お薬ボックス > お薬に関する記事 > 

デパスの代わりに通販・個人輸入出来る抗不安剤おすすめ医薬品!

デパスの代わりに通販・個人輸入出来る抗不安剤おすすめ医薬品!

デパスは2016年に向精神薬として指定され、個人輸入することができなくなってしまいました。

現在も病院で処方してもらう事は可能ですがその量は制限されていますし、そもそもあまり病院に通えない事情があって個人輸入に頼っていた方にとっては病院へ行くしか選択肢がないのは辛いことですよね。

そんな方がデパスの代わりに通販・個人輸入できる、デパスの代替薬バスパージェネリックなどの、おすすめの抗不安剤を紹介ます。

デパスの代わりになる抗不安剤

buspon5mg

不安な気分を和らげて緊張をほぐし気持ちをリラックスさせる効果があります。また、うつ病や不安感、睡眠障害の改善させることにも期待できる医薬品です。

▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

デパスはどうして個人輸入出来なくなったの?

そもそも、デパスはどうして個人輸入する事が出来なくなったのでしょうか。

デパスの有効成分はエチゾラムといい、即効性があり強力な抗不安の効果を得られる薬です。また、筋弛緩の効果によって肩こりなどの解消といった効果や、心と身体がリラックスし、睡眠に入りやすくなる効果にも期待できます。

飲めばしっかりと効果を感じられるかたが多く非常に人気の薬となり、たくさん処方されてきました。

しかしその一方で、徐々に問題点も知られるようになってきました。

効果は高いですがその効果を得られていられる時間が短めなので、つい多く飲まれがちとなり、耐性がつきやすく依存しやすい薬だったのです。

気が付くと、不安を解消する為に飲んでいたはずなのに今度は逆にデパスがないと不安になってしまうという、本末転倒な事が起きてしまうのです。

こういったことが問題視され、先に述べたようにデパスは2016年、向精神薬に指定されました。

よく効く半面、うまくつきあっていくのが難しい危険性もはらんだ薬なんですね。

こういった理由から通販・個人輸入が出来なくなってしまったデパスの代替薬として現在も個人輸入する事が可能でデパスと同じような効果を得ることができるバスパーのジェネリック医薬品を紹介したいと思います。

関連記事

デパス(Depasu)が販売終了!!代替薬は何?効果・副作用は?

バスパーってどんな薬?

薬の効果について紹介!

まずはバスパーについて少し紹介させていただきます。

バスパーの有効成分であるブスピロンは、セロトニン受容体に働きかけドーパミン・アドレナリンといった神経伝達物質の分泌を促し、不安な気分を和らげて緊張をほぐし気持ちをリラックスさせる効果があります。

その為、うつ病や不安感、睡眠障害の改善に効果が期待できます。

つまり、デパスとほぼ同様の効果を得られる薬だといえますね。

実際に元々デパスを飲まれていたかたがバスパーに移行したという声も多く耳にします。

飲み始めてから徐々に効果が表れる薬ですので、副作用や依存性などのリスクが低いのも大きな特徴です。

デパスの代わりならバスパーのジェネリック医薬品!

バスパーのジェネリック医薬品をおすすめする理由は、まず前提としてデパスと似た効果を期待出来ること、通販・個人輸入できることがありますが、副作用・依存性が非常に低いのも大きな理由の一つです。

単純にデパスよりも手軽に入手して同じような効果を得たい場合はもちろん、デパスの依存にお悩みの方も断薬の繋ぎとしてご利用頂く事ができるかと思います。

当サイトでは、バスパーのジェネリック医薬品としてバスパージェネリックバスピンの二点を取り扱っています。

ジェネリック医薬品とは後発医薬品といって、有効成分に対する特許が切れた医薬品をほかの製薬会社が同じ成分で作ったものとなります。

いわゆるパクり商品なんじゃないの?というネガティブな印象を抱くかもしれません。

それに製薬会社が違うとなると安全性も怪しいんじゃないかといった疑問も浮かんでくるかと思います。

しかし、有効成分は本家と同じものが使われていますし、厳しい審査を受けて安全性が保証されてからでなければ販売される事はありません。

何より本家と比べると値段が安いです。

本家と同等の効果を得られ、安全性も保障され、その上に値段が安いとなるとやっぱり安い方が経済的ですよね。

実際にデパスからバスパーのジェネリック医薬品に移行されたかたの声も紹介します。

関連記事

バスピンの効果や副作用!バスパージェネリック抗うつ薬は効くの?

