お薬ボックス > 個人輸入医薬品全商品 > うつ病薬・精神安定剤・睡眠薬 > 

アリピゾル30mg (arpizol)の通販購入や副作用や服用方法の紹介

arpizol30mg
2件の口コミ 4.5/5

アリピゾル30mg (arpizol)

医薬品名 (定価) 販売価格
在庫状態 数量 単位
アリピゾル30mg(10 錠) (¥5,800) ¥4,100
売り切れ 10 錠 売り切れ
アリピゾル30mg(20 錠) (¥11,600) ¥6,800
売り切れ 20 錠 売り切れ
アリピゾル30mg(30 錠) (¥17,400) ¥9,500
売り切れ 30 錠 売り切れ

アリピゾル(arpizol)30mg の商品詳細

商品名 アリピゾル(arpizol)30mg
メーカー
ブランド
Sun Pharma(サン・ファーマ)
成分 Aripiprazole(アリピプラゾール)
内容量 10錠
成分容量 30mg
商品形状 錠剤・タブレット(飲み薬)
効果・効能 精神安定剤・うつ病・うつ状態・過食症・パニック障害・不眠症・眠れない・眠りが浅い・集中力を高める・仕事の効率を上げる
対象 10代女性・20代女性・30代男性・40代男性・50代男性
関連商品 うつ病薬・精神安定剤・睡眠薬

アリピゾル(arpizol)30mg の関連医薬品

お薬BOXの安心保証制度

商品を通販購入する前に知っておきたい情報

効果・効能

アリピゾル(arpizol)は精神安定剤エビリファイのジェネリック薬です。

アリピゾルの有効成分はアリピルラゾールで、脳の神経伝達に関わる物質ドパミン(ドーパミン)を調節する作用があります。

その作用により、心を安定させる効果があり、緊張や興奮、不安や抑うつ気分を改善します。

アリピルラゾールは精神科や心療内科で、統合失調症、躁鬱病(双極性障害)、うつ病の患者さんの治療に使われます。

統合失調症は以前は精神分裂病と呼ばれていた病気です。

脳内で情報が上手く伝えられなくなるため、現実を正しく認識できなくなったり、思考や感情がコントロールできなくなったりします。

その結果、幻覚や幻聴、妄想が生じるようになります。

統合失調症には陽性症状という幻覚、妄想状態や過度な興奮の症状と、無感情、意欲の低下、自閉などの陰性症状があります。

多くのお薬は陽性症状と陰性症状のどちらか一方にしか効果がありませんが、アリピゾルは両方に効果があります。

アリピゾルにはドーパミンが少ない時には増やし、多い時には増やす作用があるためです。

大変効果が高いお薬として精神科領域の治療では広く用いられています。

双極性障害(躁うつ病)は、躁状態(いわゆるハイの状態)と鬱状態を繰り返す心の病気です。

躁状態の時には、はしゃぎ過ぎたり怒りっぽくなり、落ち着かず、判断力が低下します。一方、鬱状態の時には気分が落ち込み、やる気がなくなり、悲観的になります。アリピゾルはこれらの症状のうち、特にそう状態に効果があります。

心を落ち着かせ、気持ちの過剰な高まりを静めます。

鬱病になると気分がはれない、不安になる、やる気がなくなる、悲観的になる、集中できない、眠れない(不眠)の症状がでます。

多くの抗鬱薬は脳の中でセロトニンという物質をコントロールしますが、アリピゾルはドーパミン(ドパミン)を調節します。

そのため、他の抗鬱剤で効果がなかった患者さんにも効果が期待できます。

心の病があると、社会で生活するのが困難なことが多くなります。

アリピゾルを正しく使えば、辛いこころの症状を緩和し、普通の社会生活を送りやすくなります。

アリピゾルは悩みがあっても病院に行きたくない方、ばれずに治したいかた、お子様の自閉症をなんとかしたいとお考えの方に、一度試してみる価値のある精神安定薬です。

行きたくない時はすぐに病院を受診する必要はありませんが、安定して落ち着いたら専門の医師に相談しましょう。

同成分のうつ病薬・精神安定剤・睡眠薬

アリピゾル5mg

アリピゾル10mg

アリピゾル15mg

アリピゾル20mg

使用方法・服用方法・飲み方

アリピゾル(arpizol)は飲み始めは少量を服用し、徐々に量を増やします。

飲み方は目安としては、1日半錠を開始容量、1日1錠を維持容量をして、1日1回内服します。

服用時間は毎日決まった時間であれば何時でも飲めます。

服用量は体質や年齢、症状によって異なりますが、1日30mg(1錠)を超えないように注意してください。

半分に分けて使用される方は、ピルカッターなどで割り、保管方法に注意し、早めに使い切るようにしてください。

副作用・注意点

アリピゾル(arpizol)は体重増加、眠気や手足のふるえ、そわそわするといった副作用がでることがあります。

また、ごく稀に、糖尿病(異常な血糖値の変動)や悪性症候群(体が硬直して動かなくなり、高熱がでる)という副作用がおきることがあります。

副作用は飲み始めや増量したときにおきやすいので注意してください。

万が一、異常を感じた際には、すぐに服用を止め、医療機関を受診してください。

いいね!と思ったら…
このお薬の効果・効能や使用方法・服用方法や副作用・注意点は、商品の説明書を和訳、一般的な情報を記載しております。
また、同有効成分の先発薬エビリファイの製薬会社の正式な説明書も参考に、抜粋・和訳・加筆しております。

アリピゾル(arpizol)30mg の関連コラム

アリピゾル30mg (arpizol)の口コミ・評判・体験談

2件のコメント
  1. 体重は増えましたが、精神的に楽になれました。

    4

    三坂 2018年1月19日

  2. 「落ち込み」や「やる気喪失」して何もできなくて、ボーっととしてしまう時に、これを飲むと、行動する事ができるようになります。仕事もこれを飲んで頑張って乗り切っています。私にとってなくてはならないお薬です。

    5

    春樹 2017年7月11日

この商品の口コミを投稿する

メールアドレスは公開されません。いたずら防止のため承認制を取らせて頂いております。

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。

お薬ボックスページトップへ