お薬ボックス > news > 

【アモバンの個人輸入が違法へ】アモバンの代わりになる代替薬ってどう?

【アモバンの個人輸入が違法へ】アモバンの代わりになる代替薬ってどう?

こんにちは、「お薬ボックス」の松尾です!

2016年の10月に政令が制定されて、今まで抗不安薬・抗うつ薬、睡眠薬として使われてきたデパスとアモバン(ゾピクロン)が向精神薬の指定を受け入手しづらくなったのは記憶に新しいですね。

所持や使用が禁止になったわけではないですし、今まで通りクリニックでの診断で処方してくれるのは変わりませんが、それでも今までのようには使えなくなってしまったのは事実ですから、代わりの薬を探している方も多いのではないでしょうか。

そんなデパスやアモバンが規制されてお困りの方向けに、今回は代わりとして使えそうな代替薬を可能な限り紹介していこうと思います。

【バスピン5mg/10mg】

アモバン代替薬

向精神薬の指定を受けたデパスやアモバンの代わりの代替薬で「同じような効果が得られる」として人気商品です。

バスピン5mg/10mgの価格を通販で見てみる

なぜデパスとアモバンは規制されてしまったのか

【アモバンの個人輸入が違法へ】アモバンの代わりになる代替薬ってどう?

2016年10月14日に向精神薬に関するルールが改正されて、デパスとアモバンが新たに向精神薬に指定されることとなりました。

アモバンは、いわゆる入眠剤と呼ばれる類の薬で”寝つき”をとても良くしてくれる効果があります。その効き目は、睡眠薬の中でも最速時間と呼ばれるほど即効性が高かったこともあって日本でも睡眠障害の症状がある方にかなり人気の薬でしたね。

依存性を形成しやすいと言われているデパスならまだしも「なんでアモバンまで向精神薬に指定されたの?」と気になっている方も多いと思いますが、そうは言っても副作用として耐性や依存性がまったく形成されないわけではないから、というのが理由ではないかと思われます(あと、アモバンの用量自体がそもそもOD(オーバードーズ)気味でこれも拍車をかけた)。

ということで、デパスとアモバンの乱用が問題になるのはちょっと考えれば予想できることだったので発売当時から向精神薬として規制しておくべきだった、とも言えるかもしれませんね。

【アモバンの個人輸入が違法へ】アモバンの代わりになる代替薬ってどう?

アモバンが手に入らないわけではない

「法規制!」「違法化!」みたいなイメージが強くなってしまったアモバンですが、実はもうアモバンが手に入らなくなってしまったわけではありません。今まで通りクリニックで処方してもらうことも全然可能です。向精神薬の指定を受けただけですので、薬のカテゴリがちょっと変わっただけと思っていただければOKです。

ただ、カテゴリが変わるとルールも変わるので、その結果投与制限30日ということになったり、海外からの個人輸入が禁止されたり、といったちょっとした弊害(?)が生まれているに過ぎません。

それでも、アモバンが使いにくくなってしまったから代わりの薬を探しているという方も多くいらっしゃると思うので、下記に代替薬になりうるものをリストアップしてみました。

アモバンの代替薬として使える薬たち

まず、通販(個人輸入代行)であればアモバンの代わりになり得る薬はルネスタ系の薬しかありません。一応他にもマイスリーやハルシオンといった薬がありますが、いずれもすでに向精神薬の指定を受けていて投与制限30日&個人輸入禁止になっています。

その他の薬では、どちらかと言うと睡眠薬というよりかはデパスに近い抗不安薬・抗うつ薬となります。とはいえ、デパスもアモバンも同じような効果があるといえばある薬ですので、こちらはアモバンの代替薬として非常に人気が高いお薬なので是非参考にしていただければと思います。

【バスピン5mg/10mg】

アモバン代わりバスピン

抗不安薬であるバスパーのジェネリック品として、インドにある製薬会社が製造している医薬品がバスピンです。最近では、デパスの代替、デパスの代わりになる薬としてバスピンの人気も高まっています。バスピンも抗不安薬で、不安を取り除く効果が期待でき、睡眠障害の方からも人気です。また、筋肉を緩める効果やリラックス効果もあるのでたくさんの方に使用されています。


<使用方法>

依存性が低く、穏やかな効果を表すのが特長の抗不安薬です。まず飲み始めは10ミリグラム~15ミリグラムを一日2回から3回服用しましょう。その上で効果が薄いと感じるようであれば、3日ごとくらいの間隔で5ミリグラムずつ服用量を増やしていきます。

