お薬ボックス > news > 

グラッシュビスタは通販で購入可能?価格が安いジェネリックもあります!

グラッシュビスタは通販で購入可能?価格が安いジェネリックもあります!

日本で初めてまつ毛を生やす薬として厚生労働省から認可された「グラッシュビスタ」は通販で購入可能?

残念ながらグラッシュビスタは医師の診察が必要な処方薬で通販で購入はできません。

しかし、「まつ毛を伸ばす・増やす・太くする薬」には他にも種類があり、そちらは個人輸入と言う形で通販で購入する事が可能です。

通販で購入できるまつ毛美容液では、驚く事にグラッシュビスタを開発した同じ会社が同成分で違う名前で販売している商品もあります。

他にも同成分のジェネリック医薬品だと価格が3分の1以下で購入可能な、価格も安いお薬もあるんです!

通販で購入する際に心配になる事や知らなきゃ損をする情報もわかりやすくまとめますので是非最後までご覧ください。

ルミガン0.03%

ルミガンの個人輸入

ルミガンはグラッシュビスタと同じアラガン社が開発したまつ毛美容液です。グラッシュビスタと同じ有効成分ビマトプロストを使用していますが通販で安く購入可能です。

現在セール中!

睫毛貧毛症治療薬グラッシュビスタとは

グラッシュビスタ

グラッシュビスタとは主成分がビマトプロストと言う成分の睫毛貧毛症治療薬(まつ毛が少ない人の治療薬)です。

その安全性が認められ、正式に日本の厚生労働省からの認可を受けている「まつ毛を伸ばす・増やす・太くする薬」です。

グラッシュビスタの購入方法は、現在日本の皮膚科や美容外科のクリニックで診断を受けると処方されています。

厚生労働省の認可は受けていますが、保険適用はされない為、5ml入りで1万円~2万円とやや高く、通販で購入したくても購入する事はできない処方薬です。

グラッシュビスタと他のまつ毛美容液やジェネリックの違い

まずグラッシュビスタは「まつ毛を伸ばす・増やす・太くする薬」ですが、

グラッシュビスタを語る上で「ラティース(Latisse)」、「ルミガン(lumigan)」は必ず覚えておきましょう。

ルミガン

上記はルミガンの画像です。グラッシュビスタそっくりです。

また、その「ルミガン」のジェネリック医薬品の「ケアプロスト(careprost)」、「ビマトアイドロップ(bimat)」がありますが、こちらは余裕があったら覚えておきましょう。

実はこの4つはグラッシュビスタと同じ「まつ毛を伸ばす・増やす・太くする薬」なんです。

この代表的な4つのまつ毛美容液ラティース、ルミガン、ケアプロスト、ビマトアイドロップと、今回のメインである「グラッシュビスタ」の違いを有効成分、効果、副作用、使い方など様々な違いを徹底的に比較します。

グラッシュビスタとラティース、ルミガン、ケアプロスト、ビマトアイドロップの違いを比較

有効成分はビマトプロスト

まずは有効成分の比較です。

グラッシュビスタの主成分はビマトプロストです。成分規格は0.03%です。

比較する4つのまつ毛美容液も全て同じビマトプロストです。成分規格は全て同じ0.03%です。

グラッシュビスタとの成分の違い
薬名 有効成分
グラッシュビスタ ビマトプロスト0.03%
ラティース ビマトプロスト0.03%
ルミガン ビマトプロスト0.03%
ケアプロスト ビマトプロスト0.03%
ビマトアイドロップ ビマトプロスト0.03%

おわかりでしょうか?

有効成分が全く同じと言う事は、「グラッシュビスタ」と同じくまつ毛が生える効果があるお薬と言う事です。

実際に効果の違いや副作用はあるのか、更に詳しく解説します。

グラッシュビスタとの効果の違いは?

次に効果の比較です。

こちらはルミガンを開発したアラガン社がまつ毛の密度や長さなど、どれくらいの効果が現れるか行った検証臨床実験の結果です。

ルミガンの被験者から16週間で80%以上に変化が現れたという例があったようです。

まつげの長さ25%、色の濃さ18%、密度106%アップという驚くべき効果を実証したそうです。

ルミガン効果

グラッシュビスタとの副作用の違いは?

