お薬ボックス > news > 

風俗性病ランキングや危険な行動!バレず治すお薬一覧!

風俗での性病リスク

風俗店にはソープ・デリバリーヘルス・ピンサロ・オナクラなど様々な性的サービスを行うお店が多岐に渡る、風俗の業態ですが、気になるのがやはり性病(性感染症)ですよね。

風俗店においての一番かかりやすい性病は何か、そのランキングや、性感染症になるリスクある行動、独断と偏見で選ぶ危険なお店ランキングなども踏まえながら、もし万が一、性病になった時のお薬や行くべき病院やお薬など治療方法もわかりやすくまとめます。

風俗嬢の方や風俗店がお好きな男性にはきっと役立つ情報だと思います。

ページの後半では性病になった場合に病院に行かずに誰にもバレずに治療する方法も掲載しますので、是非最後まで読んでみて下さい。

風俗嬢・男性ともにかかるリスクの高い性病は?

まず風俗嬢はどの位の人口がいる?

お薬ボックスの調査によると、全国風俗環境浄化協会には性風俗産業の届出件数が掲載されており、全国のデリバリーヘルス店舗数は約19,297軒と言われており、『約2万店に風俗嬢各15名在籍』と仮定すると、

2万店×15人=30万人

日本の風俗で働く女性(風俗嬢)は約30万人です。

(ネット上を色々と調べましたが、およそ30万人じゃないかと掲載してる所も多い模様です。)

日本人口

総務省の資料

日本の人口、約1億3千万人で女性人口は約6500万人と発表されており、

風俗店で働いている年齢層「18歳~40歳」だとすると約1300万人。

1300万人÷30万人=43人

単純計算すると約43人に1人の女が風俗店で働いている計算になります。

もちろん、在籍風俗嬢が15人に満たない店舗もあるとは思いますし、都市圏や郊外によっても異なるので一概には言えないかもしれませんが、

調べていて、「うぉい!!こんなに風俗嬢は多いのかよ!!」と驚きましたが、計算上はこのような結果にするとこのような結果に。。

(確かに前に指名したあゆみちゃんは清楚系の現役大学生タイプで、見た目は全く風俗嬢には見えないし、キャバクラなどならまだしも、ゴリゴリの風俗店で働いている事は隠す女性が多そうだし、あながち間違いでもないのかな。)

この項目で何を伝えたいかと言うと、

意外にも自分の身近に「風俗店の経験者」がいるかもしれないと言う事

そして性病(性感染症)は自分の身近に存在すると言う事です!

なので

男性読者の方で「俺は風俗には行かないから性病は大丈夫」と思っている方

女性読者の方で「私は彼氏としかエッチしないから性病は大丈夫」と思っている方

注意が必要です!極端に言えば、彼氏には元風俗嬢だった元カノ、彼女には風俗好きだった元カレ、今までのSEXした相手の誰かが性病だったとしたら・・・。

性病は決して人ごとではないんですね!

性病はひとごとではない

それでは、自分と意外と身近な性病(性感染症)で風俗に行くとかかりやすい性病の種類について掲載します。

風俗でかかりやすい性病は?

クラミジア感染者

厚生労働省の資料より上記のグラフを見てもらえばわかる通り、日本における性病(性感染症)の統計です。

ダントツで多いのがクラミジアですね。続いて多いのが、淋病、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ。

数は少ないものの、梅毒やHIVなど恐ろしい病気も。

性病(性感染症)ではないものの、女性には多い、膣カンジダも性行為で感染する可能性もあります。

これは風俗嬢のみを対象にとったデータではありませんが、日本で多い性病で感染する確率は高い性病なので頭に入れておきましょう。

続いてそれぞれの性病の症状や感染の可能性がある風俗店で受けるサービスを掲載していきます。

風俗で感染しやす性病ランキングやその確率は?

