お薬ボックス > news > 

デパス(Depasu)が販売終了!!代替薬は何?効果・副作用は?

デパスの代わり抗不安薬・睡眠薬として愛用者も多かったデパス。

わたしたちの「こころのおくすり」として親しまれていました。

しかし、2016年10月より、エチゾラム(デパス)の個人輸入に規制がかかり、通販で購入する事ができなくなりました。

今までデパスを利用していた方は「次は何を飲めばいいか?」とお困りかと思います。

そこで、デパスの代わり、代替薬をお探しの方におすすめしたいお薬が「バスピン」と「バスパージェネリック」という精神安定剤です。

バスピン

目的:うつ病、不安障害の治療

効果:理由なき不安感や焦燥感、緊張感などを緩和します。

全般的に、不安障害の改善に効果を期待できます。

有効成分:ブスピロン塩酸塩

※ブスピロン塩酸塩は日本では未承認ですが、海外では抗不安剤の主流となっている成分です。

安全性が高く、依存性、耐性がないのが特徴とされています。

副作用:あまり副作用はないとされていますが 眩暈、眠気、倦怠感、のどの渇きなど。

妊娠中・授乳中・高齢の方、肝臓・腎臓に疾患のある方は服用できません。


バスパージェネリック

目的:不安障害・うつ病・不眠障害

効果:「ドーパミン」や「ノルアドレナリン」などの働きを高め、不安感や心配な気持ちを軽減する事ができます。

気持ちがリラックスするので「寝つきが悪い」などの入眠障害の改善にも期待できます。

有効成分:ブスピロン塩酸塩

※ブスピロン塩酸塩は日本では未承認ですが、海外では抗不安剤の主流となっている成分です。

安全性が高く、依存性、耐性がないのが特徴とされています。

副作用:あまり副作用はないとされていますが 頭痛、倦怠感、眩暈、のどの渇きなど。

妊娠中・授乳中・高齢の方、肝臓・腎臓に疾患のある方は服用できません。

代替薬(バスピン・バスパージェネリック)とデパスの違いは?

デパスは成分がエチゾラムで、ベンゾジアゼピン系という不安薬に分類されます。

古くから抗不安剤として使われ、筋弛緩作用(緊張した筋肉)も高いため、肩、首のコリや、体の痛みの緩和にも使われています。

ベンゾジアゼピン系には、効果が強く、服用後、すぐに効果が現れやすいという特徴がある一方で、依存性があると言われています。

その為、服用の際には注意が必要と言われていました。

バスピン・バスパージェネリックは成分がブスピロン塩酸塩で、非ベンゾジアセピン系に分類されます。

神経の高ぶりなどを抑え、不安症状を和らげます。

また、筋弛緩作用が弱い為、飲んだ後のふらつきや転倒などの危険が少ないと言えます。

非ベンゾジアゼピン系には、ベンゾジアゼピン系ほど即効性はありませんが、その分、副作用も起こりにくくなっており、 眠気や集中力の低下、頭痛も起こりにくいと言われています。

また、服用をやめた時に症状が悪化するリバウンドの症状も起こりにくくなっており、より安心して使う事ができます。

その他の抗不安剤・向精神薬のおすすめはこちら

デパスの代わり

プロザック20mg(prozac)

精神安定剤と同様、脳内のセロトニンの濃度を増やす事によって、不安や緊張が緩和され、 心の安定をはかります。

「ハッピードラッグ」の名称でも親しまれているお薬です。

プロザック20mg(prozac)を購入


デパスの代わり

セルティマ100mg (sertima)

気分の落ち込み、やる気喪失、寝つきが悪いといった状態を改善します。

体重増加や便秘などの副作用が少ない為、女性の方に向いているお薬です。

セルティマ100mg (sertima)を購入


デパスの代わり

エスシタデップ20mg (scitadep)

レクサプロのジェネリック医薬品です。

セロトニンの受容体にダイレクトに働きかけるので、ノルアドレナリンなどに影響を 与えず、副作用の便秘、口渇が少ないのが特徴です。

うつ症状の他、パニック障害、 PMS(月経前不快気分障害)などいろいろな症状に効果が期待できます。

エスシタデップ20mg (scitadep)を購入


まとめ

デパスの代わり

このように、今回紹介した非ベンゾジアゼピン系の精神薬(バスピン・スパージェネリック)は、 安全性が高まり、メリットが高いといえるお薬です。

実際に、病院でも処方されているのは、非ベンゾジアゼピン系のお薬が多くなっています。

抗不安薬や精神安定薬はたくさん種類があり、症状や体質によって、効く薬が違ってきます。

デリケートなお薬なので、ご自身の症状にあったものを選んでくださいね。

いいね!と思ったら…

この記事で紹介された関連医薬品・ジェネリック

関連NEWS