バスパーのジェネリック医薬品を利用してみた感想

バスパーのジェネリック医薬品を利用してみた感想

◆効果はゆるやかだけど副作用もなく助かっている

(30代/男性)

◆こちらを飲むようになってから、薬を飲む量、回数が減って安心しています。

(30代/女性)

◆手に入りにくくなったデパスの代わりとしてバスピンを飲み始めました。効きはじめるまで時間はかかりましたが、今は安定しています。

(40代/女性)

このように、デパスからバスパーのジェネリック医薬品に移行された方から数々の前向きな感想をいただいています。

デパスの代わりになる薬をお探しでしたら、是非バスパージェネリックやバスピンをお試し下さい。

バスパージェネリック・バスピンの購入を検討している方への注意点

パスパージェネリックやバスピンはデパスの代替品として効果的な薬ですが注意点もあるのでしっかり読んで頂きたいです。

信用出来るのは医薬品専門の通販サイト!

知ってた?病院で扱う薬の大半は処方箋なしでも薬局や通販で購入できる

バスパージェネリックやバスピンはデパスの代替品として効果的な医療品です。当サイトは個人輸入代行サイトで、処方箋なしに購入する事ができますが、同じプロペシアやジェネリック医薬品を取り扱う通販のサイトによっては、偽薬を販売する通販サイトや品質に心配があったり、問題があったりする場合があるようです。また、購入しても商品が届くかなども心配な意見もありますが、お薬ボックスでは高品質な正規品のみ取り扱っており、沢山の購入者の意見も届いております。購入された大切なお薬をしっかりとお届けしますのでご安心ください。

お薬ボックス

【デパスの代わりになる抗不安剤】

buspon5mg

<商品説明>

バスパージェネリックは抗不安剤の1つで、昔からあるデパスと同等の効果を期待する事ができます。この薬に含まれている有効成分は、うつ病の治療薬に活用されています。脳にある神経伝達物質を安定化し、ドーパミンとアドレナリンの働きを高めるので落ち着いた気分になると言われています。不安障害があったり、感情を思ったようにコントロールする事が難しいという方に適した薬です。


<使用方法>

不安障害のケースだと、1日に2回、1錠から3錠を決まった時間帯に、お水で服用します。不眠症のケースでは、就寝前だけに、1錠から3錠を、お水で服用します。一日に使用出来る最大量は60mgです。

<注意点 副作用>

依存性や副作用はほとんどありませんが、人によっては離脱症状として味覚障害や眠気、吐き気、下痢、ひどいケースでは性格が変わってしまうといった事があります。減薬や止める過程で症状が現れた場合、すぐ医師に相談して下さい。


▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

【精神安定剤・うつ病の薬バスピン】

buspin

<商品説明>

バスピン(buspin)は、ブリストル マイヤーズ スクイブ社によって開発された不安緩和剤・バスパーのジェネリック医薬品にあたる非ベンゾジアゼピン系の薬です。 バスピンに含まれる有効成分ブスピロンは、うつ病や不安障害、睡眠障害などの疾患に対して改善効果があり、服用によって不安感を抑制しつつ気分を高揚させる作用があります。抗不安薬として開発された薬ではありますが、抗うつ剤として利用される方も多いです。


<使用方法>

10ミリグラム~15ミリグラムを一日2回から3回服用しましょう。1日の限度量は1日60ミリグラムです。

<注意点 副作用>

依存性はほとんどありませんが、もし飲み忘れなどによってバスピンを用法・用量通りに服用できなくても、朝と夜の服用分をまとめて摂取するといったような飲み方はご遠慮ください。


最後に、バスパーのジェネリック医薬品であるバスパージェネリックやバスピンは、デパスよりも副作用や依存症のリスクが少なく安心して飲めるお薬ですが、それでも個人差や飲み方、飲み合わせ等で異常が起こりえます。

他に服用されている薬がある場合は医師と相談の上、用法・容量をしっかりお守りの上で服用して下さい。

重い副作用等がでた場合は必ずすぐに医師に相談して下さいね。

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

お薬ボックスページトップへ