次に副作用の比較です。

グラッシュビスタの主な副作用は販売元のアラガン・ジャパンの公式サイトによると

・色素沈着(メラニンの増加によりまぶたが黒ずむ)

・かゆみや不快感(まぶたのかゆみ、目がしみる、目のかゆみ、目の痛み)

他にも日本人を対象とした臨床試験では報告されていないと記載がありますが、

・虹彩色素過剰(黒目(虹彩)の色が濃くなる)

・眼瞼溝深化(まぶたがくぼむ)

・眼瞼色素沈着(眼の周りが黒ずむ)

などの症状がある可能性があると記載がありますがした。これはルミガンも同じような副作用が起こる場合があります。

ただし、ルミガンの説明では副作用は割合でいうと全体の3.8%と少ないので安心して使用できると思います。

グラッシュビスタの使い方はジェネリックでも同じ

最後に使い方の比較です。

以前まつ毛美容液ルミガンの塗り方・使い方を画像や動画付きで解説!でも説明しましたが、

1.メイクを落として洗顔後する(コンタクトレンズも外す)

2.まぶたにははみ出しに備え、クリームなどを塗っておく

3.ルミガンを1日1回左右1滴ずつ、綿棒でも可能だが専用のアプリケーターを使う方がおすすめ

ルミガン使い方1

4.下まつ毛には使わない。

ルミガン使い方2

5.万が一ルミガンがまつ毛以外についたらテッシュで拭きとる

ルミガン使い方3

▼動画▼

出典:youtube

グラッシュビスタや他のまつ毛美容液も使い方は全く同じです。

グラッシュビスタと他のまつ毛美容薬を比較した結果

いかがでしたか?

グラッシュビスタと類似する4つのまつ毛美容液、ラティース、ルミガン、ケアプロスト、ビマトアイドロップを比較した結果、成分や効果や副作用や使い方まで同じなのがわかったと思います。

「しかし、なぜこんなにも同じなんでしょうか?」

グラッシュビスタと他のまつ毛美容液の違い

その答えを解説します。

実はラティース、ルミガンを開発した会社はアメリカのアラガン社(グラッシュビスタと同じ)なんです。

また「ラティース」、「ルミガン」、も米国食品医療薬品局FDA(アメリカの厚生労働省)から認可を受けている安全性の高いお薬なんです。

ルミガンは元々緑内障の治療薬として開発され、副作用としてまつ毛が多毛化したという歴史がありますが。

要するに、グラッシュビスタは元々アメリカで「ラティース」や「ルミガン」言う名前で販売しており、それを日本で厚生労働省から認可を受ける為にアラガン・ジャパンが商品名を変え、「グラッシュビスタ」として販売を始めたという訳です。

日本では「まつ毛治療薬=グラッシュビスタ」として有名ですが、海外では「ラティース」や「ルミガン」の方が歴史があり有名なお薬なんです。

そして「ケアプロスト」、「ビマトアイドロップ」は「ルミガン」のジェネリック医薬品としてインドの製薬会社が開発したお薬です。

▼比較まとめ▼

・グラッシュビスタ

まつ毛を生やす治療薬として日本の厚生労働省認可

開発はアラガン社

・ラティース

まつ毛を生やす治療薬としてアメリカ食品医療薬品局FDA認可

(日本では未承認)

開発は同じアラガン社

・ルミガン

緑内障治療薬としてアメリカ食品医療薬品局FDA認可(同じ成分なのでまつ毛は生える)

(日本でも緑内障治療薬としては認可)

開発は同じアラガン社

・ケアプロスト、ビマトアイドロップ

ルミガンのジェネリック医薬品(同じ成分なのでまつ毛は生える)

(日本では未承認)

開発はインドの製薬会社

▲上記がわかればもう一人前です!▲

グラッシュビスタと他のまつ毛美容液はほぼ効果は同じですが、上記以外にある決定的で最大の違いがあります!

