お薬ボックス > 個人輸入医薬品全商品 > アフターピル・緊急避妊ピル

アフターピル・緊急避妊ピルの通販購入可能なお薬一覧

アフターピル・モーニングピル・緊急避妊ピルの通販購入可能な商品一覧ページです。どんなに気をつけていても、避妊に失敗してしまうことはありえます。妊娠を望まない時はアフターピル(緊急避妊薬)を服用する事で高い確率で避妊する効果があります。妊娠を望まない方の常備薬として個人輸入で人気です。

アイピル1.5mg(i-pill)

i-pill1.5mg

アイピル1.5mg(i-pill1.5mg)は24時間以内の避妊率が95%を超えるアフターピルです。個人輸入サイトのお薬ボックスでは避妊薬アイピルをお得に通販購入にて入手出来ますので、もし急な避妊薬が必要となった場合は是非お試し下さい。

定価:3,300円 特別価格:1,700円

エラella(ウリプリスタール)30mg

ella30mg1Tab

エラellaは、中出しされてしまった後に避妊目的で飲むアフターピルです。緊急避妊薬であるノルレボのジェネリックであるアイピルは72時間以内(3日以内)の服用で約75%の避妊率ですが、エラ(ella)は120時間以内(5日以内)の服用で85%以上の避妊効果を得ることが出来ます。

定価:12,000円 特別価格:9,000円

妊娠検査薬キットI-CAN

I-CAN-OneStepPregnancyTest1Device

I-CAN妊娠検査キットは、尿だけで簡単に行える自宅用の妊娠検査薬です。I-CAN妊娠検査キットはきちんとした手順で検査をすれば、99%以上もの正確性を誇ります。検査結果が出るまでは60秒ほどで、待ち時間も殆どないのでお手軽に妊娠を確認できるものとなっています。

定価:3,000円 特別価格:1,800円

海外から個人輸入で通販購入できるアフターピル・緊急避妊薬について

アフターピル・緊急避妊薬とは?

アフターピル・緊急避妊薬とは?

上記の医薬品は当サイトお薬ボックスで販売中のアフターピル・緊急避妊薬(モーニングアフターピル)です。

緊急避妊ピルを使用すれば望んでいない妊娠を避ける事が出来ます。

日本国内では毎年約30万回にも渡り妊娠中絶の手術が行われています。

日本では一年間で出産される赤ちゃんは約110万人と言われているので、この数字から見てもかなりの割合で『望んでいない妊娠』が存在している事が分かります。

アフターピル・緊急避妊ピルは妊娠自体を避ける為のお薬ですので既に妊娠している場合効果がありませんが、中絶よりも安全に望まない出産を防ぐことができるお薬です。

アフターピル・緊急避妊薬はどんな人が利用する?

アフターピル・緊急避妊薬はどんな人が利用する?

アフターピル・緊急避妊薬は、性交時に避妊をしなかった、あるいは避妊に失敗してしまった時に有効なお薬です。

うっかり安全日でもないのに避妊をせずにセックスしてしまった方、避妊はしようとしたけど途中でコンドームが破れた、抜けた、外出しに失敗したなどで不安な時に役に立ってくれます。

また、アフターピル・緊急避妊薬はスピードが命です。

性交してから薬を服用するまでの時間が空けば空くほど避妊の成功率は少なくなってしまいます。

その為、万が一の時に備えて普段から常備しておく人も増えてきています。

アフターピル・緊急避妊薬の常備には、誰にも知られず顔を合わせることなく購入することができる個人輸入サイトでの通販がおすすめです。

避妊を失敗してしまう原因

避妊を失敗してしまう原因

避妊の失敗には様々な原因が考えられます。

一番多いのは、やはりコンドームの着用をしていなかったケースです。

膣内で射精しなければ妊娠しないという安易な考えで結果的に射精をコントロールできずに妊娠してしまうことはよくあります。

また、膣内で射精をしなくても、カウパー液、いわゆる我慢汁に精子が含まれていた場合は妊娠のリスクがあります。

その為射精の直前にコンドームを付けるという使い方も、正しい避妊の方法ではありません。

コンドームを使っていても、正しい付け方をしていない、サイズの合わないコンドームを使用したなどの理由で性交中にコンドームが破損したり抜けてしまって避妊が失敗することもあります。

他にもコンドームを付けたまま射精しても、男性器を膣内に挿入したままでいると勃起が弱まってしまい、男性器を抜くときにコンドームが膣内に残ってしまい失敗してしまうケースもあります。

避妊に失敗してしまったらどうすればいい?

