルモン剤ですので、男性が飲まれると副作用のリスクが大きいです。誤って服用しないように注意してください。

OC・LEP(低用量ピル)の副作用・注意点

OC・LEP(低用量ピル)の副作用・注意点

低用量ピル(低容量ピル)は副作用の少ない安全なお薬ですが、お薬に慣れるまでは吐き気や不正出血、頭痛、乳房の張りなどの副作用が出てくることがあります。しかしこれらの副作用は通常1ヵ月前後でおさまります。

未成年者や40歳以上の女性は医師に相談のうえで服用しましょう。

血栓症のリスクが高まりますので、元々血栓が出やすい方は服用を控えましょう。

血栓は喫煙でも出やすくなりますので、喫煙者が低用量ピル(低容量ピル)を飲まれる場合禁煙することをおすすめ致します。

その他、普段別の薬を服用されている方や持病のある方は使用前に医師に相談してください。

万が一強い副作用が出た場合は使用を中止して医師の診察を受けるようにしましょう。

低用量ピル(低容量ピル)の口コミ・レビュー

低用量ピル、トリキュラーの口コミ・レビュー

元々生理痛がきつくてずっと痛み止めを使っていたんですが、それでも辛くてずっと悩んでいました。思い切って相談したら低用量ピルを紹介されて、「生理痛に避妊薬?」って最初はびっくりしたんですけど試してみたらまたビックリ!生理痛の痛みが嘘みたいに楽になりました。それに生理不順までなくなって、あれだけ苦しんできた生理の悩みが綺麗さっぱりなくなっちゃいました。今ではもう低用量ピルが欠かせません。通販だと誰にも顔合わせないで購入できるし、安くて買い置きできるのもいいですね。今はトリキュラーを常に1か月分常備しておくようにしています。

お薬ボックスページトップへ