お薬ボックス > お薬に関する記事 > 

抗不安薬の中で副作用の少ない精神安定剤2選と副作用の対策法

抗不安薬の中で副作用の少ない精神安定剤2選。副作用の対処法も

抗不安薬は、日常で感じる不安感を解消してくれるお薬です。

人にどう思われるか不安で積極的に話せない、不安で眠れないことがあるなどの悩みを持つ方には魅力的なお薬ですよね。

しかし一方では副作用や依存性などが気になる方も多いと思います。

ここではそんな抗不安薬の副作用が強く出ない為に気を付けたい飲み方や、副作用が少なめの抗不安薬をご紹介します。

バスピン(buspin)

バスピン5mg/10mg(buspin)の個人輸入

バスピン(buspin)は、バスパーのジェネリック医薬品にあたる非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。抗不安薬として人気があったデパスの入手が難しくなり、その代替薬として近年人気を集めています。

▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

バスパージェネリック(buspon)

バスパージェネリック5mg(buspon)の個人輸入

バスパージェネリック(buspon)は、抗不安薬・睡眠薬・精神安定剤として使用できるお薬です。バスピンと同じく塩酸ブスピロンが有効成分で、こちらもデパスの代用薬として人気です。

今回おすすめする抗不安薬はこの2つとなっています。

なぜこの2つがおすすめなのかは順を追って説明していきましょう。

抗不安薬の副作用

抗不安薬の副作用

まず抗不安薬の副作用について確認してみましょう。

抗不安薬は文字通り不安感を解消する薬で、そのほか鎮静作用、筋肉弛緩などの作用もあり、眠気を生じやすいことから睡眠薬として利用されることもあります。

デパスやレキタソン、リーゼ、セディールなど多くの種類があり、効果の時間や副作用の強弱も種類によって変わってきますが、共通する部分も多いです。

抗不安薬の主な副作用

抗不安薬で出やすい副作用は、眠気、脱力感、ふらつき、倦怠感などです。

また、種類によっては薬が効いている間の記憶に空白ができる記憶障害が起こることがあります。

長く使い続けることで薬に依存してしまう事もあり、長期間服用を続けていると薬を止めづらく、急にやめると不安感、不眠、手足の震え、頭痛、動悸、集中力の低下、パニック、幻覚、などの離脱症状が出ることもあります。

副作用の少ないおすすめ抗不安薬

副作用の少ないおすすめ抗不安薬

抗不安薬は、種類によって副作用の強さ、出やすさが異なります。

そんな抗不安薬の中で、人気があり、かつ副作用を考えた面でおすすめ出来る製品をご紹介します。

おすすめ1:バスピン

バスピン5mg/10mg(buspin)

有効成分 塩酸ブスピロン
価格 ¥2,780円
1錠あたりの価格 ¥27.8円

副作用の少ない抗不安薬で、最もおすすめするのはバスピンです。

バスピンは抗不安薬の中でも副作用の少ない、バスパーのジェネリックです。

抗不安薬といえばデパスを思い浮かべる方も多いと思いますが、デパスと比べて効果が穏やかで、副作用や依存性も少なく、個人輸入できなくなったデパスの代替薬としても人気のお薬です。

個人輸入できる抗不安薬の中でも価格が安めでお求めやすくなっています。

また、錠剤となっておりますのでピルカッターなどで割って量を調整しやすいのもおすすめする理由のひとつです。

バスピンの口コミ紹介

◆今までデパスを使っていましたが、バスピンは他の抗不安剤と比べて、効果の現れるのが緩やかな気がします!依存性や副作用が低いのも個人的には安心しています! (20代/男性)

◆副作用が少ないということでこちらに切り替えました。確かに今の所副作用は感じませんが効果が出てくるまで時間がかかります。 (30代/女性)

◆抗うつ剤というより睡眠薬として利用してます。強い眠気はありませんが、自然な眠りに入れる気がします。変な副作用も無いので、なくなったら再注文するつもりです (40代/男性)

おすすめ2:バスパージェネリック

バスパージェネリック5mg(buspon)

有効成分 塩酸ブスピロン
価格 ¥2,980円
1錠あたりの価格 ¥59.6円

バスピンの次におすすめなのがバスパージェネリックです。

バスパージェネリックは先に紹介したバスピンと同じ有効成分で、同じ効果を持つお薬です。

その為こちらも効果は緩やかですが副作用は抑えられており、依存の心配も少なくなっています。

製薬会社の違いからバスピンと比べると価格が高くなっていますので、まずはバスピンを試してみて、ちょっと違うと感じた場合はこちらを使ってみるのがおすすめです。

バスパージェネリックの口コミ紹介

◆個人的に副作用を殆ど感じないで済むので、合っているんだと思います。 (20代/女性)

◆デパスの代わりに購入しています。眠気を感じるので就寝前にだけ飲んでいますが日中に薬が切れた感じを受ける事もないのでリピートしています。 (30代/男性)

◆のみ始めて2週間ごろから効果を感じるようになりました。不安感が解消されて助かっています。 (40代/男性)

副作用をなるべく抑える為に気を付けたい飲み方

副作用を出さない為の薬の飲み方

抗不安薬は不安感や睡眠不足の解消、リラックス作用など、心の問題を解決してくれるお薬です。

しかしどの薬にも言える事ですが、使い方次第で副作用のリスクが大きくなってしまいます。

抗不安薬の副作用がなるべく出ないよう、安全に利用する為にはこれらに気を付けるようにしましょう。

服用量をコントロールする

抗不安薬も、他のお薬と同じく大量に飲んでしまうと副作用が出やすくなってしまいます。

しかし、抗不安薬は長く飲んでいると徐々に耐性がつきはじめ、普段通り飲んでいても薬の効果が効きづらくなってきますので、つい自己判断で薬の量を増やしてしまいがちです。

