お薬ボックス > お薬に関する記事 > 

育毛サプリは効果ある?効かない理由や、より効き目がある薬が存在!

育毛サプリは効果ある?効かない理由や、より効き目がある薬が存在!

「最近髪が薄くなってきたな」

「抜け毛が増えたな・・・」

髪の毛の悩みを抱えている男女が気軽に始められる「育毛サプリ」ですが、本当に髪の毛が生える効果はあるんでしょうか?

この記事では育毛サプリはしっかり効くのか。その気になる効果や、効かない理由や効かない場合に育毛サプリよりも確実な効果が期待できるお薬も紹介します。

わかりやすくまとめますので是非最後までご覧ください。

【注目記事】

育毛サプリで効果が出なかった人が飲むお薬一覧

育毛サプリは効果ある?効果ない?

育毛サプリは効果ある?効果ない?

育毛サプリメントには様々な種類がありますが、髪が生える効果が本当にあるのか気になりますよね。

勿論個人差があると思いますが、結論から言うと

育毛サプリは「やや効果はあります」

この「やや効果がある」『やや』部分が気になる所ではあると思いますが、これから紹介していきます。

まず、育毛サプリの主な成分は何なんでしょうか。まず解説していきます。

育毛サプリの種類や成分は?

育毛サプリには様々な種類があるのはご存知かと思います。

薬局などで市販されているものやネット通販で販売されているものなど種類は様々です。

その種類はアガルプ・プロタガ・ボストンなどなど挙げればキリがない程、存在します。

このような種類が多いのも、そもそも育毛サプリは「栄養補助食品」に分類され、お薬ではありませんので、薬に比べても開発が容易な事が、育毛サプリの種類が多い要因ともいえそうです。

自分が髪を生やす為に利用するとなると、効かないものよりしっかりと効果があるものを選びたいのは当然ですよね。

育毛サプリには様々な種類があるのでしっかりと効き目がある商品を選ぶ為にも成分を説明していきます。

育毛サプリの主な成分はざっくり言うと

「髪にツヤやコシを与え頭皮環境を改善する成分」

「脱毛ホルモンの発生を抑える成分」

に分類されています。

大体どの育毛サプリにも使用される代表的な成分を紹介していきます。

育毛サプリにも使用される代表的な成分

亜鉛・大豆イソフラボン・必須アミノ酸

まず髪にツヤやコシを与え頭皮環境を改善する成分です。

亜鉛は細胞の再生や新陳代謝をサポートする働きを持ったミネラルで、毛髪の主成分である「ケラチン」を合成するために欠かせない栄養素で健やかな髪の生成には欠かせないミネラルともいえます。

亜鉛が不足すると皮膚が荒れたり老化したり、爪がボロボロになったりと髪の毛だけでなく体の様々なところに影響がでます。

大豆イソフラボンは大豆などマメ科の植物に多く含まれており、女性ホルモンに似た成分です。

強い抗酸化作用を持ち、体内の活性酸素を抑制する働きがあり、血流の改善にも効果あり、髪に栄養を届ける手助けをします。

また大豆イソフラボンを摂取することで、毛髪のヘアサイクルの内の「成長期」の期間を伸ばすことができます。

必須アミノ酸の中でもリジン(L-リジン)は、髪の成長に不可欠なコラーゲンやケラチンの生成をサポートする必須アミノ酸で、成長ホルモンを手助けする成分で、血流、血管の健康にも関係の深い成分です。

髪の毛は細胞分裂されて成長し、頭皮の免疫力を高めることで頭皮環境が良くなります。

ノコギリヤシ・亜鉛・大豆イソフラボン

次に脱毛ホルモンの発生を抑える成分です。

育毛サプリには必ず配合されていると言っても過言ではないほど有名なのがノコギリヤシです。

天然ハーブの一種であるノコギリヤシは、前立腺肥大の予防や、男性ホルモンを抑制することができる成分で長年研究されてきました。

薄毛や抜け毛などAGA(男性型脱毛症)を引き起こす要因となる5αリダクターゼの働きを阻害する作用があるとされ、抜け毛や薄毛の予防にも効果が期待できるのではないかと言われています。

また、亜鉛大豆イソフラボンにも男性ホルモンの過剰な働きを抑制する働きがあると言われています。

関連記事

湯シャンでハゲが直るは嘘!?抜け毛が気になる人の為の薄毛改善!

ノコギリヤシは実は育毛には効かない!?その理由は?

ノコギリヤシは実は育毛には効かない!?その理由は?

