お薬ボックス > 利尿剤(むくみ解消薬)人気ランキング

利尿剤(むくみ解消薬)人気ランキング

お薬ボックスで取り扱っている利尿効果のある薬、むくみ解消薬の売れ筋商品とその特徴・値段をまとめた人気ランキングです。

利尿薬をお探しの方は是非参考にして下さい。

利尿剤の効果や副作用

利尿剤は体内の余分な水分を排泄することで、血圧を下げ、むくみを取る効果を持ちます。

むくみが多い方が使うと、むくみが取れて身体のラインが細くなり、余分な水分を排出することで体重も減少するためダイエットに利用される方も多いです。

副作用としては頻尿、眩暈、ふらつき、貧血、頭痛、嘔吐、下痢などが報告されています。詳しくは各商品ページよりご確認ください。

リピトールに関しましては高コレステロール血症の方のみ利用するようにしましょう。

第2位 アルダクトン

アルダクトン(ALDACTONE)の個人輸入

第1位はアルダクトンです。

アルダクトン(ALDACTONE)は、ファイザー製薬のアルダクトンAのジェネリック医薬品です。元々は高血圧症の治療薬として使用されていましたが、むくみを取る効果があり、ダイエット薬としてラシックスと同じくらい人気な利尿薬で利尿効果やダイエット効果以外にも美容効果にも効果が期待でき、女性ホルモンの作用によりニキビや多毛症を抑制する作用もある薬となります。

特におすすめな所

利尿剤の多くは、体内から水分と一緒にカリウムが排出されてしまうので服用と同時にカリウムを補充するサプリメントなどを飲む事が推奨されていますが、アルダクトンの場合はカリウムを体内に残したままの利尿が可能なので、安全性が高く、利尿薬が初めての人でも副作用が比較的少なく飲みやすいと言う特徴があります。

製薬会社名 RPG life
有効成分 スピロノラクトン
カテゴリー 利尿剤(むくみ解消薬)
価格 ¥2,000円
1錠あたりの価格 ¥66.7円

第3位 リピトール

リピトール(LIPITOR)の個人輸入

第2位はリピトールです。

リピトール(LIPITOR)は、高脂血症治療薬で家族性高コレステロール血症や高コレステロール血症(高脂血症)などの脂質異常症の治療に使用されるお薬です。主成分アトルバスタチン(Atorvastatin)は、コレステロール生合成系の律速酵素であるHMG-CoA還元酵素を選択的に阻害することで、コレステロールの合成を抑制します。副作用として多尿があり、そのまま利尿剤として使われる方もいらっしゃいます。

特におすすめな所

コレステロールの血中濃度を下げることは、生活習慣での脂質異常症(家族性高コレステロール血症、高コレステロール血症・高脂血症など)の予防になります。また動脈硬化の人がコレステロールを抑えることにより、脳梗塞や心筋梗塞の予防効果があるとされています。こちらの製品は高コレステロール症の方、既にリピトールを処方されている方が同製品を個人輸入で買いたい場合におすすめです。

製薬会社名 ファイザー(Pfizer Inc.)
有効成分 アトルバスタチンカルシウム
カテゴリー 利尿剤(むくみ解消薬)
価格 ¥4,900円
1錠あたりの価格 ¥163.3円

第3位 ラシックス

ラシックス(lasix)40mgの個人輸入

第3位はラシックスです。

ラシックス(lasix)は利尿作用のある医薬品でむくみ解消効果の効果があります。服用すると有効成分フロセミドの作用でおなか周りや手足、顔など全身のむくみ(浮腫)を取り除く効果が期待できるので即効性のあるダイエット目的に使用する方もいます。

取り扱い終了している商品です。

製薬会社名 Aventis Pharma(アベンティスファーマ)
有効成分 フロセミド
カテゴリー 利尿剤(むくみ解消薬)
価格 ¥2,300円
1錠あたりの価格 ¥153.3円
いいね!と思ったら…
お薬ボックスページトップへ