1位 クラミジア

クラミジア(クラミジア感染症)は、日本で最も感染者数の多い性病(性感染症)として知られており、ある調査では10代~20代の10人に1人が感染していると言われる程です。

男性の5割、女性の8割はクラミジアに感染しても明確な自覚症状がないために、クラミジア感染に気がつかないことも多いようです。

感染する恐れのある風俗でのサービス

  • ・ディープキス
  • ・フェラチオ
  • ・クンニ
  • ・素股

感染する恐れのある風俗店の業態

  • ・ソープ
  • ・ヘルス
  • ・ピンサロ
  • ・ディープキスが可能なオナクラやおっぱいパブなどセクキャバ

カンジダは日本で最も多い性病ですし、風俗で一番感染しやすい性病です。

ディープキスやフェラチオやクンニなどのオーラルセックスでも感染する可能性があり、風俗店では全てがコンドーム未使用でも受けられるサービスです。

オーラルセックスでも感染する事から、性器クラミジアに感染している女性の10~20%は、咽頭からもクラミジアが検出されたとの報告もあります。

保菌者との感染率は、50%以上と非常に高い確率で感染する性病で、風俗嬢やお客ともにリスクがある性病と言えます。

【アジー250mg/500mg/1000mg】

クラミジア飲み薬

アジーはクラミジアを1回飲むだけで治す事ができ、気軽で非常におすすめです。ジスロマックと同効果の抗生物質の飲み薬で安価なジェネリック医薬品です。

アジーの価格を通販で見てみる

もっとクラミジアについて知りたい方は「クラミジア治療は1回で治る飲み薬ジスマロックがおすすめ!

2位 淋病

クラミジアに続き日本でも感染者の多いのが淋病(淋菌感染症)です。

クラミジアと違い、男性の場合は95%という高確率でトイレで小便を出すときに尿道に痛みを感じたり、尿道から膿のような分泌物が排出します。ただし女性の場合は男性の場合と真逆でなんと感染しても80%の人が何の自覚症状も感じません。

感染する恐れのある風俗でのサービス

  • ・ディープキス
  • ・フェラチオ
  • ・クンニ
  • ・素股

感染する恐れのある風俗店の業態

  • ・ソープ
  • ・ヘルス
  • ・ピンサロ
  • ・ディープキスが可能なオナクラやおっぱいパブなどセクキャバ

淋病もクラミジア同様にオーラルセックスで感染する可能性があります。

保菌者との感染率は、30~50%と非常に高い確率で感染する性病で、風俗嬢やお客ともにリスクがある性病と言えます。

【クラビット・ジェネリック】

淋病飲み薬

クラビットジェネリックは淋病の治療薬として知られる抗生物質です。クラミジア治療薬のジスマロックジェネリック(アジー)と共に人気があります。

クラビット・ジェネリックの価格を通販で見てみる

もっと淋病について知りたい方は「淋病(淋菌)の症状や薬で完治させる方法

3位 膣カンジダ

続いて膣カンジダ(カンジダ膣炎)です。

「膣カンジダ」と言う名前ですが、カンジダ菌と呼ばれる真菌(カビの仲間)が特に膣の中で増えたために病名に膣がついていますが、もちろん男性もカンジダになりますし手や足で発症することもあります。

カンジダ菌は元々人間の体内に常在している菌で、主に自己感染による発症が多いですが、男性にも性行為を通じてカンジダ菌が感染します。

感染する恐れのある風俗でのサービス

  • ・キス
  • ・ディープキス
  • ・フェラチオ
  • ・クンニ
  • ・素股

感染する恐れのある風俗店の業態

  • ・ソープ
  • ・ヘルス
  • ・ピンサロ
  • ・ディープキスが可能なオナクラやおっぱいパブなどセクキャバ

カンジダ禁もオーラルセックスで感染します。ただし、カンジダ症の場合、風俗店などではお風呂や消毒で大部分を防ぐ事ができますが、可能性はあると言う事は覚えておきましょう。

保菌者との感染率は、10~30%と低めですが、カンジダ菌は元々人間の体内に常在している菌で自然発生する事から感染の確率は高いとさせてもらいました。

【ダイフルカン・ジェネリック200mg】

カンジダ膣炎治療薬

ダイフルカン・ジェネリックは抗菌薬ダイフルカンのジェネリック医薬品です。カンジダなどの真菌(カビ菌)感染症に効果がある抗生物質です。カンジダは再発が多い病気なので薬価が安く人気があります。

ダイフルカン・ジェネリックの価格を通販で見てみる

もっと膣カンジダについて知りたい方は「膣カンジダの治療には市販薬よりも効く「飲み薬」がある!カンジダを繰り返さない為の方法

4位 性器ヘルペス

続いて性器ヘルペスです。ヘルペスウイルスというウイルスによって引き起こされる感染症のことで、唇や性器、手など体の各所に水ぶくれができて痛い、というのが主な症状です。

