お薬ボックス > お薬に関する記事 > 

抗うつ剤のバスピン服用で緊張やストレスを解消!気落ちする原因とは

【抗うつ剤】何故、精神的に安定しないの?【バスピン】

こんにちは、「お薬ボックス」の丸井です!

「なんかイライラする」、「誰とも話をしたくない」、「周りの目線が気になってしまう」などの精神的に安定しない時期を経験された方は少なくないんじゃないでしょうか?

自分で自分の感情をコントロール出来ない状態が続いていくと、精神的にも肉体的にも疲れ切ってしまします。

何故、感情が乱れてしまうのでしょうか?

精神的に安定しない原因って?

女性の場合妊娠・出産・閉経・月経・排卵などによって女性ホルモンの分泌量によるものが多いとされている。

女性は生理前後は感情的になり情緒不安定だと思われるのもこのホルモンバランスの乱れからくるものとなっています。

男性の場合精神的に安定しない原因のもう一つは、緊張からくるストレスだと言われています。

このような原因からくる症状とは肉体的にも疲れやすく、物事に集中できず、注意が散漫になり、ミスも起こしやすくなります。

また、身体的にも常に緊張している状態が続いているので、筋肉が緊張して肩や首がこったり、筋緊張性頭痛、筋肉の痙攣をはじめ、身体のあらゆる部位の痛みとして現れます。

こうした身体的緊張の結果、寝つきも悪く、眠りも浅くなり、睡眠障害を引き起こす場合もあります。

情緒不安定(全般性不安障害)の場合、うつを併発することが多く、その可能性は50%だと言われています。不安とうつ状態は類似した脳の状態から引き起こされるため、全般性不安障害からうつになるケースは多いようです。

全般性不安障害の特徴

全般性不安障害の特徴

心配症になりやすく、常に小さいことでも気になって意識が散漫とする。

また曖昧な答えは受け入れられないものとなっており、人間関係や恋愛関係などにおいて曖昧な態度や言動で心配になり、気に病んでしまうことも。

基本的には0か100の答えを求めています。

全般性不安症になりやすい人とは

もともと神経質で、何事にも思い悩んだり後悔しがちな性格の人がなりやすい病気です。

日本における全般性不安障害の1年間の有病率は約3%、生涯有病率は約6%と、実は非常に多い病気です。

また、発症の時期は大半が20代ですが、10代で発症することもあります。女性に多い疾患で、患者数は男性に比べて女性が1.5~2倍ほどになると言われています。

うつ病治療

うつ病治療

基本的にうつ病を治すには「休む」ということが大切になってきます。休むといっても1,2日休んだらいいという訳ではなく時間をかけていくしかありません。

うつ病の時にはなるべく脳にストレスを与えないようにしましょう。

過度のストレスによってどうしても自分で感情コントロールができない人の場合、バスピンといわれる精神安定剤を利用されます。

精神安定剤というと依存性や副作用が強い!というイメージの方が多いかと思いますが「バスピン」は今までの抗うつ剤と違い依存性も少なく副作用も比較的少ないということで利用される方が多くなっています。

バスピンの服用を始めるなら

◆不安や悩みなどで眠れなくなり、免疫力が低下している。

◆小さなことが気になってしまい注意力が散漫

◆友人や恋人関係などでストレス状態が続く

◆曖昧な言葉一つで心が大きく揺れる

◆唐突に気落ちし、気が晴れない状態が続く

◆いじめや身内の不幸などで精神的にショックを受け立ち直れない時

上記のような症状が出ており、それが自分でコントロール出来ない状態なのであれば精神安定剤をして頂く方がいいかもしれません。

実際初期症状であれば治療して治るまでは、そこまで長くはかからないです。

ただし治療を後回しにして放置し続けた場合、最悪完治するまで4年以上かかってしまう場合も。

精神安定剤も今となっては依存性の少ないものも増えてきているので、ご自身の体の声を聞いて的確な処置をしていくことが必要となってくるのでしょう。

【バスピン5mg/10mg(buspin)】

buspin

<商品説明>

副作用や依存性を抑えたい!という方には非常にお勧めとなっております。バスピンはデパスと同様の効果を受けられると世界的にも人気なお薬となっています。うつ病や不安障害、睡眠障害などの疾患に対して改善効果があり、服用によって不安感を抑制しつつ気分を高揚させる作用があります。抗不安薬として開発された薬ではありますが、うつ病の改善にも有効でその効果が報告されていて抗うつ剤として利用される方も多いです。


<使用方法>

バスピンの効果を実感するまでに2週間から3週間程度の時間がかかる薬のため、効かないからといって増量したりせず、まず飲み始めは10ミリグラム~15ミリグラムを一日2回から3回服用しましょう。その上で効果が薄いと感じるようであれば、3日ごとくらいの間隔で5ミリグラムずつ服用量を増やしていきます。

<注意点 副作用>

依存性が低く、穏やかな効果を表すのが特長の抗不安薬です。近年はデパスの代わりになる薬として人気があります。依存性はほとんどありませんが、服用の際には用法・用量を守って上手に服用しましょう。


▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

その他の精神安定剤

【アリピゾル(arpizol)10mg】

アリピゾル

<商品説明>

アリピゾルは脳内の神経を伝達する物質(ドーパミン、ドパミン)を調整し、情報伝達を改善します。ドパミンが多すぎる時は減らし、少なすぎる時は増やすので、幻覚、妄想、興奮といった陽性症状にも、無感情、意欲低下、自閉症といった陰性症状のどちらにも効果があります。


<使用方法>

アリピゾル(arpizol)は飲み始めは少量を内服し、徐々に量を増やしていきます。飲み方の目安としては、1日半錠~1錠を開始容量、1日1錠を維持容量として、1日1回または2回に分けて服用してください。服用時間は毎日決まった時間であればいつでも大丈夫ですが、食後の内服をおすすめします。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、アリピゾル(arpizol)は体重増加、手足の振るえや眠気、そわそわするといった副作用がでることがあります。


【バスパージェネリック5mg(buspon5mg)】

バスパージェネリック5mg(buspon5mg)

<商品説明>

デパスの代替薬として似たような効果が期待できるバスパージェネリック(buspon)という薬です。バスパージェネリックは抗不安剤の1つで、昔からあるデパスと同等の効果を期待する事ができます。この薬に含まれている有効成分は、うつ病の治療薬に活用されています。脳にある神経伝達物質を安定化し、ドーパミンとアドレナリンの働きを高めるので落ち着いた気分になると言われています。


<使用方法>

不眠症の方や、抗不安薬が必要な方々に、デパスの代わりになる薬と言う事で需要があります。服用方法は、不安障害のケースだと、1日に2回、1錠から3錠を決まった時間帯に、お水で服用します。不眠症のケースでは、就寝前だけに、1錠から3錠を、お水で服用します。一日に使用出来る最大量は60mgです。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、バスパージェネリックを使用する一番のメリットは、依存性がないことです。アルコールやグレープフルーツとの飲み合わせにより薬の効果が弱まってしまうことが知られています。


まとめ

私も仕事のストレスにより精神的に安定しない時期があり、休みも取れない日々が続き睡眠障害となってしまった時期がありました。

治療し始めて完治するまでに4年近くかかってしまいました。

早期的な対応をしていれば、ここまでの期間をかけての治療にはならなかったと思います。

精神安定剤を服用し、依存性の少ないバスピン(buspin)ならご利用しやすいと思います。

(Text:丸井 和樹

注意

お薬の使用方法や注意点をお読みいただいたうえでのご購入を。

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

お薬ボックスページトップへ