お薬ボックス > お薬に関する記事 > 

クラビットの代わりはレボフロックス!クラミジア治療薬は市販はない

飲み薬服用風景

今までクラビットを利用されていた方にとって、『クラビットの代わりになる薬ってなに?』と思われるかと。

そこで今回は抗菌薬として有名なクラビットからの切り替えでお勧めは何なのか!

また抗菌薬とは、入手方法は何なのかについてもご紹介していきたいと思います。

その前にクラビットの後発医薬品について説明させていただきます。

レボフロックス250mg (levoflox)10錠

levoflox250mg

クラミジアや淋病といった性感染症だけでなく、その他の尿路感染症、呼吸器感染症、皮膚感染症、胃腸炎、耳や鼻の感染症にもよく効きます。

▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

クラビットの後発薬は出ていた!?

クラビット錠100㎎は販売中止となってしまったのですが、クラビットの後発医薬品はすでに存在していて各社からレボフロキサシン100mg錠として発売されいました。

レボフロキサシンは合成抗菌薬の一つで、結核菌の発育、増殖をおさえる働きがあります。

また肺結核やその他の結核を治療するお薬です。

そのレボフロキサシンも販売中止となってしまいました。

この様に次から次へと変わっていくと次を探すのも「めんどくさい」、「疲れる」など思いますよね。

もし自分で調べたりするのがめんどくさくて、「とりあえず常備薬として使える抗菌薬が欲しい」という方にはレボフロックスがいいかと思います。

それではレボフロックスのご説明をさせていただきたいのですが、その前に抗菌薬について少しだけ説明しておきますね。

抗菌薬って何?どのタイミングで利用するものなの?

抗菌薬って何?どのタイミングで利用するものなの?

病気になる可能性のある「細菌」を殺したり、増殖するのを抑える効果があり、微生物から作られたものが「抗生物質」と呼ばれるものとなっています。

この抗生物質に合成抗菌薬を総称したものが「抗菌薬」になります。

また抗菌薬の服用や利用し始めるタイミングについてですが、これは人それぞれのタイミングとしか言えないんです。

例えば

◆今日は少し体調が悪い感じがするから

◆クラミジアに感染したのがわかってから

◆性感染症になったかもしれないから予防に

◆風邪をひいたから

など様々な使い方ができるため常備薬として定期購入される方が非常に多いです。

関連記事

クラミジアの治療薬は市販より通販、抗生物質を購入して完治させる!

抗菌薬に悩んだらまずはレボフロックス

抗菌薬として人気なのがレボフロックスで価格帯も比較的安値で購入でき、他の抗菌薬と比べても抗菌力があります。

またクラミジアや性病、尿路感染症、淋病、膀胱炎、コレラ、子宮内感染などの治療にも使われておりますが、副作用も少ないと言われています。

この内容をまとめると

◆安値

◆抗菌力が高い

◆副作用が少ない

現状で人気な抗菌薬となっているだけあってデメリット的なものはあまり感じないですね。

レボフロックスは抗菌薬なので様々な症状に向けて利用することも可能となっています。

実際に服用している方の感想や体験談などをいただきましたのでご紹介していきたいと思います。

抗菌薬を利用または購入し始めた理由やきっかけは?

◆夜遊びばかりし過ぎて何度かクラミジアに感染してしまい、最初の頃はクラビットを購入していましたが今ではレボフロックスを利用しています。実際に服用し始めるのが遅かったからなのか2週間ちょっとかかりました。潜伏期間とかも考えて一応、1か月利用しましたが特に異常とかは出なかったですね。

(40代男性)

◆職業柄の問題で自由にお手洗いにもいけないことが多く、膀胱炎になってしまいました。膀胱炎になってから排尿時の痛みが酷かったので抗菌薬を利用し始めました。服用してからは翌日には排尿時の痛みは感じることがなくなったので重宝しています。

(20代女性)

◆仕事上での付き合いで風俗に行くことが何回かあり性病が怖いので、念のためにと思い購入しました。

(30代男性)