<注意点 副作用>

妊娠中の方や授乳中の方、既往歴がある方、肝臓や腎臓に疾患のある方、パーキンソン病の方、塩酸ブスピロンにアレルギー反応を起こす方は服用できません。

バスピンの価格を通販で見てみる

【バスパージェネリック5mg(buspon)】

アモバン代わり

こちらがデパスの代替薬として似たような効果が期待できるバスパージェネリックという薬です。脳にある神経伝達物質を安定化し、ドーパミンとアドレナリンの働きを高めるので落ち着いた気分になると言われています。服用方法は、1回3錠を水またはぬるま湯で飲みます。服用後は強い眠気や無気力、立ちくらみが副作用で起こる可能性があるので、自宅で使用することを推奨します。


<使用方法>

服用方法は、1回3錠を水またはぬるま湯で飲みます。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、強い眠気を始め、頭痛や立ちくらみなどです。車の運転などの危険な作業は控えるべきです。

バスパージェネリックの価格を通販で見てみる

【ドグマチール200mg (dogmatil)】

アモバン代わりドグマチール

ドグマチールはうつ病や統合失調症、十二指腸潰瘍、胃潰瘍等に効果がある抗うつ剤です。ドグマチールという名称以外にスルピリドやミラドール、アビリットという名前で販売されています。有効成分はスルピリドで主に精神疾患や統合失調症の治療に使用され、脳内のドーパミンを遮断する事によって鬱な気分や緊張、不安、興奮を鎮め、精神状態を安定化させます。


<使用方法>

150mg~300mgを1日数回に分けてお水と一緒に服用します。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、身体の強張りが出たり、震えやよだれ、乳汁分泌、睡眠障害、眠気、脱力感等が挙げられています。

ドグマチールの価格を通販で見てみる

ご覧の通り、アモバンの通販(個人輸入代行)はジェネリックのものも含めて全部禁止されてしまったので、基本的に代替薬はまったく違う薬になります。少なくとも、個人輸入ではアモバンと同系列の薬はどうあっても違法というわけですね。

なので、同じような作用があると言っても成分は全然違うものですので、アモバンと全く同じような効果が得られないことも多いことと思われます。なるべくたくさんの候補を挙げてはみましたが、いくつかの薬を試してみたりして、時間をかけて自分の体に合う薬を探すことになるかもしれません。

アモバンの代わりになる代替薬を購入を検討している方への注意点

上記で紹介したお薬はアモバンの代わりとして人気がある効果的な薬ですが注意点もあるのでしっかり読んで頂きたいです。

信用出来るのは医薬品専門の通販サイト!

お薬ボックス正規品

当サイトは個人輸入代行サイトで、処方箋なしに購入する事ができますが、同じ睡眠効果のある医薬品を取り扱う通販のサイトによっては、偽薬を販売する通販サイトや品質に心配があったり、問題があったりする場合があるようです。また、購入しても商品が届くかなども心配な意見もありますが、お薬ボックスでは高品質な正規品のみ取り扱っており、沢山の購入者の意見も届いております。購入された大切なお薬をしっかりとお届けしますのでご安心ください。

お薬ボックス

アモバン入手のために横行する手段

【アモバンの個人輸入が違法へ】アモバンの代わりになる代替薬ってどう?

それでも、もしどうしてもアモバンじゃないと…という人も結構多いみたいで、そういう方は倍量処方という禁断の手を使っている人もいるみたいですね。これは、例えば処方制限30日のアモバンを60日分処方してもらいたい場合に

アモバン 1錠 1日1回寝る前 30日分

ではなくて

アモバン 2錠 1日1回寝る前 30日分

などと書くことでクリアするものです。当然、これは違法行為で発覚した場合は医師や薬剤師がペナルティを受けることとなるので、対応してくれるクリニックや薬剤師もあまりいません。

ときには処方に応じてくれるところもあるみたいですが、個人的にはあまりおすすめできるものではありません…(そもそも違法ですし)。

まとめ

いかがでしたか?おそらくみなさんアモバンが思うように手に入らなくなってしまって困っているのではないかと思いますが、ぜひ上記に上げたような薬を参考にして自分の体に合った薬を見つけていただければと思います。

もし、これを機に睡眠薬・睡眠導入剤を卒業したい!という方の場合は、過去に眠れるためのメソッドをまとめた記事もありますので、ぜひそちらもご覧いただければと思います。

(Text:松尾和志)

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

ページ先頭に戻る