お薬ボックス > 個人輸入医薬品全商品 > 利尿剤(むくみ解消薬)

利尿剤(むくみ解消薬)の通販購入可能なお薬一覧

利尿剤やむくみ解消に効果的な治療薬の通販購入可能な商品一覧ページです。利尿剤は心不全や高血圧の治療に用いられる医薬品で、尿量の増加させることによって体内の不要な水分排出を促進させ、むくみを改善する効果があります。むくみ解消できる利尿剤は即効性の高いダイエット薬としても個人輸入で人気です。

ラシックス40mg (lasix)

lasix40mg

ラシックス40mg(lasix40mg)は全身のむくみを取り除く利尿薬です。有効成分のフロセミド40mgは利尿作用が高くむくみの原因である余分な水分や老廃物を排出します。長い間蓄積したむくみを改善する事で、大幅な体重減少・激やせが可能です。2018年に個人輸入での通販が禁止になる予定で規制後は購入できなくなります。

定価:5,980円 特別価格:3,000円

アルダクトン(ALDACTONE)

ALDACTONE

アルダクトン(ALDACTONE)は、ファイザー製薬のアルダクトンAのジェネリック医薬品となります。この薬は利尿効果やダイエット効果以外にも美容効果にも効果が期待でき、女性ホルモンの作用によりニキビや多毛症を抑制する作用もある薬となります。

定価:2,500円 特別価格:2,000円

リピトール(LIPITOR)

LIPITOR

リピトール(LIPITOR)は、高脂血症治療薬で家族性高コレステロール血症や高コレステロール血症(高脂血症)などの脂質異常症の治療に使用されるお薬です。血液内のコレステロール値を安定・低下させることにより、脂質異常症の改善を行う治療薬となります。

定価:6,600円 特別価格:4,900円

海外から個人輸入で通販購入できる利尿剤(むくみ解消薬)について

利尿剤(むくみ解消)とは?

利尿剤(むくみ解消)とは?

利尿剤とは、高血圧の降圧治療に用いられる薬です。利尿剤を服用する事により、尿の量が増え、体に溜まった余分な「水分」や「塩分」を排出させる事により、「血圧を下げる」「むくみや肺水腫の改善」などの効果があります。

本来は心不全や高血圧などの心疾患や腎不全の腎疾患、肝不全や腹水の肝疾患の治療薬として用いられるお薬ですが、むくみ解消効果がある事から、ダイエット目的で服用する方も増えています。

利尿剤には様々な種類がありますが、ラシックスのような腎機能に悪影響を与えないループ利尿薬、アルダクトンのような低カリウム血症を予防するカリウム保持性利尿薬(アルドステロン拮抗薬)、他にも浸透圧利尿薬やチアジド系利尿薬などがあります。

いずれにしても尿を増やし、むくみ(浮腫)などを解消できるお薬です。

利尿剤(むくみ解消)を利用する人の症状について

利尿剤(むくみ解消)を利用する人の症状について

利尿剤を使用する方は高血圧やむくみ解消目的に使用する方が多いです。

高血圧と利尿薬の何が関係があるのかと言うと、血液中の水分が増えると血管を流れる血液の全体量が増えてしまい、血圧が上がります。従って、血圧を下げるには尿を増やし、血液中の水分や塩分を減らす方法があります。それを行う薬剤が利尿薬です。血圧を下げる作用がある為、降圧薬(降圧剤)とも言います。

この利尿剤の尿を増やす効果からむくみ解消にも効果があります。

むくみ(浮腫)・高血圧になる原因

むくみ(浮腫)・高血圧になる原因

むくみ(浮腫み)が起こる原因は、心臓や腎臓、もしくは肝臓の働きが悪くなって体内に血液や水分がたまり、浮腫(ふしゅ)となります。

他にも塩分の摂取過多などで血液などの循環が悪化すると水分が排出されにくくなり、皮膚の下に溜まっていき、むくみを引き起こします。

ちなみに、むくみは女性にかなり多い症状で、男性は足も顔もほとんどむくんだりすることがありません。これは、男性は女性に比べて筋肉量が多く筋肉がポンプの役割を果たしているから水分がたまりにくいのが理由とされています。

