お薬ボックス > お薬に関する記事 > 

不眠症を治す薬の『睡眠薬』はドラックストアで市販されている?

不眠症を治す薬の「睡眠薬」はドラックストアで市販されている?

こんにちは、お薬ボックスの丸井です。

『眠れない日が続いて睡眠不足』

『布団に入っても寝れず朝方まで起きてしまっている』

この様な状態になってしまい、日常生活に支障が出てしまっているのであれば、睡眠薬を服用する方法もあります。

その睡眠薬を入手するにしても病院に行く時間がないから、薬局やドラックストアで購入したい!

という方もいると思います。

実際にお店に行って探してみたけども、見つからなかったという方がほとんどでしょう。

今回は眠れない夜を改善する為の薬である「睡眠薬」はどこで入手できるのかについて説明していきます。

睡眠薬とは

睡眠薬とは

睡眠薬とは不眠症や眠れない状態の方に処方される薬で、睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くする効果があります。

ただし、睡眠薬は医薬品なので副作用も存在します。

睡眠薬の主な副作用としては、

『睡眠効果を翌日まで引きずってしまい、日中も眠気が取れない』

『睡眠が浅くなり疲れが取れにくい』

『寝る前の記憶が曖昧になってしまう』

『アルコールと併用した場合、効果が強すぎて危険な状態に陥る可能性がある』

などがあります。

睡眠薬は便利な薬ですが、それだけではないんです。

どうしても眠れない日々が続いていて精神的に不安定になる前の対処薬として利用したり、うつ病などの気分障害によって眠れず、情緒不安定になりがちな場合に利用される薬です。

睡眠薬が必要がパターンとは

睡眠薬が必要がパターンとは

睡眠薬が必要とされるパターンとは、人によって異なってきます。

仕事や人間関係などで不安感を感じてしまい、そのことが頭から離れず、なかなか寝付けない日々が続いており、気落ちしてしまっている。

ストレスで身体が緊張状態になってしまい、寝付けない。

このように精神的に不安定な状態から寝付けない日々が続いていると、うつ病の原因になってしまう事があります。

うつ病は女性であれば5人に1人、男性は10人に1人が経験する事のある病気です。

うつ病になってしまうと、情緒不安定になり、仕事や人間関係などで上手くいかなくなってしまい、日常生活に支障が出てしまったりもします。

そうならない為にも、十分な睡眠は必要になってきます。

不眠症の原因

不眠症の原因

不眠症は日常生活に支障が出てしまうもので、日中のパフォーマンスが約3割ダウンしてしまうとされています。

そんな不眠症の原因とは何なのか?

◆心理的ストレス

◆体内のリズムが乱れている

◆睡眠環境が不適切

◆刺激物の服用

◆加齢による睡眠機能の低下

などがあります。

関連記事

緊張を薬で抑える!あがり症や多汗症に効く薬は通販で購入できる!

心理的ストレス

心理的ストレス

重要な仕事やイベント事などで翌日の事を考えすぎてしまい、不安から緊張状態になり寝付けない。

寝よう寝ようと意識しすぎてしまい、眠れなくなってしまう。

睡眠前の精神状態が安定せず、心理的にストレスを感じている状態は、良質な睡眠を妨げてしまう原因になります。

関連記事

不眠症は薬で改善できます!仕事のストレスで眠れない時の解決方法!

体内のリズムが乱れている

体内のリズムが乱れている

日中や夜勤など仕事の時間が不規則であったり、時差などで生活リズムが安定しないと体内のリズムが乱れてしまう原因になります。

体内のリズムを整えるためには、日中の光を浴びたり、体に良い食生活、適度な運動をすることも重要になってきます。

睡眠環境が不適切

睡眠環境が不適切

就寝する際に部屋の光が強かったり、温度や湿度が適していなかったり、気になってしまうような臭いがするものがあったり、睡眠を妨げるような音がしていたりするような環境はあまり良いとされていません。

しっかりと睡眠をとるには、睡眠に適した環境を整えることも重要です。

刺激物の服用

刺激物の服用

コーヒーや紅茶、お茶などのカフェインを含む飲み物や煙草(たばこ)に含まれるニコチンなどは覚醒作用があるため、就寝前には摂取しない事が大切です。

特にカフェインは就寝の6時間目に摂取した場合でも、睡眠の妨げになるとされています。

十分な睡眠がとれないのであれば、コーヒーや紅茶、お茶などのカフェインは日中だけにするのが良いでしょう。

加齢による睡眠機能の低下

加齢による睡眠機能の低下

加齢により身体機能が低下することで、睡眠時の筋緊張が低下し、無呼吸症候群となることがあります。

また、睡眠中に頻尿気味で何度も起きてしまうなどで、睡眠が満足に取れずストレスを感じ、不眠症となってしまう事があります。

睡眠薬は薬局などで市販されている?