元々飲んでいた量が少なければ多少は構いませんが、薬の種類によって1日の間に飲んでいい限度量が決まっていますので、それ以上飲みすぎないように気を付けて下さい。

大量に飲んでいると薬に依存しやすくなりますし、依存するほどやめるのが大変になってしまいます。

限界量でも足りないと感じた場合は、自己判断で薬の量を増やさずまずは医師に相談してください。

アルコールに注意

基本的に薬とアルコールの相性は悪いですが、抗不安薬も例外ではありません。

抗不安薬とお酒の併用はしないように気を付けましょう。

副作用が出やすくなりますし、お薬によっては記憶障害が出たり、薬とお酒両方の依存性を高め合う危険もあります。

お仕事の付き合いなどで、お酒を断り辛い状況もあるかと思います。

そういう時は素直に薬を飲んでいることを理由に断るか、飲酒の前後で抗不安薬を飲まないようにしましょう。

常用している薬がある場合、医師に相談する

薬には、併用禁忌薬というものがあります。

種類の異なる薬の組み合わせで、危険な副作用が出るケースがあるのです。

抗不安薬もその例外ではなく、例えば今回紹介したバスピンはMAO阻害薬や抗ヒスタミン薬などのお薬が併用禁忌となっています。

普段他のお薬を常用されている場合は、抗不安薬と併用しても大丈夫か必ず医師に相談してから利用してください。

抗不安薬を飲んで副作用が出たときの対処法

副作用が出たときはどうすればいい?

基本的に軽い副作用であればそのまま服用していて問題ありません。

ただし、ふらつき、眠気といった副作用が強く出るなど、日中服用すると日常生活に支障をきたす場合があります。

そのような副作用が出た時、車の運転や高所での作業など事故に繋がる恐れのある行為はお控えください。

そして、夜寝る前だけ服用する、薬を変えるなどの対処が必要となります。

尚、急に抗不安薬を止めると、離脱症状が出る場合があります。

離脱症状が出た場合は、ゆっくりと薬の量を減らしていくことで対応可能です。

基本的に1~2週間毎に元々飲んでいた薬の量の1/4ずつ減らしていきますが、止められるようになるまで数か月~1年以上かかる事もあります。

症状が辛くて逆に薬の量を増やしてしまう方もいますので、離脱症状が出た際は医師の指導の元で減薬していくことをおすすめします。

その他、薬を飲んでいて異常を感じた時は病院で診て貰いましょう。

通販で抗不安薬の購入を検討している方への注意点

通販で抗不安薬の購入を検討している方への注意点

抗不安薬は不安感や睡眠不足の改善などに効果的な薬ですが注意点もあるのでしっかり読んで頂きたいです。

信用出来るのは医薬品専門の通販サイト!

知ってた?病院で扱う薬の大半は処方箋なしでも薬局や通販で購入できる

抗不安薬は不安感や睡眠不足の改善などに効果的な医療品です。当サイトは個人輸入代行サイトで、処方箋なしに購入する事ができますが、同じ抗不安薬を取り扱う通販のサイトによっては、偽薬を販売する通販サイトや品質に心配があったり、問題があったりする場合があるようです。また、購入しても商品が届くかなども心配な意見もありますが、お薬ボックスでは高品質な正規品のみ取り扱っており、沢山の購入者の意見も届いております。購入された大切なお薬をしっかりとお届けしますのでご安心ください。

お薬ボックス

副作用の少ない抗不安薬を通販で購入する

バスピン(buspin)

バスピン5mg/10mg(buspin)の個人輸入

バスピン(buspin)は、バスパーのジェネリック医薬品にあたる非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。抗不安薬として人気があったデパスの入手が難しくなり、その代替薬として近年人気を集めています。


<使用方法>

バスピンは1日に2回(朝・晩)もしくは3回(朝・昼・晩)水と一緒に服用します。1回の目安10mg~20mg(バスピン10mgの場合1錠~2錠)です。1日の限度量は60mgと設定されているため、これを越えないよう注意が必要です。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、めまい、頭痛、神経過敏、腹痛、吐き気などが稀に起こる場合があります。依存性はほとんどありませんが、服用の際には用法・用量を守って上手に服用しましょう。


▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

バスパージェネリック(buspon)

バスパージェネリック5mg(buspon)の個人輸入

バスパージェネリック(buspon)は、抗不安薬・睡眠薬・精神安定剤として使用できるお薬です。バスピンと同じく塩酸ブスピロンが有効成分で、こちらもデパスの代用薬として人気です。


<使用方法>

バスパージェネリックは1日に2回、1錠から3錠を決まった時間帯に、お水で服用します。一日に使用出来る最大量は60mgです。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、強い眠気を始め、味覚障害、吐き気、下痢、頭痛や立ちくらみなどが起こる場合があります。


抗不安薬の中で副作用の少ない精神安定剤まとめ

抗不安薬は、日頃の不安感や不安からくる不眠、緊張などを和らげてくれるお薬です。

しかし副作用や依存性もありますので、これらもしっかり把握した上で利用するようにしましょう。

副作用や依存性の少ないバスピンバスパージェネリックは使い勝手がよく人気も高いのでおすすめです。

ただし、いくら副作用の少ないお薬を飲んでも使い方次第では強い副作用が出る恐れもあります。

なるべく副作用が出ないようにするためには、飲み過ぎない事やアルコールと併用しない事などを意識しましょう。

また、長く服用していると薬に依存しやすくなり、止めたくてもやめられなくなってしまう場合もあります。

そういったときは徐々に薬の量を減らしていくことで対処可能ですので、なるべく医師の指導の元で減薬していきましょう。

(Text:五十嵐)

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

お薬ボックスページトップへ