お薬ボックス > お薬に関する記事 > 

アジーで淋菌感染症を治療する時は飲み方に気を付けよう!

アジーで淋病を治療する時は飲み方に気を付けよう!

こんにちは、「お薬ボックス」の五十嵐です!

アジーは淋菌感染症(淋病)治療に有効な飲み薬です。淋病以外にも様々な細菌に有効で人気の高いお薬ですが、淋病治療の際にはより効果的な飲み方があります。

今回は淋病の簡単な説明と、アジーの特徴や淋病に効果的な飲み方などをご紹介します。

【アジー(azee)】

azee

こちらの薬はジスロマック(zithromax)のジェネリック薬・アジー(azee)です。 ジスロマックと同じ有効成分アジスロマイシン(AZM/azithromycin)を含有しているため、服用によって得られる作用はジスロマックと同様ですが、アジーは後発のジェネリック医薬品なので価格が格安となっているのが特徴です。

アジー(azee)の価格を通販で見てみる

淋菌感染症(淋病)ってどんな病気?

女性の淋病は自覚症状がないことが多い!

淋菌感染症(淋病)は淋菌の感染によっておこる病気で、おもに性行為によって感染するため性病として扱われています。

男性器の症状としては排尿時の痛みや尿道から膿が出るというのが有名ですね。女性器の場合は排尿時の痛みや不正出血、下腹部の痛み、おりものの変化などの症状がありますが自覚症状があらわれないことも多いです。

しかし気付かずに放置してしまうと、不妊症になってしまったり、合併症を引き起こしたりすることもある怖い病気です。また、淋病に感染しているとHIVにも感染しやすくなります。

性行為時の感染率も30%と高く、女性はパートナーが淋病に感染していたら自分に自覚症状がなくても検査を受けることをおすすめします。 そして、感染がわかった場合はなるべく早く治療に取り掛かりましょう。

淋病の飲み薬はアジーが一番効果的

淋病の飲み薬はアジーが効く!

淋病治療に使われる飲み薬の中では、現在アジーが一番効果的だと言われていますが、それはどうしてなのでしょうか。ここではアジーの簡単な説明や、なぜアジーが淋病に効果的なのかをご説明します。

アジーはジスロマックのジェネリック薬

アジーはジスロマックのジェネリック医薬品です。 ジスロマックは様々な種類の細菌に有効で、副作用も少ないため非常に人気の抗生物質です。

今回のテーマである淋病やクラミジアなどの性病、咽頭炎や喉頭炎、気管支炎、肺炎といった呼吸器系の感染症、尿道炎や膀胱炎などの骨盤や泌尿器系の病気、さらに、歯肉炎、歯周炎、中耳炎などといった多くの病気に効果があります。

そのため、淋病と一緒に感染しやすいクラミジアも一緒に治療することができます。

アジーはジスロマックのジェネリック薬の為、ジスロマックと同じ効果を持ちながら割安な価格で購入する事ができます。

しかし、他にも色んな抗生物質がある中どうしてアジーやジスロマックが淋病に一番効果があるのでしょうか。

どうしてアジーが淋病に一番効果があるの?

アジーやジスロマックがどうして飲み薬の中で淋病に一番効果があるのかというと、現在淋菌の中で耐性菌が少ない抗生物質だからです。

元々淋菌はペニシリンなどの抗生物質が使われていました。 しかし当初は効果がありましたが、淋菌は非常に耐性を持ちやすい細菌のため次第に耐性菌が出始め、現在ペニシリンによる淋病治療はほとんど効果が得られないのが現状です。

他の抗生物質も同じように耐性菌が多くなり、淋菌が耐性を持つたびに新しい抗生物質を開発するといういたちごっこがおこっているのです。

そんな中で、現状耐性を持った淋菌の少ない飲み薬がアジーという事になります。

ただし、淋菌はもちろんアジーに対しても耐性を持つことがあります。その為アジーで淋病の治療をおこなう際には、中途半端な治療をして自分の中の淋菌に新しい耐性を作らせないよう正しいアジーの飲み方を心掛けてください。

淋病治療に効果的なアジーの飲み方

淋病治療のアジーの正しい飲み方

アジーの飲み方は基本的に食事の前後2時間以上空けたタイミングで、1日1回の服用を3日間続けて飲むというのが一般的です。

これはアジーの有効成分が体内にとどまりやすく長く効くためで、飲む回数が少なくて済むというのもアジーの人気の理由のひとつですね。

しかし、淋病の治療時は2000mg(1000mgの錠剤だと2錠)を一度に飲むことが推奨されています。これは淋病に対して少ない量を数日に分けて飲むよりも、より一気に多く飲んだ方が効果が高いためです。

少しずつ薬を飲んでいると身体の中にいる淋菌がアジーに対して耐性を持ってしまい、アジーでは治療が出来なくなってしまう恐れがあります。淋病にアジーが効かなかったという体験談は、正しい飲み方をしていなかったというパターンが多いのです。

こういった理由から、淋病の治療の際は何度も飲まずに1度に飲む量を多くして治しきることが大切です。一度飲んだら7日から14日ほど薬の効果が続きますので、決して連続して飲まないようにして下さい。

通販でアジーの購入を検討している方への注意点

アジーは淋病の治療に効果的な薬ですが注意点もあるのでしっかり読んで頂きたいです。

信用出来るのは医薬品専門の通販サイト!