睡眠薬は薬局などで市販されている?

睡眠薬が欲しいけど、病院に行く時間がなかったり、めんどくさいと感じて薬局やドラックストアで手軽に購入したい。

という方もいると思います。

睡眠薬は薬局やドラックストアでも購入することが出来ます。

ですが、薬局やドラックストアなどで市販されているものは、第2類医薬品なので、専門の薬剤師との相談の上で処方される薬になります。

では、どんな睡眠薬があるのでしょうか?

薬局やドラックストアで取り扱いのある睡眠薬

薬局やドラックストアで取り扱いのある睡眠薬

薬局やドラックストアで取り扱いのある睡眠薬はどのようなものがあるのでしょうか?

【有効成分がジフェンヒドラミン塩酸塩の薬】

◆アンミナイト

◆スリーピン

◆ドリエル

◆ドリエルEX

◆ナイトロンS

◆ナイフル

etc…

【有効成分が漢方系】

◆イララック

◆イララックa

◆奥田脳神経薬

◆パンセダン

◆リラクモア

etc…

などがあります。

睡眠薬の『市販品』と『病院処方』の違い

睡眠薬の『市販品』と『病院処方』の違い

市販されている睡眠薬と病院で処方される睡眠薬では何が違うのでしょうか?

薬局やドラックストアで睡眠薬・睡眠導入剤は販売していますが、病院で処方されるものとは別物になります。

市販されている睡眠薬は薬の副作用を逆手に取ったものなので、依存性はありませんが、薬代は高いです。

また病院で処方されるような薬はハルシオンやマイスリーなどの薬が有名ですが、薬代は市販のものと比べ安いです。

近年ではハルシオンの代わりとなる睡眠薬としてバスピンやバスパージェネリックなどがありますが、価格差は2倍以上あります。

市販されている薬のドリエルは6錠や12錠

ハルシオンの代わりのバスピンは100錠

この2つの価格差は殆どありません。

睡眠薬が欲しいのであれば病院などで処方されるような薬をオススメします。

関連記事

睡眠薬ほしいけどハルシオンは入手不可…通販で買える代わりの代替薬!

病院処方の睡眠薬の入手方法

病院で処方されるような薬が欲しいけども、病院に行く時間がないという方でも入手する方法はあります。

それは医療を専門とした通販サイトになります。

本来、医療を専門とした通販サイトは病院で処方されていた薬を、再度購入する時間がない方のためにありますが、新規で購入することも出来ます。

ですが、薬には副作用がありますので用量や用法はしっかりと守るようにしましょう。

睡眠薬を通販で購入を検討している方への注意点

睡眠薬は不眠症に効果的な薬ですが注意点もあるのでしっかり読んで頂きたいです。

信用出来るのは医薬品専門の通販サイト!

睡眠薬を通販で購入を検討している方への注意点

睡眠薬は不眠症に効果的な医療品です。

当サイトは個人輸入代行サイトで、処方箋なしに購入する事ができますが、同じ睡眠薬を取り扱う通販のサイトによっては、偽薬を販売する通販サイトや品質に心配があったり、問題があったりする場合があるようです。

また、購入しても商品が届くかなども心配な意見もありますが、お薬ボックスでは高品質な正規品のみ取り扱っており、沢山の購入者の意見も届いております。購入された大切なお薬をしっかりとお届けしますのでご安心ください。

お薬ボックス

睡眠薬を購入

睡眠薬ハルシオンの代わりのバスピン

buspin

バスピン(buspin)は、抗不安薬・睡眠薬・精神安定剤として使用できるお薬です。有効成分ブスピロンは世界でも年間何百億円もの売上がある薬で、いわゆる人気のブランド薬という位置づけになります。

▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

バスパージェネリック5mg(buspon)

buspon5mg

バスパージェネリック5mg(buspon)は不眠症の方が睡眠薬(睡眠導入剤)として使用したり、抗不安薬が必要な方々に、デパスの代わりになる薬と言う事で需要があります。

セルティマ(sertima)25mg/50mg /100mg

sertima

心を安定させ、不安や緊張、夜眠れないといった精神の不調を治療します。

まとめ

いかがだったでしょうか?

病院で処方されるような「睡眠薬」は市販されていないです。

また市販されている睡眠薬は1錠あたりの値段が高いものとなっておりますが、医療を専門とした通販サイトで購入すれば安く済ませて病院で処方されるような薬を入手することが出来ます。

不眠症は精神状態を安定させることが難しくなってしまうので、早期的治療を行うことがベストです。

快適な睡眠を手に入れるために早めの構想を意識していきましょう。

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

お薬ボックスページトップへ