上位3つと違い、見た目で水膨れができている事が確認できる為、防ぎやすい性病です。

感染する恐れのある風俗でのサービス

  • ・キス
  • ・ディープキス
  • ・フェラチオ
  • ・クンニ
  • ・素股

感染する恐れのある風俗店の業態

  • ・ソープ
  • ・ヘルス
  • ・ピンサロ
  • ・ディープキスが可能なオナクラやおっぱいパブなどセクキャバ

ヘルペスもオーラルセックスで感染します。ただし、唇や性器に見た目で水膨れなどの症状が確認できる為、防ぎやすいと言えば防ぎやすいです。

保菌者との感染率は、20~40%ですが、唇や性器に見た目で水膨れや強い痒みや痛みなどの自覚症状が確認できる為、病院に言ったり治療する人も多く防ぎやすいと言えば防ぎやすいのでこの順位にさせて頂きました。

【バルシビル1000mg】

ヘルペス飲み薬

バルシビル1000mgはヘルペスウイルスに効く飲み薬です。ヘルペス治療で有名なバルトレックスのジェネリック医薬品の抗生物質で安価で入手でき人気があります。

バルシビルの価格を通販で見てみる

もっとヘルペスについて知りたい方は「ヘルペスを一番早く治す方法!症状や再発しないために!

風俗で性病(性感染症)になるリスクの高いお店ランキング

前項目で風俗でかかりやすい性病や風俗店の業態や性病になる可能性があるサービス内容についてお話しましたが、

オーラルセックスでもどの性病も感染する事がわかったと思います。

その中でも、性病になりやすい風俗はどこなのかお話ししたいと思います。

ソープ・ヘルス・ピンサロ…一番性病になりやすい風俗は?

風俗店とひとくくりに言ってもソープ・ファッションヘルス(デリヘル)・ピンサロ・オナクラなど様々な業態がありますが、

オーラルセックスでも性病は感染してしまう為、どの業態でも性病にかかるリスクはあると言う事は知っておいた方がいいですね。

お店の性病に対する管理体制や風俗嬢がしっかりと性病を意識しているかが大事なので一概にどのサービスが一番危険かは断言できません。

ここからはあくまでも個人的な考えとして聞いて頂ければと思います。

風俗で危険なお店を独断と偏見で選ぶランキング

風俗で危険なお店を独断と偏見で選ぶリスクランキング

危険度★★★★★ 違法店

理由:最近はあまり見られないですが、いわゆる本番行為を行う風俗店です。外国人風俗嬢も多く、しっかりと運営している風俗店より管理もずさんな事が多いです。

危険度★★★★☆ ピンサロ

理由:セット料金が大体30分2回転なので1日に嬢が相手にするお客さんが多い。ヘルスなどと違い裸になる必要もない為、働く事に抵抗がない女性も割と多く、性病に対するリスクも軽く考えている女性が多い。

危険度★★★☆☆ ヘルス

理由:ヘルスとひとくくりに言っても出張デリヘルやイメクラやコンセプトヘルスなどお店数が多く、在籍する女性も多い。店の規模は大小様々、もちろん性病に対する管理をしっかりしているお店もあると思います。地方の値段の安いお店は特に注意が必要な気が。

危険度★★☆☆☆ ソープ

理由:ソープには高級店も多く、料金も高いのでお店の管理体制はしっかりとしていそうです。お風呂で行うサービスもある為、衛生面でも他の業種に比べても高そう。

危険度★★☆☆☆ オナクラやおっぱいパブ

理由:フェラチオやクンニなどはできず、感染で多い粘膜接触が少ない。しかし説明した通り、キスやディープキスなどでも性病は感染する為油断は禁物。

※あくまでも独断と偏見で選んでいます※

風俗でうった性病は市販薬で治療できる?

風俗で感染してしまった性病を治療する抗生物質は日本では市販されていません。

性病治療の抗生物質は市販されていない

薬局やドラッグストアでは販売されていないお薬です!

いわゆるお医者さんに処方してもらわなければ手に入らない処方薬と呼ばれる類のお薬ですので、性器なら泌尿器科(男性)や婦人科(女性)を訪ねましょう。

性病治療は病院で治療するのが一番おすすめですが、それぞれの理由があり、なかかな病院には行きずらいと思っている人は多いようです。

かと言って、性病(性感染症)は放置しても治る事はありません。

性病を放置して、重症化する場合もあるのでしっかり抗生物質で治療しましょう!

病院には行きずらいと悩んでいる方などに、当サイト、お薬ボックスのような医療品専門の個人輸入代行の通販サイトが選ばれていますよ!

