お薬ボックス > 個人輸入代行通販医薬品一覧 > カンジダ症(膣カンジタ症)

カンジダ症(膣カンジタ症)の通販商品リスト

カンジダは健康な女性の性器(膣の中)にも存在する常在菌が、体調やストレスが原因で増えすぎてしまうことで起きます。カンジダ治療薬はカンジダ菌という真菌に効果がある抗生物質(抗生剤)です。当サイト「お薬BOX」では、病院でも使われている効果の高い抗菌薬を個人輸入で通販できます。婦人科を受診するのは恥ずかしい、他人にばれずにカンジダを治療したいという方にもおすすめです。

カネステンクリーム1% (canesten cream)

canestencream1

カネステンクリーム1%(canesten cream1%)は水虫などの真菌に効くジェネリックで副作用は殆ど無く、効果はそのままで安価な価格で購入する事ができます。カネステンクリームの有効成分はクロトリマゾールというイミダゾール系の抗菌薬です。

定価:3,800円 特別価格:2,200円

クロトリマゾールジェル15g (clotrimazole gel)

clotrimazolegel15gm

クロトリマゾールジェル15g(clotrimazole gel15g)はカンジダや水虫などの感染症や真菌などに対して効果のある塗り薬です。クリームなどと違ってべたつかないので、使い易く、副作用は殆どありません。内用薬よりも効果を得られます。

定価:4,200円 特別価格:2,200円

ニゾラル200mg (nizoral)

nizoral200mg

ニゾラル200mg(nizoral200mg)はフケ・水虫・カンジダ等に効果がある抗生物質です。塗り薬は日本でも人気が高いですが飲み薬の方が全身に殺菌効果を発揮します。しかし日本では市販されていないので、お薬ボックスから安価に購入可能です。

定価:4,400円 特別価格:2,800円 売り切れ

ダイフルカン・ジェネリック150mg (diflucan-generic)

diflucan-generic150mg

ダイフルカン・ジェネリック150mg(diflucan-generic150mg)は膣カンジダ等を治す抗生物質です。膣や性器の環境を整える効果がありデリケートゾーンの痒みや白く濁ったおりものを改善します。ダイフルカンのジェネリックです。

定価:5,000円 特別価格:4,500円

ダイフルカン・ジェネリック200mg (diflucan-generic)

diflucan-generic200mg

ダイフルカン・ジェネリック200mg(diflucan-generic200mg)は膣や性器の環境を整える効果のある膣カンジダ治療薬です。膣分泌量を増やして潤す作用もあり、性行為中の不感症も改善します。ダイフルカンのジェネリック医薬品で通販で購入する事が可能です。

定価:4,200円 特別価格:3,260円

テルビシップクリーム(ラミシールジェネリック)10ml

TERBICIPCream1%

テルビシップクリーム(ラミシールジェネリック)はシプラ社が製造・販売する水虫やカンジダ症などの治療に使われる抗真菌薬です。足、体、股部の水虫(白癬)、皮膚カンジダ症(指間びらん症、間擦疹)、癜風(でんぷう)などの治療にご利用いただけます。クリームタイプとなっているため、患部に直接塗って治療を行うことができます。

定価:3,500円 特別価格:2,700円

テルビナフィン250mg(Terbinafine)

Terbinafine250mg

テルビナフィン250mg(Terbinafine)は、UKジェネリック(UK Generic)社が製造・販売する抗真菌薬です。クリームタイプの塗り薬では治療が難しい爪水虫の治療に良く利用されます。

定価:4,400円 特別価格:2,500円

ケトコナゾールクリーム(KZクリーム)2%30gm

KZCream2-30gm

ケトコナゾールクリーム(KZクリーム)2%は水虫やいんきんたむし(インキン)、性病のカンジダ症、脂漏性皮膚炎などの真菌性の病気の症状に対して効果があります。ニゾラールクリームのジェネリック医薬品で特徴として、浸透性が早く、効果の発揮までの時間が短いことで人気になった薬です。

定価:2,500円 特別価格:2,200円

カンジダ症(膣カンジタ症)治療薬とは?

カンジダ症(膣カンジタ症)治療薬とは?

