お薬ボックス > バイアグラとお酒(アルコール)を併用して飲んだ場合、危険性はある?

バイアグラとお酒(アルコール)を併用して飲んだ場合、危険性はある?

バイアグラとお酒(アルコール)を併用して飲んだ場合、危険性はある?

皆さんバイアグラライフ、楽しんでいますか?

今回のテーマは『バイアグラとお酒』にスポットを当てて記事を書いてみました。

バイアグラを使用した事や興味がある方なら、きっと一度は気になったテーマではないでしょうか?

基本的にお薬全般はその薬の効き目を減少させたり、増強させたりするので少なくとも薬を服用する際はお酒を飲んではいけない、という事になっていますが…ED治療薬のバイアグラはどうでしょうか?


先ず、バイアグラはどういうお薬なのかを簡単におさらいしておきましょう。

normal

バイアグラはED治療薬で、勃起不全の男性の為のお薬。

イコール、男性がセックスの際に満足出来る程の勃起を促してくれるお薬とも言えますよね。

お酒が元々嫌いだったり、日常的に余りお酒を飲まない男性でなければ、中々アルコールが入っていないシラフの状態で女性とセックスをするという割合はかなりの確率で低いのではないでしょうか?

例え夫婦であっても食事と一緒にお酒を飲んだり、晩酌で日本酒や焼酎を嗜む家庭は多くある様に思います。

男性のあなたがこんな場面にもしも遭遇してしまったらどうしますか?

01

今日は数年振りの同窓会。あなたは彼女がいない男性です。同窓会会場に着くと、初恋の女性が声をかけてきました。『実は○○さんの事好きでした…』こんな話は同窓会が終わってからにして欲しいな、と思いつつ、彼女の事を気にしながら同窓会は始まります。同級生の男性から『これ効くから飲んでみなよ』と青い錠剤を渡される。後にこの青い錠剤はバイアグラだという事が分かる。同窓会は始まっているものの、彼女の視線は自分の方に。同窓会の後半、二次会に皆が行こうとすると、彼女は一次会の時点で帰宅するという。自分は同窓会の前に告白されているのに『結局何も無しで終わりかよ…』としらけて二次会に参加する。二次会に参加はしたが良いが、お酒を飲み過ぎて久しぶりに酔っぱらっている。その数分後に二次会に来なかった彼女からLINEが入る。『外に出てきて…』というメール。酔っぱらいながらも二次会の席から『タクシーで帰る』と皆に告げ、彼女が待っている場所へと向かう。車を用意し、カラオケ屋の駐車場で待っていた彼女。自分はタクシーを降り、彼女の車へ乗り込む。彼女はお酒飲んでいなかったようでドライヴに誘われる。酔っぱらっているという事もあり、ふと気が付いたらそこはラブホテルの駐車場。訳が分からぬまま千鳥足で彼女と一緒のホテルの一室へ。部屋に入った瞬間少しだけ酔いが覚め、状況を把握する。初恋の彼女とこれからセックスが出来る事にやっと気が付く。でもまだ酔いも完全に覚めていないし、この酔い具合では絶対にペニスは立たない。おもむろにズボンのポケットに手をやると、同級生に貰った青い錠剤のバイアグラを発見。

さて、この状態でバイアグラを飲む?飲まない?

(…ええ、私なら完全に飲んでしまうでしょうね。)

少し前振りが長かったですが、いきなりこんなセックスチャンスにありつく事が出来たのなら、据え膳食わぬは男の恥。という事で、殆どの男性がバイアグラを勢いに任せて口に放り込んでしまうものだと考えておりますが…実際はどうなのでしょうか…?(;’∀’)

とは言ってもお酒はお酒。そしてここで問題になってくるのが『バイアグラとお酒』との関係です。

何年も前から『酒は百薬の長』ということわざがある位ですし、適度な量のお酒であれば気持ちを落ち着かせリラックス作用が期待出来るので、いざバイアグラを服用するからと言って絶対にお酒は控えなくてはいけない、という事でもありません。

しかし、注意は絶対に必要です。

万が一、何かしら心臓や血圧計の病気を患わっていれば、その旨を医師に相談した方が良いでしょう。

どれ位のお酒の量ならバイアグラを飲む前に飲んでも大丈夫なのか、その場合にバイアグラは何mgが良いのか、他のED治療薬の方が良いのか等、予め診察を受けておいた方が良いと言われています。

私はバイアグラとお酒を併用した事があります

futsukayoi

嘘を言っても仕方がありませんので、自身のバイアグラとお酒を併用した際の体験談を書きます。
結論から言うと、バイアグラとお酒はあまり併用はしない方が良いでしょう。
私はお酒を飲む前と飲んだ後にバイアグラを服用した事がありますが、これはどちらにも当てはまります。お酒を飲む前と飲んだ後でも同じような副作用が身体に出てしまいました。

兎に角、アルコールが効き過ぎてしまうというか、いつもより酔っぱらってしまいます。
そして、酷い頭痛がありました。頭もアルコールのせいで本当にグルグルになり、心臓がバクバク。
ふらつきも酷く、頭を抱えてしまうレベルです。他には視覚の異常が起こりました。周りの景色がクリアに見えるというか、やはり眩しくは感じてしまい、いつもとは違うように物が見えていました。
ただ、バイアグラとしての効果はいつも通りに効いているので、上の様な状態でも勃起はしていました。

と、これだけ身体に異常が起きた訳ですが、想像されている以上に辛い体験でした。

バイアグラとお酒は基本的にどこでも併用はしていはいけないと書いてありますが、併用をしても私の様に死ぬ事は無いと思います。ですが、心臓の弱い方が併用をした場合は本当に危険だと感じましたし、上でもお伝えした通り、もし併用をするのならば医師に相談した上で自己責任で併用をして頂く方が良いと思います。実際にお酒と一緒に併用するのは本当にお勧めする事は出来ません。

但し、大量にお酒を飲まなければ服用はOKとされている

ok1

程よい飲酒ならばアルコール自体にリラックス作用が期待できるという事は上でも触れていますし、時によりバイアグラの効果を引き出す事が出来る場合もあるみたいです。私の場合はバイアグラを飲む前でも飲んだ後でも大量に飲酒をしてしまったせいで酷い副作用が出てしまったのだと思っています。

バイアグラは元々、食事や飲酒の影響を受けやすいと言われているので、大量にお酒を飲むと勃起をコントロールしている神経が抑制され、勃起機能自体を低下させてしまいます。バイアグラを服用した際は、バイアグラの作用で血管が拡張していますからどうしても血行が良くなります。その為、普段よりも酔い易くなってしまうので、お酒は少量に留めておく方が良いと思われます。

いいね!と思ったら…
お薬ボックスページトップへ