お薬ボックス > news > 

円形脱毛症の治療に塗り薬は効果ないって本当?効果的な治療薬とは?

円形脱毛症の治療に塗り薬は効果ないって本当?効果的な治療薬とは?

こんにちは、お薬ボックスの丸井です。

円形脱毛症の治療をしたいけど、塗り薬と飲み薬どっちがいいのか分からない。

また飲み薬だと体内に取り入れないといけないから、体内に取り入れないで済む、塗り薬にしたいけど効き目が不安。

今回は塗り薬と飲み薬の違いと、塗り薬の効果について説明していきたいと思います。

円形脱毛症の原因とは

円形脱毛症の原因として考えられるのがストレスや自己免疫疾患、遺伝的要因とされています。

◆ストレスが原因の場合

円形脱毛症の原因とは

主に、ストレスによって自律神経は乱れ、緊張し血管が収縮することから血液が毛根に回らず脱毛症状を起こすとされています。

ストレスを感じて直ぐに円形脱毛症が発症するわけではなく、時間差があります。

実際に円形脱毛症が起きているときはストレスを感じていないなんてこともあります。

◆自己免疫疾患が原因の場合

自己免疫疾患が原因の場合

円形脱毛症の原因として一番あり得るとされているものとなります。

体内に入ってきた細菌やウイルスなどから身体を守る為に、自己免疫に異常が起きます。

そして『毛母細胞』という髪の毛として成長する細胞を攻撃して円形脱毛症を引き起こすとされています。

自己免疫に異常が起こる要因は何なのかは判明していませんが、ストレスや不規則な生活リズムが原因とされています。

◆遺伝的要因が原因の場合

遺伝的要因が原因の場合

円形脱毛症は遺伝すると言われていますが絶対ではありません

ですが、症状を発症しやすい体質は遺伝しているので、円形脱毛症の対策は出来るようにしておきましょう。

また遺伝の可能性がある場合は、円形脱毛症のが治ったのに再発してしまう

というようなループが続いてしまったり、家族内に同じような症状を患っている。

全頭型の円形脱毛症の発症は遺伝が原因の可能性が高いとされています。

円形脱毛症の特徴

円形脱毛症の特徴

円形脱毛症とは、頭部に十円玉サイズの脱毛症状が起こる自己免疫病の1種となっています。

また症状が重度なものとなった場合は、頭部全体に広がって症状が起こる事もあれば、眉毛やまつ毛、体毛などに及ぶ場合もあります。

円形脱毛症の特徴はいくつかあり、初期症状、進行中の症状、回復の症状などによって違いがあります。

◆初期症状の場合

・突発的に脱毛が始まる。

・頭部で地肌が見えるところがある。

・爪にでこぼこした跡がある。

・アトピー性疾患がある。

・脱毛斑があり、円形なものや楕円形などもある。

◆進行中の症状の場合

・起床した際に、枕にいくつもの抜け毛がある。

・脱毛斑の周囲の髪を触ったり、軽く引っ張ると抜けてしまう。

・抜けた髪の毛の根元の部分がとがった状態になっている。

・脱毛斑が全体に広がってきている。

◆回復の症状

・脱毛斑に細い毛が所々に生えている。

・脱毛斑に毛穴が見える所がある。

・脱毛斑の周囲の毛を引っ張っても抜けにくい。

これらの症状があり、早期的な治療を行うことをオススメします。

塗り薬での治療の場合

塗り薬での治療の場合

塗り薬を使う上でメリット、デメリットは存在します。

塗り薬のメリットについて

まず初めにメリットから紹介すると、塗り薬は直接患部に塗布するものとなっているので、血液に成分が混じる心配がないので、身体に現れる副作用症状が殆どありません

万が一、副作用が起きたとしても優しいものしかないので、安心して利用できるものとなっています。

また塗り薬は基本的に価格的に安いというのもメリットの1つとなっており、他の治療薬と併用して治療を行いやすいというのもあります。

複数の治療方法を同時に進めることで、円形脱毛症の原因に対して満遍なく改善していけるのも大きな利点なんです!