育毛サプリで最も有名な成分と言っても過言ではない「ノコギリヤシ」ですが、

厚生労働省が管轄している「「統合医療」情報発信サイト」にて

前立腺肥大(別名、良性前立腺過形成[BPH])に関連した泌尿器症状、慢性骨盤痛、膀胱障害、性欲減退、脱毛、ホルモンバランスの不均衡および前立腺癌に対しての科学的根拠が発表されましたので一部を引用します。

科学的根拠

ノコギリヤシに関する小規模試験では、BPHの症状の治療に有効である可能性が示唆されています。しかし、高齢男性369人を対象とした2011年にNCCIHが共同でおこなった試験では、ノコギリヤシ抽出物を最大で標準日用量の3倍(320 mg)投与しても、プラセボと比較してBPHに関連する泌尿器症状は軽減されませんでした。さらに、2009年のレビューでは、ノコギリヤシはBPHに対してプラセボと同等の効果しかないという結論が出されています。

2006年にNIHが助成した試験では、中等度から重度のBPHを有する男性225人にノコギリヤシ320 mgまたはプラセボを毎日1年間投与しましたが、症状の改善は認められませんでした。

前立腺肥大のサイズ減少やその他の疾患に対して、ノコギリヤシを利用することを支持するに足る十分な科学的根拠は得られていません。

引用元「統合医療」情報発信サイト

上記の発表によると、現在「ノコギリヤシ」の前立腺肥大や脱毛などに対して効果が認められなかったと発表されました。

これは育毛サプリの使用を検討している人にとっては少し心配な結果ですね。

そもそも育毛サプリは「栄養補助食品」に分類され、お薬ではありませんので、効果は薄いんでしょうか。

関連記事

ノコギリヤシの利用は効果なし?薄毛、抜け毛改善フィンペシア!?

育毛サプリは効かないと言うより長期間、体をサポートしてくれるものと捉える

育毛サプリは効かないと言うより長期間、体をサポートしてくれるものと捉える

いかがでしたか?

育毛サプリは心配な面もある事がわかったかと思います。

しかし、ノコギリヤシ・亜鉛・大豆イソフラボン・必須アミノ酸は発毛や育毛や薄毛や抜け毛を改善の手助けをする成分は配合されており、健康を手助けしてくれる成分ではあります。

そもそも育毛サプリはお薬ではなく「栄養補助食品」ですので。

記事冒頭部分でお伝えした、

育毛サプリメントは髪が生える効果が本当にあるのかと言う問いに

育毛サプリは「やや効果はあります」

と発言したのも理由も納得していただけたでしょうか。

ですので育毛サプリメントは効く・効かないと言うより長期間、体をサポートしてくれる栄養補助食品と捉える方がいいかと思います。

薄毛や抜け毛には食品だけではなく、ストレスや睡眠不足や運動不足など要素が複雑に絡み合っている為、薄毛や抜け毛を予防する方法も多岐に渡り、育毛サプリによる栄養素の補給もその予防策のひとつと捉えると良いでしょう。

サプリではなく、確実に髪を生える効果がある薬がおすすめ

髪を生やしたい場合はサプリではなく、確実に効果がある薬がおすすめ

育毛サプリはあくまでも「栄養補助食品」と言うお話はしたと思いますが、

現代では薄毛や抜け毛は病院で治療ができ、しっかりと効果の認められたお薬が存在します。

フィナステリド(プロペシア)

有効成分フィナステリドの一番有名なお薬がプロペシアで世界60カ国以上で承認されているほど普及されているAGA治療薬で、医師が初めてAGA治療薬として処方した上、日本でも2005年に厚生労働省が承認しています。

薄毛の悩みでAGAクリニックに受診すると、ほぼこのプロペシアが医師から処方されます。

FDA(アメリカ食品医薬品局)や日本皮膚科学会もその効果を認めており、唯一の飲む育毛剤として有名です。

プロペシアには、AGAの原因とされている男性ホルモンの一種、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を防ぐ働きがあり、プロペシアの服用を続ければ、1年後には75%(4人に3人)は、薄毛が明らかに改善されることもデータとして表れています。

フィナステリド(プロペシア)は薬なので副作用があり、最も厄介なのが、性機能障害=男性機能の低下です。

また、プロペシアは妊娠を望む女性にとっては触ることも危険な薬ですので注意が必要です。

勿論、副作用には個人差はありますが、お薬なだけに副作用がある事は知っておいた方がいいと思います。

細かい副作用やお薬に関しては各リンクより確認できますのでご覧ください。

プロペシアは世界的にも有名な有効成分フィナステリドのお薬ですが、育毛サプリよりも費用が高いと言うデメリットもあります。

同じ有効成分フィナステリドのプロペシアのジェネリック薬が費用的にも人気です。

▼低価格なプロペシアジェネリック▼

フィンペシア

フィンペシアの個人輸入

フィンペシア(キノリンイエローフリー)はプロペシアのジェネリック薬です。ジェネリック医薬品の中でも価格が正規品の10分の1程度とかなり安いお薬です。従来のフィンペシアにはキノリンイエローと言う、添加物(タール色素のコーティング剤)の一種が含まれていましたが、こちらのフィンペシア キノリンイエローフリーにはキノリンイエローは含まれておりません。より安全に使用できる新しいタイプのフィンペシアです。