◆免疫力が低いせいなのか分かりませんがよくカンジダになることがあり、その度に病院に行くのが面倒だったのでネット購入しました。

(30代女性)

◆家では祖母が風邪薬として常に家に置いてあってよくお世話になっています。

(20代男性)

◆結構なんにでも使えるので常備薬として利用しています。私の場合はカンジダ対策に購入したんですが、今は違う場面(風邪とか)でも使っています。

(40代女性)

この様に利用用途は人によって変わってきます。

意外と利便性もあり効果もしっかりしていて、副作用も殆どないというものになっているので「クラビットorレボフロキサシン」の代わりになる抗菌薬を探しているということであれば、レボフロックスがお勧めとなっています。

そんな利便性のある抗菌薬は、どこで入手したらいいのだろうか?

クラミジア治療薬は市販されていない?

クラミジアの治療薬はドラックストアや薬局では取り扱いがありません。

医療を専門としたお薬になりますので、病院にて処方されるものとなっております。

基本的には病院にて処方してもらいお薬を服用する。

これがスタンダードな流れだと思いますが、どうしても「病院に行く時間がない!」「薬を受け取るまでの待ち時間が嫌」という方もいらっしゃると思います。

そこで注目されたのが医療薬品を専門とした通販サイトなんです。

関連記事

性病(性感染症)の種類や市販薬以外の治し方

信用できるのは医療薬品を専門として取り扱っている通販サイト

クラミジアの治療薬には幾つか種類があり、通販で購入の際には注意点もあるのでしっかり読んで頂きたいです。

信用出来るのは医薬品専門の通販サイト!

お薬ボックス個人輸入代行

クラミジアの治療薬は薬局やドラッグストアなどで販売している市販薬ではなく、病院で処方される効果的な医療品です。

サプリメントなどではなく、病院で医師が処方するお薬ですのでご安心ください。

当サイトは個人輸入代行サイトで、処方箋なしに通販で購入する事ができますが、同じ治療薬を取り扱うサイトによっては、

偽薬を販売する通販サイトや品質に心配や問題があったりする場合があるようです。

また、購入しても商品が届くかなども心配な意見もあるようですが、

お薬ボックスでは高品質な正規品のみ取り扱っており、沢山の購入者の意見も届いております。

購入された大切なお薬をしっかりとお届けしますのでご安心ください。

お薬ボックス通販安心宣言

性病(STD)・抗生物質ならレボフロックス

【レボフロックス250mg (levoflox)】

levoflox250mg

<商品説明>

レボフロックスは細菌から来る感染症に有効で、細菌の増殖を防いだり、死滅させたりすることができます。またクラミジアや性病、尿路感染症、淋病、膀胱炎、コレラ、子宮内感染の治療にも有効となります。


<使用方法>

1日に最大で服用出来る錠数は2錠で、クラミジアの治療には1週間~2週間レボフロックスの服用を続けて下さい。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、殆ど副作用は出ないと事が分かっていますが、出るとすれば胃痛や下痢、嘔吐等が挙げられます。極稀に頭痛やめまい、関節痛等の症状も挙げられています。


▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

関連リンク

性病薬(STD)・抗生物質の通販購入可能なお薬一覧

まとめ

年齢が上がっていくにつれて段々と免疫力が下がっていているのを実感し始める年になってきました。

皆さんも10代の時と比べたら病気に対する免疫力は下がってきたかな?と思ってるんじゃないでしょうか。

こういった自分ではどうしようもできない細菌感染による病気に備えて常備して頂くのも一つの手なんじゃないでしょうか。

抗菌薬として汎用性が高く、副作用が殆どないというレボフロックス250mg (levoflox)ならご利用しやすいと思います。

レボフロックスで病気知らずな生活を手に入れていきましょう!

最後に一言「夜遊びもいいですが性病には皆さん気を付けていきましょう」

注意

お薬の使用方法や注意点をお読みいただいたうえでのご購入を。

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

お薬ボックスページトップへ