高血圧に関しては、直接的な原因を特定するのが困難な場合があります。両親からの遺伝や肥満体質、タバコやお酒、生活習慣やストレスなど原因は様々です。このように原因の特定が難しい一次性高血圧と言い、腎臓や副腎の病気による高血圧など原因を特定できる高血圧を二次性高血圧と言います。

むくみ(浮腫)・高血圧の治療方法や治療期間

むくみ(浮腫)・高血圧の治療方法や治療期間

むくみ解消の治療方法はむくむ原因は水分ですので、足や顔にマッサージを施してあげれば溜まっていた水分や老廃物を強制的に流すことができます。利尿剤などを服用し、尿を増やし、水分と塩分を排出するのも効果的と言えるでしょう。

高血圧にも利尿剤は効果的で、同時に減塩する事もむくみ解消や高血圧には有効な手段と言えます。

塩分を控えると利尿剤の効き目がよくなるというメリットもありますし、塩気の少ない食事を取ると、結果的に摂取カロリーを抑えられる、むくみ解消や高血圧解消だけではなくダイエット効果も得る事ができます。

浮腫をとる薬の種類や効果効能

浮腫をとる薬の種類や効果効能

主に取り扱いのあるラシックスやアルダクトンについては高血圧等に使用されており、利尿剤としても使えますが、その利尿効果からむくみ取りにも使われております。

ラシックスという利尿剤は夕方以降に服用してしまうと就寝中に尿意で目が覚めてしまい、何度もトイレに行く事になってしまうので、主に午前中に服用しなければなりません。お酒を飲み過ぎてしまったり、塩分の取り過ぎで水分過多を起こしている場合、起床時に足や顔がパンパンに腫れている事が良くあると思いますがそんな際、出社する数時間前にラシックスを服用して排尿をする事でむくみが取れるので、芸能人やニュースキャスターの方にとても人気がある商品になっています。

服用してから約1時間で尿意が出始め、6時間は効果が続きます。人によって個人差も様々ですが効果を感じられたお客様からは必ずリピートを受けている商品になっています。

主にむくみ解消を目的にが購入する方が多く、ダイエット薬のカテゴリーにもラシックスは入っております。お薬ボックスのラシックスは最安値価格で通販購入が可能です。

利尿剤(むくみ解消)の対象年齢や性別

利尿剤(むくみ解消)の対象年齢や性別

加齢とともに血圧は上昇する傾向にあり、60歳以上の高齢者の約4割が高血圧であるという事がわかっています。また生活習慣の乱れや塩分の摂り過ぎ、肥満などにより未成年者も高血圧になる可能性はあります。

むくみ(浮腫)に関しては男性よりも筋肉量の少ない女性が出やすいとも言われています。

利尿剤もお薬なので18歳以下の未成年や高齢者の方は医師の判断に従って下さい。

浮腫をとる薬の副作用・注意点

浮腫をとる薬の副作用・注意点

利尿剤は用法・用量を守れば重篤な副作用の報告は少ないものの、眩暈やふらつき、貧血、食欲不振、下痢、嘔吐、頭痛、電解質失調、脱水症状などが起こる可能性があります。

速くむくみ解消したいからと言って、過剰に摂取すると血圧低下、心電図異常、血栓症などの重篤な副作用を引き起こす恐れがあるため、用法・用量は必ず守って服用してください。

尿を排出するとカリウムとナトリウムを体外に排出してしまう可能性がある為、サプリメントやバナナやリンゴ、アボカド、ヨーグルトなどを併用する事がおすすめです。

また、グレープフルーツジュースやアルコールとの飲み合わせが悪く副作用が強く出てしまう可能性がある為、一緒に飲まないようにしましょう。

それぞれの商品ページにて注意点も記載しておりますのでご確認下さい。

利尿剤(むくみ解消)の口コミ・レビュー

利尿剤(むくみ解消)の口コミ・レビュー

わたしはむくみ解消の為にラシックスを購入しました。外回りの仕事後や飲み会の後にはむくむ事が多かったし、一時的に浮腫みを取って細く見せたい人や浮腫みに悩んでる人にはすごくおすすめです。トイレの回数は増えますけど。よくわからないサプリメント飲む位なら医療品だし、よっぽど効果があると思います。

お薬ボックスページトップへ