<使用方法>

1日1回1錠を食後に水などで飲んでください。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、稀に肝障害や性欲減退といった症状がでることがあります。内服を止めると副作用はなくなります。


ミノキシジル(リアップ)

発毛剤や育毛剤としてのミノキシジルは日本で言うとリアップ、海外だとロゲイン等の有名な商品名で発売されているので、安心して使えるお薬としても有名で、効果が認められたAGA治療薬です。

このミノキシジルは、頭皮の血行を促進させることによる発毛促進効果があります。

髪が生える・成長する過程で欠かせないのが栄養で、頭皮の血流が改善することで、髪を生やし、伸ばすための細胞が十分に栄養を得ることができるようになるため、発毛が促進されるのです。

ミノキシジルは頭に直接塗布するタイプと内服薬(飲むタイプ)があります。

▼頭に直接塗布するタイプのミノキシジル▼

ツゲイン10%

ツゲイン10%の個人輸入

ツゲイン10(tugain)は育毛剤リアップやロゲインのジェネリック薬です。有効成分のミノキシジルが10%と、通常のリアップの10倍の量が含まれています。ジェネリック医薬品なので価格は安く、薄めて使うとさらに経済的です。

▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

▼内服薬(飲むタイプ)のミノキシジル▼

ロニタブ5mg

ロニタブ5mgの個人輸入

AGA治療薬のミノタブやロニテンのジェネリック医薬品で、同じ成分でありながら低価格で購入することができます。ミノキシジルはFDA(アメリカ食品医薬品局)でAGA治療薬として認可されているため、安心してお使いいただけます。

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジル(リアップ)は併用可能で、AGA治療において、もっとも効果の高い組み合わせと言われています。

上記で紹介したお薬以外にもAGA治療薬を閲覧する事ができます。

AGA治療薬(薄毛治療薬・育毛剤)の通販購入可能なお薬一覧

より効き目のある薬を通販で購入する時の注意点

AGA治療薬は薄毛や抜け毛治療薬として効果的な薬ですが購入の際には注意点もあるのでしっかり読んで頂きたいです。

信用出来るのは医薬品専門の通販サイト!

お薬ボックス個人輸入代行

AGA治療薬は薬局やドラッグストアではなく、病院で処方される効果的な医療品です。

サプリメントなどではなく、海外では病院で医師が処方するお薬ですのでご安心ください。

当サイトは個人輸入代行サイトで、処方箋なしに通販で購入する事ができますが、同じ治療薬を取り扱うサイトによっては、

偽薬を販売する通販サイトや品質に心配や問題があったりする場合があるようです。

また、購入しても商品が届くかなども心配な意見もあるようですが、

お薬ボックスでは高品質な正規品のみ取り扱っており、沢山の購入者の意見も届いております。

購入された大切なお薬をしっかりとお届けしますのでご安心ください。

お薬ボックス通販安心宣言

育毛サプリはAGA治療薬と併用すると効果が高まる?

今回、育毛サプリは薄毛や抜け毛改善に効果あるか、効かない理由や、より効き目がある薬を紹介しました。

育毛サプリはお薬ではないのでどうしても薬に比べると効果は薄い所は否めません。

ただし、育毛サプリはお薬ではない分、副作用が少ないと言うメリットもありますので、育毛サプリは体をサポートしてくれる栄養補助食品で長期的な目で見れば多少効果は見込めると言う観点から育毛サプリによる栄養素の補給もその予防策のひとつと捉えると良いでしょう。

また、現在、育毛の為に最も効果の高いとされているものは、フィナステリド(プロペシア)とミノキシジル(リアップ)の併用が一番効果が高いとお伝えしましたが、育毛サプリもAGA治療薬と併用して服用できるものもあります。

育毛サプリとAGA治療薬との併用はフィナステリド(プロペシア)との併用はある程度効果があるとされていますが、ミノキシジル(リアップ)との併用は同じ血行促進効果で併用するメリットが少なく、併用することで血圧を下げてしまう可能性がある為おすすめはできませんので覚えておきましょう。

育毛サプリを試したけど効かなかった・効果がなかった・本気で髪を生やしたい方はAGA治療薬へステップアップしてはどうでしょうか。

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

お薬ボックスページトップへ