塗り薬のデメリットについて

次にデメリットについてご紹介していきます。

塗り薬のデメリットとしては、患部に対して直接塗布するものとなっているので、皮膚が弱い場合は皮膚に異常が起こる場合があります。

塗布した患部がかぶれてしまうという事もごく稀に起きることもあります。

また塗り薬は頭皮の表面にしか使えないので、体の内部から起きている異常に対しては効果が発揮されません

特に円形脱毛症の症状が頭部全体に進行し悪化している人に対しては、あまり治療効果を発揮できない場合もあります。

これらの様にメリット、デメリットを考慮して自分に合う治療薬なのかを考えて利用するようにしましょう。

飲み薬での治療の場合

飲み薬での治療の場合

それでは飲み薬での治療に対するメリット、デメリットについても説明していきたいと思います。

飲み薬のメリットについて

飲み薬のメリットは、効果が非常に高いところにあります。

また漢方の場合は体質改善になりますので、健康的な身体作りというところからの改善も行えます。

それ以外にも、何度も症状が発症する人にも効果的とされています。

抗アレルギー剤やステロイド薬を利用し、自己免疫の毛母細胞に対しての攻撃を抑止する作用があります。

飲み薬のデメリットについて

飲み薬のデメリットとしては、ステロイドは治療効果がしっかりしている分、体質によっては副作用症状が現れることもあります。

またステロイドは非常に強い薬なので、免疫力の低い子供には使用することが出来ません

飲み薬は体内に直接取り込むものなので、体の内部からの異常から改善できるものの、副作用も内部から来ますので、体調を崩すような、吐き気や立ちくらみ、食欲不振、糖尿病、消化器不全、頭痛などの様な副作用もあれば、最悪の場合命にかかわるものまであります。

薬の使用を考えられているのであれば、一度病院にて診察をしていただくことをオススメします。

その後、処方された薬と同じものを購入する際に通販サイトで購入する方がいいと思います。

塗り薬と飲み薬の違い

塗り薬と飲み薬の違い

塗り薬と飲み薬の違いって何なの?

というように思うかもしれませんが、結論から先に言うと『どちらも効果に期待できるし、期待できない』というものになります。

何故かというと、円形脱毛症の明確な原因について判明していないんです。

精神的ストレスの可能性もありますし、自己免疫の異常、遺伝からくる症状の発症など様々な原因あるとされており、その原因に合わせて治療薬を利用しなければ治るものも治りません

そのため、現状の医師の方でも手探りで円形脱毛症の薬を処方し、効果がなければ、違う治療薬を処方するようなものとなっているんです。

なので、まずは血行を良くし、毛根に対して栄養素を送れるようにする効果の薬を利用する方が多いものとなっています。

医師の診断を受け、相談しながら治療していくことをお勧めします。

塗り薬がオススメな人とは?

塗り薬がオススメな人とは?

塗り薬がオススメな人は存在します。

どのような方に塗り薬がオススメなのか紹介していきます。

円形脱毛症の症状が軽度の方

円形脱毛症の症状で10円禿げがいくつも頭部にできる多発型であったり、生え際に沿って出来る蛇行型、頭部全体に広がって症状が起こる全頭型があり、これらの症状は円形脱毛症が悪化したものになります。

塗り薬はこれらの様な悪化した症状には、効果が期待できません

塗り薬で治療できるのは10円禿げが一ヶ所だけの単発型に対して効果的となっています。

症状が悪化する前に10円禿げを見つけたら、早期的な治療をおこなうことをお勧めします。

皮膚疾患を患っていない方

また円形脱毛症はアレルギーや皮膚疾患とも関係があるとされており、なにかしらの皮膚疾患を患っている6割もの方が円形脱毛症となっています。

なので皮膚疾患になっているけども、円形脱毛症になっていないというのは比較的珍しいものとなっているんです。

この円形脱毛症が軽度な方で皮膚疾患を患っていない方は塗り薬での治療をお勧めします

自分の体質や症状に合わせて早期的な治療を行っていきましょう!

円形脱毛症の治療薬の購入はこちら

メタコルチール(エロコンクリーム・ジェネリック)

METACORTILCREAM 0.1%-10 gm

<商品説明>

メタコルチール(エロコンクリーム・ジェネリック)はフルメタのジェネリック医薬品となっており、円形脱毛症の改善・抗アレルギー作用があり皮膚炎や痛み・痒み・虫刺されなど幅広く使用できるステロイド系のクリームタイプの塗り薬です


<使用方法>

メタコルチール(エロコンクリーム・ジェネリック)は脱毛部分や皮膚の痒み・虫刺されがある気になる症状のある皮膚に直接塗ることで効果を発揮します。使用する際は指先で塗りたい場所の中央に塗布し内側から外側に塗り込んでいくイメージでお使いください。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、メタコルチール(エロコンクリーム・ジェネリック)は塗り薬となっており、副作用は殆どありません。ごく稀に患部のただれ、かぶれが生じるとの報告があります。


まとめ

いかがだったでしょうか?

円形脱毛症に対して塗り薬や飲み薬はありますが、軽度の症状なのであれば、早期治療で改善することが出来ます。

男性でも女性でも脱毛症は自分の見た目に対して自信が持てなくなっていきます。

そうなってしまっては、周りの目ばかり気にしてしまい、更なるストレスから悪化してしまう可能性も。

貴方の髪の為にも早期的な治療を行っていきましょう!

text…丸井和樹

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

ページ先頭に戻る