それはお薬の価格です!これが最大の違いと言っても過言ではないでしょう!

グラッシュビスタの価格は高い

グラッシュビスタとルミガンやジェネリックでは価格が全然違う

ここからが最重要です!

通販で購入する際、重要になってくるのが価格ですが、価格は大きく違います!

グラッシュビスタと他のまつ毛美容液の価格の違い
薬名 有効成分
グラッシュビスタ 15,000円程度
ラティース 13,000円程度
ルミガン 6,000円程度
ケアプロスト 4,500円程度
ビマトアイドロップ 4,000円程度

このように価格は大きな違いがあります。

ちなみに我々、お薬ボックスなど医療品専門の海外の個人輸入代行で取り扱いがあるのは「ルミガン」、「ケアプロスト」、「ビマトアイドロップ」です。

まつ育ブームにより、まつ毛美容液は人気が上がってきているのでお客様のニーズに答える為、セール価格で購入できます。

グラッシュビスタよりも通販で安く購入できる

ルミガン0.03%

ルミガンの個人輸入

ルミガンはグラッシュビスタと同じアラガン社が開発したまつ毛美容液です。グラッシュビスタと同じ有効成分ビマトプロストを使用していますが通販で安く購入可能です。

現在セール中!

ケアプロスト0.03%

ケアプロストの個人輸入

ケアプロストはルミガンのジェネリック医薬品でグラッシュビスタと同じ成分ビマトプロストを配合されています。インドの製薬会社によるジェネリック医薬品なのでルミガンより更に低価格で購入が可能です。

ビマトアイドロップ0.03%

ビマトアイドロップの個人輸入

ビマトアイドロップはルミガンのジェネリック薬です。グラッシュビスタと同成分でジェネリック医薬品の中では一番コストパフォーマンスが高いまつ毛美容液です。

グラッシュビスタを通販で購入する時の注意点

グラッシュビスタ同等のまつ毛美容液は効果的な薬ですが購入の際には注意点もあるのでしっかり読んで頂きたいです。

信用出来るのは医薬品専門の通販サイト!

お薬ボックス個人輸入代行

グラッシュビスタは睫毛貧毛症治療薬と言う分類の処方薬なので薬局やドラッグストアではなく、病院で処方される効果的な医療品です。

サプリメントなどではなく、海外では病院で医師が処方するお薬ですのでご安心ください。

当サイトは個人輸入代行サイトで、処方箋なしに通販で購入する事ができますが、同じ治療薬を取り扱うサイトによっては、

偽薬を販売する通販サイトや品質に心配や問題があったりする場合があるようです。

また、購入しても商品が届くかなども心配な意見もあるようですが、

お薬ボックスでは高品質な正規品のみ取り扱っており、沢山の購入者の意見も届いております。

購入された大切なお薬をしっかりとお届けしますのでご安心ください。

お薬ボックス通販安心宣言

グラッシュビスタのメリット・デメリット

最後になりますが、グラッシュビスタは日本の厚生労働省から認可を受けた安心感のある「まつ毛を伸ばす・増やす・太くする薬」なので『安心感』と言うメリットは大きいお薬です。

しかも、医師の指導の元、安心して使用できのはうれしいですが、しかし、『処方が必要なので薬局では買えない』、『通販で購入できない』、『価格が高い』などをデメリットに感じている方も多いようです。

ルミガンなどもアメリカの厚生労働省(米国食品医療薬品局FDA)に認可された安心して使用できるお薬ですし、日本国内でも処方されているお薬です。

またルミガンのジェネリックであるケアプロストやビマトアイドロップも海外では当たり前に使用されているれっきとしたお薬なので、グラッシュビスタを使うハードルが高い方に選ばれていますよ。

まず、同じ効果が期待でき、価格の安いルミガンやケアプロストやビマトアイドロップを使ってみて、グラッシュビスタを病院で処方してもらうのはいいかもしれませんね!

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

ページ先頭に戻る