避妊に失敗してしまっても、多くは妊娠しないことを願ってそのまま放置してしまうケースも少なくありません。

もし妊娠したとしても、中絶すればいいという考えの方もいらっしゃるかと思います。

しかし、妊娠中絶には初期の段階であっても感染症や子宮穿孔、子宮内遺残などといったリスクがあります。

体調面だけではなく、自ら自分の子の命を絶ってしまったという罪悪感が強く残る方もいらっしゃいます。

2回目以降の妊娠中絶となると後々妊娠しにくくなってしまう可能性も高まっていきますので、リスク回避のためにアフターピル・緊急避妊ピルの使用をおすすめします。

アフターピル・緊急避妊薬は性行為後72時間以内に服用することで妊娠を防ぐことができます。

詳しくは各商品ページにて使用方法をご確認ください。

モーニングアフターピルの種類や効果効能

モーニングアフターピルの種類や効果効能

当サイトで人気のアイピルの場合、避妊に失敗してから72時間以内に服用する事で避妊成功率は約75%と言われています。

エラは価格が高い分アイピルよりも効果が高く、72時間以内の服用でも95%、120時間以内の服用でも85%の確率で避妊することができます。

ただ、どちらにしても服用するのが遅くなれば遅くなる程避妊成功率は低くなっていきますのでなるべく24時間以内の服用をおすすめします。

ご注意して頂きたいのが、当サイトで緊急避妊ピルをご注文してから約1週間後に商品が届く事になりますので計画的なご購入をお勧めしております。

万が一の事も考え、事前に購入を行っている方も多く、安心を得る為にモーニングアフターピルを常時持っておくというのも一つの手としてお勧めしております。

いつ何時、何が起こって避妊が失敗してしまうか予想を立てる事は難しいので、万が一の時の為にも常に緊急避妊ピルを持っているという女性は非常に多いと聞きます。

アフターピル・緊急避妊薬の対象年齢や性別

アフターピル・緊急避妊薬の対象年齢や性別

当サイトお薬BOXで販売しているアフターピル・緊急避妊薬に関しまして年齢制限は特に設けられておりません。

18歳未満の未成年者のかたでも安全にご利用頂ける商品となっております。

尚、アフターピル・緊急避妊ピルは女性用のお薬となっております。

男性や高齢者のかたが飲むと思わぬ副作用が出る恐れがありますので、服用なさらないようご注意ください。

詳しくは各商品ページから、使用方法や注意点をご確認ください。

モーニングアフターピルの副作用・注意点

モーニングアフターピルの副作用・注意点

モーニングアフターピル(緊急避妊薬)の副作用は、下腹部痛、眩暈(めまい)、疲労感、吐き気、月経痛等が報告されています。

これらは一時的に女性ホルモンを大量に摂取することによって起こるもので、通常は2日前後で収まります。

服用後3時間以内に嘔吐してしまうと、効果が薄れる恐れがありますのでご注意ください。

また、他の薬を服用中の方や持病をお持ちの方は、使用前に医師に相談するようにして下さい。

万が一強い副作用が出た場合は必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

詳しくは各商品ページにて、副作用・注意点をご確認ください。

緊急避妊薬アイピルの口コミ・レビュー

緊急避妊薬アイピルの口コミ・レビュー

友達のすすめでアイピルを通販で購入したはいいものの、使う機会がなくてすっかり忘れていました。でも先日お酒の勢いで避妊せずにそういうことになってしまい…。次の日凄く後悔していたんですけど、そんな時アイピルの存在を思い出して凄く救われました。それからはまたいつ避妊できないか分からないので万が一の為に常に自宅に常備しています。

お薬ボックスページトップへ