お薬ボックス > お薬に関する記事 > 

【ルミガン】まつ毛美容液・育毛剤って本当に効くの?【医療用】

カンジダ膣炎の治療には市販薬よりも効く「飲み薬」があるってご存知?

こんにちは、「お薬ボックス」の清水有紀です。

最近美容に対する意識というものが世間一般的に上がってきたように感じます。

その中でも私たち女性は常に美容の勉強をし続けています。

今回は美容の中でも注目されているまつ毛美容液ルミガンについてお話します。

まつ毛美容液ルミガンと市販薬

有効成分ビマトプロストというものがルミガンには含まれており、まつ毛が生まれ変わる成分となっています。まつ毛の太さや長さを改善するものとなっております。

もともとはルミガンという緑内障を治療する点眼薬として開発された薬でした。

アラガン社が行った臨床試験で実に278人中の78%の被験者に密度が濃くなる結果が得られたことから、まつげ美容液としても使用されるようになりました。

そんなルミガンですが、市販されているものと変わらないんじゃないか?

と思いますが市販のまつげ美容液はトリートメント効果はあっても育毛効果までは得られないケースが多いです。

ルミガンはれっきとした育毛効果をもつ医薬品で、使用することでまつ毛の太さや長さのボリュームアップ効果を得ることができます。

今までのまつ毛ケアだと……

生理前のひどいPMS…、実は避妊薬のピルに改善効果があるのはご存知?

・まつ毛のエクステだとすぐに取れてしまい、費用が毎月かかってくる。

・メイク時にマスカラが上手く出来ず、時間がかかってしまう。

・市販のまつ毛美容液を利用してみたが、あまり効果を実感できない。

このような悩みが出てきていました。

以下の様な方には医療用まつ毛美容液ルミガンをお勧めします。

・まつ毛が細い

・まつ毛が短い

・まつ毛が薄い

お薬BOXの清水はこれに全て当てはまっており、たくさんのマツイクを試しました

結果だけ先に言ってしまうと、ルミガンを利用してからまつ毛が伸びてるんです。

個人差はあると思いますが、清水は3週間目にはまつ毛に厚みが出たように感じられました。

3か月が経ったときには、自分のまつ毛ではないみたいに長さも太さも変化していました。

綺麗なまつ毛を育てたい!そんな方は以下の中から自分に適しているのをご検討ください

ルミガン(lumigan)のご購入はこちら

【ルミガン0.01% (lumigan)】

ルミガン ルミガンの有効成分ビマトプロストはもともと、緑内障治療や眼圧を下げるために使われてきました。使っていて睫毛がのびたという報告が多くあったため、まつげ育毛剤として有名になりました。 また、まゆげ育毛剤(眉毛美容液)としても使えます。 つけまつげ、マツエクに続く新しいまつげメイクとしてマツイクの人気がますます高まっています。 アメリカやカナダ、ヨーロッパでは、LUMIGANは睫毛育毛剤としての適応があります。

<使用方法> ルミガン(lumigan)は1日1回、専用のアプリケーターまたは綿棒を使ってまつげの根本に塗ってください。 効果には限りがありますので、十分な効果を発揮するためにも適量を使用することをおすすめします。 ルミガンはメイクを落とし、洗顔した後の清潔なまつ毛に使用してください。 毛を生やしたい部分のみに塗布し、はみ出した液はティッシュなどで拭き取ってください。 <注意点 副作用> ルミガン(lumigan)をご使用の際は付属の説明書をよく読んで適切に使用してください。 副作用としては、稀にかゆみや不快感がでることがあります。 まつ毛の根本のまわりに液がはみだすと、色素沈着がおきることがあります。使用を中断すると治ります。 ルミガンの成分や、ビマトプロストにアレルギーがある方は使用しないでください。万一異常を感じた際は病院を受診してください。

ご購入はこちら

【ルミガン0.03% (lumigan)】

ルミガン0,03 ルミガンの有効成分ビマトプロストはもともと、緑内障治療や眼圧を下げるために使われてきました。使っていて睫毛がのびたという報告が多くあったため、まつげ育毛剤として有名になりました。 現在では、まつ毛美容液(まつげ美容液)として使われることが多くなっています。 また、眉毛に使用しても効果があり、まゆげ育毛剤(眉毛美容液)としても使えます。 つけまつげ、マツエクに続く新しいまつげメイクとしてマツイクの人気がますます高まっています。