ただし、通販で性病(性感染症)に効くお薬を購入する際は気をつけるべき事があります。

風俗で性病にかかった時に薬を個人輸入する際の注意点

クラミジアの治療薬は効果的な薬ですが、個人輸入で購入の際には注意点もあるのでしっかり読んで頂きたいです。

信用出来るのは医薬品専門の通販サイト!

お薬ボックス個人輸入代行

今回紹介したクラミジアに有効な飲み薬は薬局やドラッグストアではなく、病院で処方される効果的な医療品です。

サプリメントなどではなく、海外では病院で医師が処方するお薬ですのでご安心ください。

当サイトは個人輸入代行サイトで、処方箋なしに通販で購入する事ができますが、同じ治療薬を取り扱うサイトによっては、

偽薬を販売する通販サイトや品質に心配や問題があったりする場合があるようです。

また、購入しても商品が届くかなども心配な意見もあるようですが、

お薬ボックスでは高品質な正規品のみ取り扱っており、沢山の購入者の意見も届いております。

購入された大切なお薬をしっかりとお届けしますのでご安心ください。

お薬ボックス通販安心宣言

風俗でもらった性病を病院に行かずバレずに治す方法

風俗で性病に感染してしまった場合、本来は泌尿器科(男性)や婦人科(女性)に行く事をおすすめしますが、

性病になる度に何度も病院に行くのは抵抗がある、性病予防をしたいと言う方には個人輸入は人気があります。

それぞれの性病に効くお薬を紹介します。

クラミジア・淋病治療に効く人気の飲み薬

【アジー250mg/500mg/1000mg】

クラミジア飲み薬

アジーはクラミジアを1回飲むだけで治す事ができ、気軽で非常におすすめです。ジスロマックと同効果の抗生物質の飲み薬で安価なジェネリック医薬品です。

アジーの価格を通販で見てみる

【クラビット・ジェネリック】

淋病飲み薬

クラビットジェネリックは淋病の治療薬として知られる抗生物質です。クラミジア治療薬のジスマロックジェネリック(アジー)と共に人気があります。

クラビット・ジェネリックの価格を通販で見てみる

膣カンジダ治療に効く人気の飲み薬

【ダイフルカン・ジェネリック200mg】

カンジダ膣炎治療薬

ダイフルカン・ジェネリックは抗菌薬ダイフルカンのジェネリック医薬品です。カンジダなどの真菌(カビ菌)感染症に効果がある抗生物質です。カンジダは再発が多い病気なので薬価が安く人気があります。

ダイフルカン・ジェネリックの価格を通販で見てみる

ヘルペス治療に効く人気の飲み薬

【バルシビル1000mg】

ヘルペス飲み薬

バルシビル1000mgはヘルペスウイルスに効く飲み薬です。ヘルペス治療で有名なバルトレックスのジェネリック医薬品の抗生物質で安価で入手でき人気があります。

バルシビルの価格を通販で見てみる

この記事では紹介しきれなかった他の性病に効く飲み薬も取り扱っています。

性病薬(STD)・抗生物質の医薬品通販商品リスト

最後に風俗嬢の女の子もお客も体は大切に

体は大事にしましょう

今回、風俗で感染する性病の種類やリスクやもし性病に感染した時に効く薬一覧を紹介し、病院に行かずバレずに治療方法もお伝えしましたが、

性病のリスクがあるとは知りながらも、それでも風俗を利用する方も多いと思います。(非常にわかりますよ、その気持ち)

性病にかかるリスクが高いと思う方は性病予防や性病になった時にすぐ対処できるように個人輸入でお薬を購入する人も増えてきているようです。

今回紹介した事は、風俗嬢の女の子のみならず、一般の男女の性行為でも同様に性病のリスクがある事は知っておきましょう!

「風俗でプレイ前にお風呂に入るし、消毒もする、プレイ中はコンドームを使用してるから大丈夫」

と過信している人も多いですが、消毒しても性病には感染しますし、日本の風俗では基本のキスやディープキス、生でのフェラチオやクンニなどのオーラルセックスでも性病は感染するんです!

最後になりますが、

風俗に関わるお仕事をしている方や、風俗を利用した経験がある方は、自覚症状がないだけですでに性病にかかっている可能性があり、もし性病にすでにかかっているとしたら、しっかり治療が必要です。

自身の大切な体ですし、自分のみならず、本命の彼女や彼氏、妻や夫に知らない内にうすしてしまう事もあるので、自分の体を大事にしてあげましょうね!

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

ページ先頭に戻る