カンジダ症(膣カンジタ症)治療薬は、文字通り膣カンジダ症の治療をする為の抗真菌薬です。

膣カンジダ症の原因となるカンジダ菌は常在菌ですので、誰もが発症する可能性を秘めた身近な病気です。

薬局やドラッグストアなどで購入できる市販のお薬は基本的に膣錠となっておりますが、当サイトお薬BOXでは簡単に使用できる飲み薬も取り扱っています。

その中でもダイフルカン・ジェネリックがとてもお勧めで、当サイトお薬ボックスで販売しているカンジダ症の治療薬は全ての商品が3,000円以下で通販購入が可能です。

産婦人科に行くのが煩わしかったり、誰にも知られずに膣カンジダ症を完治させたいと思っている女性は是非、お薬ボックスの通販をご活用下さい。

カンジダ症(膣カンジタ症)治療薬を利用する人の症状について

カンジダ症(膣カンジタ症)治療薬を利用する人の症状について

性器カンジダ症は女性の約4分の3人が経験をすると言われています。

男性よりも女性の発症がとても多いと言われており、女性の性器内でカンジダ菌が増殖する事で発症する病気です。

カンジダ膣炎は性病ではありませんが性行為によって感染をしてしまう場合もあるので性病と間違えやすい病気でもあります。

主な症状としては、陰部や膣の痒み、ヨーグルト状・カッテージチーズ状・酒粕状・粥状・おから状などと表現されることが多い白いおりものが出てきます。

そして、放置していると炎症が広がり、外陰部のむくみや赤み、陰部や膣の焼けつくような灼熱感、痛み、排尿障害、性交痛などの症状も出るようになります。

カンジダ症(膣カンジタ症)になる原因

カンジダ症(膣カンジタ症)になる原因

カンジダ症は体内に常駐しているカンジタ菌が原因で発症する炎症で、主に発症の一番の原因は免疫力の低下と言われています。

カンジダ菌は口腔内や皮膚、食道や肛門、性器というような体のどこにも存在している常在菌で、擦り傷やストレスなどによる免疫力の低下をきっかけにして異常繁殖し、炎症に発展してしまう事がしばしばあります。

また、生理や妊娠時によるホルモンバランスの変化、抗生物質の使用などによる常在菌のバランスの乱れ、高温多湿による蒸れ、ピルの服用などが原因となることもあります。

そして、性交による感染も原因のひとつです。

男性器は女性器と異なり外部に出ているため、高温多湿を好むカンジダ菌が異常繁殖することは稀で非常に発症し辛いです。

しかし、発症し辛いだけで感染はしますので、カンジダの感染に気付いていない男性の性器から女性器にカンジダ菌が感染してしまうというケースも少なくありません。

カンジダ症(膣カンジタ症)の治療方法や治療期間

カンジダ症(膣カンジタ症)の治療方法や治療期間

カンジダ症(膣カンジタ症)は先にもお話した通り非常に身近な病気ですので、婦人科・産婦人科などで治療できるほかに薬局やドラッグストアで治療薬を購入することもできます。

最初に発症した時は、婦人科・産婦人科を受診して下さい。

膣カンジタ症と診断されたら、カンジダ膣錠などのお薬が処方されます。治療期間は6日が目安となります。

再発した時は薬局やドラッグストアで治療薬を購入することができますが、薬局で薬を買うのが恥ずかしい方、膣錠の挿入が苦手という方は、個人輸入サイトの通販で飲み薬を良く購入されています。

当サイトで一番人気のダイフルカン・ジェネリックは、1日1回半錠から1錠を水またはぬるま湯で服用します。

完全に症状が治るまで飲み続けて下さい。

目安としては症状が軽ければ3日から6日、重い場合は2週間から1ヵ月ほど飲み続ける必要があります。

カンジダ症(膣カンジタ症)治療薬の種類や効果効能

カンジダ症(膣カンジタ症)治療薬の種類や効果効能

当サイトのカンジダ症(膣カンジタ症)治療薬で一番のおすすめはダイフルカン・ジェネリックです。

有効成分の「フルコナゾール」は、カンジダの原因菌であるカンジダ菌を殺菌し、増殖を抑える効果を持ちます。

カンジダ菌の働きを抑制することにより、膣内や陰部の炎症・荒れた粘膜などが緩和され、痒みや痛み、おりものなどの症状を改善することができます。

また、女性器の環境を整える効果によって膣液の分泌を促し、性交痛の症状も和らげます。

この膣液の分泌を促す効果を利用して、性交時の不感症改善に使われることもあります。

他にも、テルビシップクリームなどクリームタイプのお薬は外陰部の炎症を抑えるのに使われ、ダイフルカン・ジェネリックと併用することでより早くカンジダ症(膣カンジタ症)の治療を行うことができます。

カンジダ症(膣カンジタ症)治療薬の対象年齢や性別

カンジダ症(膣カンジタ症)治療薬の対象年齢や性別

カンジダ症(膣カンジタ症)の治療薬に関しまして、基本的に年齢制限は設けられておりませんので安心してお使い下さい。

尚、男性も稀ではありますがカンジダ症が発生してしまうことがあります。

男性のカンジダ症にも同じお薬が使えますので、再発の際には是非ご利用ください。

もちろん初めて発症した時には何の病気か判断付かないかと思いますので、自己判断でカンジダ症と決めつけるようなことはせずまずは病院で診察を受けるようにしましょう。

カンジダ症(膣カンジタ症)治療薬の副作用・注意点

カンジダ症(膣カンジタ症)治療薬の副作用・注意点

カンジダ症(膣カンジタ症)のお薬は、基本的に副作用が少なく安全性が高いお薬です。

ただし、高齢者の方が飲まれる場合は注意が必要です。

また妊婦の女性は服用することができません。

万が一異常を感じた場合、必ず使用を中止して医師の診察を受けるようにしましょう。

詳しい副作用や注意点に関しましてはお薬の種類によっても異なりますので、各商品ページからご確認ください。

カンジダ症(膣カンジタ症)治療薬の口コミ・レビュー

カンジダ症(膣カンジタ症)治療薬の口コミ・レビュー

普段カンジダの薬は薬局で買うようにしていましたが、再発が早すぎて薬を売ってもらえなかったので通販を利用してみました。いつも薬局で買う薬は座薬で使うのが面倒でしたが、飲み薬は楽でいいですね。効果も飲み薬の方が高かったのか早く治りました。再発に備えて常備できるのもいいですね。また再発した時の為に買っておきます。

ページ先頭に戻る