知ってた?病院で扱う薬の大半は処方箋なしでも薬局や通販で購入できる

アジーは淋病の治療に効果的な医療品です。当サイトは個人輸入代行サイトで、処方箋なしに購入する事ができますが、同じアジーを取り扱う通販のサイトによっては、偽薬を販売する通販サイトや品質に心配があったり、問題があったりする場合があるようです。また、購入しても商品が届くかなども心配な意見もありますが、お薬ボックスでは高品質な正規品のみ取り扱っており、沢山の購入者の意見も届いております。購入された大切なお薬をしっかりとお届けしますのでご安心ください。

お薬ボックス

【アジー(azee)】

azee

こちらの薬はジスロマック(zithromax)のジェネリック薬・アジー(azee)です。 ジスロマックと同じ有効成分アジスロマイシン(AZM/azithromycin)を含有しているため、服用によって得られる作用はジスロマックと同様ですが、アジーは後発のジェネリック医薬品なので価格が格安となっているのが特徴です。


<使用方法>

一般的な飲み方は1回1,000㎎(1錠)を1回だけ服用します。胃腸が弱い方や副作用が不安な方は1回500㎎(2分の1錠)を1日1回3日間服用します。食事の前後は避け、空腹時に水などで服用する点にご注意ください。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、まれに下痢や嘔吐などの不快な症状が生じます。胃腸が弱い方や副作用に心配がある方は1回500㎎を1日1回3日間使用する形で服用してください。また、これまでにアジーの成分、特にアジスロマイシンでアレルギー症状を引き起こしたことがある方の使用は厳禁です。

アジー(azee)の価格を通販で見てみる

薬をやめる前に必ず再検査を

淋病の薬をやめる前に必ず再検査を受けて下さい!

アジーを一度飲んで淋病の症状が収まっても、淋菌が完全に身体の中から居なくなったとは限りません。

もし身体の中に淋菌が残っていた場合、先に述べたように淋菌が耐性を持ち次からはアジーで治療が出来なくなってしまう可能性があります。 薬をやめる前に必ず再検査を受け、治療が完全に終わったことを確認して下さい。

また、自分の淋病治療が終わったからといって、パートナーがまだ感染していたら性行為によって再び感染してしまいます。

淋病に感染したとわかったらパートナーにも検査を受けてもらい、もし二人とも感染していた場合一緒に治療をすることが大切です。

正しい飲み方をしたのにアジーが効かなかったら?

アジーが淋病に効かなかったら?

アジーは淋菌の耐性菌が少ない飲み薬ですが、耐性菌は少なからず存在します。

正しい飲み方をしたのにアジーが効かなかった場合は、元々アジーの耐性菌であった可能性が高いです。その場合はどんな薬が効くのか病院で医師に相談して下さい。

中々病院に行く時間がない!という方は、病院に行く時間が取れる前に通販・個人輸入代行で他の抗生物質を試してみるのもありかと思います。

お薬ボックスで取り扱っている淋病の治療薬はアジーの他にクラビットジェネリックというものがあります。

【クラビット・ジェネリック】

cravitgeneric

クラビットジェネリック(cravit generic)はクラミジアの特効薬として知られる抗生物質です。有効成分レボフロキサシンはニューキノロン系抗菌剤という抗菌薬で、細菌のDNA合成を阻害する作用があります。 この作用により、様々な種類の病原菌、感染症に効果があります。性病(STI/STI)のクラミジアや淋病にはとても効果が高いです。


<使用方法>

クラミジア以外の感染症に対する使用方法は疾患によって異なります。基本的には1日半錠~1錠を2週間とされていますが、詳しい量については医師または薬剤師に相談してください。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、まれに重いアレルギーや光線過敏症などの重篤な副作用があらわれることがあります。万が一、異常を感じたら、病院を受診してください。他にお薬を服用中の方や持病がある方は主治医に相談の上使用してください。

クラビット・ジェネリックの価格を通販で見てみる

(Text:五十嵐ひろし)

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

お薬ボックスページトップへ