<使用方法> ルミガン(lumigan)は1日1回、専用のアプリケーターまたは綿棒を使ってまつげの根本に塗ってください。 効果には限りがありますので、十分な効果を発揮するためにも適量を使用することをおすすめします。 ルミガンはメイクを落とし、洗顔した後の清潔なまつ毛に使用してください。 毛を生やしたい部分のみに塗布し、はみ出した液はティッシュなどで拭き取ってください。 <注意点 副作用> ルミガン(lumigan)をご使用の際は付属の説明書をよく読んで適切に使用してください。 副作用としては、稀にかゆみや不快感がでることがあります。 まつ毛の根本のまわりに液がはみだすと、色素沈着がおきることがあります。使用を中断すると治ります。

ご購入はこちら

アプリケーターセットタイプ

【ルミガン0.01%+アプリケーター付き (lumigan-applicator-set)】

lumigan-applicator-set0.01-300x300 また、ビマトプロストの含有量が0.01%と抑えられているため効果と副作用がマイルドで、0.03%が使用できなかった方でも使用しやすくなっております。 専用ブラシの先端は細い筆のような形状になっていて、まず筆の先にルミガンを垂らし、まつ毛の根元から先端までまんべんなく塗布することで太く長いまつ毛を得ることが可能となっています。 感染症を防ぐため、アプリケーターは使い捨てタイプとなっておりますので安心してご利用いただけます。

<使用方法> 1日1回、就寝前にルミガンを専用アプリケーターでまつ毛の根元に塗ります。 上まつ毛にルミガンを塗布することで、瞬きの際に下まつ毛にも有効成分が付着し美容効果が得られるため下まつ毛への塗布は不要です。 まつ毛以外にルミガンが付着すると付着した部分から産毛が生えることがありますので、その場合はきれいに拭き取るようにしてください。 ルミガン(lumigan)を塗るときは必ずコンタクトレンズを外し、再び装用する場合は塗布から最低15分以上経過してから装用してください。 <注意点・副作用> 仕様によって目が充血することがあります。また、ルミガン(lumigan)を点眼した場合は物がかすんで見えるケースも報告されています。 症状は一時的なものですが、症状が落ち着くまでは機械を使用する危険性のある作業や車の運転等は控えましょう。 また、喘息の方、眼内炎のある方、無水晶体眼、眼内レンズを挿入している方や高齢の方、妊産婦はルミガンの使用を避けてください。

ご購入はこちら

【ルミガン0.03%+アプリケーター付き (lumigan-applicator-set)】

lumigan-applicator-set0.03-300x300 こちらはルミガンとルミガンをまつ毛に塗るためのアプリケーター(専用ブラシ)がセットとなった商品で、別々に購入されるより大変お得な価格になっております。 専用ブラシの先端は細筆のようになっているため、まつ毛の先端から根本までまんべんなくルミガンを塗りやすくなっております。アプリケーターは使い捨てタイプですので、感染症の心配も不要で安心してご利用いただけます。

<使用方法> ルミガン(lumigan)は1日1回、メイクを落とし、洗顔後に目の周辺が清潔な状態で塗布してください。 まつげ美容液として利用する場合は、まずは専用ブラシに1滴垂らしてまつ毛の根元にアイライナーのように塗ると、まつ毛に対してまんべんなく上手にルミガンを塗布することができます。 上まつ毛に塗布したルミガンは瞬きした際に下まつ毛にも付着するため、基本的には上まつ毛のみに対する塗布で十分です。 <注意点・副作用> 高齢の人、妊娠、授乳中の人、喘息の症状がある人、目に健康不安のある人はルミガン(lumigan)の使用を控えてください。

ご購入はこちら

まつ毛美容液・育毛剤の豆知識

薬局で市販されているまつ毛美容液や育毛剤の効果は無い?

チップタイプ・マスカラタイプ・筆タイプなどが販売されています。

形状によっては、雑菌が繁殖しやすかったり、液体が容器に逆戻りするなどの衛生面での心配も指摘されています。

まつ毛美容液の中には、目に入ると有害なものもあり、目に入ると痛みを感じたり、炎症の原因にもなっています。

信用出来るのは医薬品専門の通販サイト!

slide_2

本当にまつ毛を伸ばしたい。そんな方が市販のまつ毛美容液やまつ毛育毛剤に下手に手を出すと、

医薬品を専門に取り扱っている通販のサイトと違い、品質に心配があったり、問題があったりします。

安全性を考慮した美容をお薬BOXの清水は推奨しています。

まとめ

まつ毛美容液・育毛剤をもし購入する場合は、当サイトお薬BOX(ボックス)等の医薬品を専門的に扱っている通販サイトで、購入する事をお勧めしています。

医療用として販売されているものなので、市販のものとは違いちゃんとした効果が期待できると思います。

もちろん効き目は個人差がありますのでご注意ください。

(Text:清水有紀)

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

お薬ボックスページトップへ