お薬ボックス バイアグラ・プロペシア通販 > ぽっこりお腹もスリムに解消!ダイエット薬に関するそれぞれの特徴

ぽっこりお腹もスリムに解消!ダイエット薬に関するそれぞれの特徴

ダイエット薬って本当に効くの?

daiet-sapuri

ニュースや雑誌等でたまに取り上げられているダイエット薬。

モデルや芸能界の間では当たり前の様に使用されています。

それが一般に出回って来ていない理由は何故でしょうか?

それは薬の成分に日本では未承認の成分があるからなんです。

海外では肥満の治療に効果があり、その成分は認可されていてあくまで日本だけが認可されていないのが現状です。

瞬時に痩せる薬はありませんが、飲むと食欲を抑える効果がある物や、気になる脂肪の吸収自体をカットしてくれたりするで、痩せる為に努力したり、運動をする必要がありません。

ダイエット薬はダイエットピルという名称でも認知されており痩せる薬は通常『デブ』や『肥満』と言われる方が使用するお薬で、美容クリニック等でも処方する事もあるそうですが、個人輸入の通販ならとても安価な金額で、健康的にダイエット出来るお薬を購入する事が可能です。

スリムな体や理想の体型に近づけてくれるダイエット薬は多く、ダイエットをするにしても食事制限を設けても厳しいですし、酵素ダイエットをしてもすぐにお腹が減って長続きしない方もたくさんいます。

一番良いダイエット方法としては、適度な運動を続けて身体の脂肪を燃焼させ、中から外に老廃物を出し身体の新陳代謝を良くする事で痩せやすい体質を作る事なのですが、それには努力が必要で難しいから、上にも紹介した効果を期待出来るダイエット薬を個人輸入の通販で購入する方はたくさんいます。

ダイエット薬(ダイエットピル)は1錠飲めば痩せられるという概念ではなく、継続的に飲んでいく事でその効果を現します。中にはお腹が空かなくなるお薬や、食べた事を無かった事にするお薬もあります。

従来のダイエットよりも継続し易く、ダイエット薬は無理する事なくダイエット出来る心強いお薬です。

ダイエット薬として最も有名なゼニカルとそのジェネリックの特徴

◆ゼニカル 120mg 42粒

415_1_L

【商品詳細】

ゼニカルはダイエット薬で世界売上げランキングNo1に輝いたトップクラスのダイエット医薬品です。
さんまが司会を努めている『ホンマでっか!?TV』でも取り上げられ、食べた事を無かった事にするお薬として日本でも一躍人気商品となりました。ゼニカルは美味しい物を食べても減量できるダイエット効果があるとして、体重管理に使用されている減量薬でもあります。特徴としては食べ物の脂肪分(油)を吸収し、体内から外に出す作用があり、脂肪の取り込みを阻害してくれます。大きな食事制限をしなくても簡単に脂肪の摂取を抑える事ができ、脂肪分(油)を便として直接的に体外に排出させる事で食事を抑えなくても簡単にダイエットが出来るダイエット薬として世界中の方から愛されています。 (ゼニカルには3種類のジェネリック医薬品が存在しています。)

【商品形状】

・青い色のカプセル

【使用方法】

・1日3錠まで服用出来るので、毎食時に服用して下さい。

・食前、食事中、食後1時間以内のどれかで服用します。

・お水と一緒に1錠ずつ飲んで下さい。

【副作用・注意点】

・飲み忘れた場合、思い出した際にすぐに服用するようにして下さい。

・2回分を一度に服用するのはお止め下さい。

・油性便や脂肪便が出る場合がありますが、効果が現れている証拠なのでご安心下さい。

◆オベリット 60mg 10粒 (ゼニカルのジェネリック)

03121341_513eb1f6be376

【商品詳細】

オベリットはゼニカルのジェネリックで効果も同等です。
食べる事によって摂取される脂肪分(油)の吸収を強力に防ぎ、脂が濃い食事を摂っても脂肪分が身体に溜まり難くなり、ダイエットをしていても無理が無い食生活を送る事が出来ます。その為、無理に食事の制限を行う事なく、簡単にダイエット効果を得られるので多くの方が安価なオベリットでダイエットを成功させているのが現状です。脂肪分(油)の吸収を防ぐので、糖尿病や高血圧症等の予防にも期待する事が出来ます。オーリスタットという成分が身体の中に蓄積された脂肪を吸収し、余分な油分を30%体外へ排出する事により、ダイエット効果を得られて行きます。(吸収されなかった脂肪が便として体外に排出されます。)

【商品形状】

・青と白い色のカプセル

【使用方法】

・毎日、朝、昼、晩の食事の際に飲んで下さい。

・食前、食事中、食後1時間以内の中で服用を行います。

・お水と一緒に必ず1錠ずつお飲み下さい。

【副作用・注意点】

・オーリスタットという成分の作用でベータカロチンやビタミンEの吸収が減少する可能性があります。

・服用を始めると便意の回数が増加したり、おならが過度に出る場合があります。

・それ以外には急な便意等が見られる可能性もあります。

◆オルリガル 120mg 84粒 (ゼニカルのジェネリック)

04080008_570677e86ac0c

【商品詳細】

こちらのオルリガルもゼニカルのジェネリックで、ゼニカルと同じ効果を得られるのに低価格で購入出来るので大変人気の商品です。抗肥満薬や脂肪阻害剤とも呼ばれており、脂肪分(脂)が体内に吸収されないので、普段から脂っこい食事を好まれる方や、食事の量を減らさないでダイエットをしたいという方にとてもお勧め出来るダイエット薬です。あくまでも普段からの食事は通常通りに、徐々に体脂肪率を減らし、体重も減らす事を目的としたお薬になっています。
高カロリー、高コレステロールの食べ物は勿論避けた方が良いですが、栄養素の少ない食べ物ばかりを選んで食べる必要もないので気楽にダイエットの効果を感じていく事が出来るでしょう。 こちらも不必要な脂肪分(油)は便として体外に排出されますので急な便意が出る可能性があります。

【商品形状】

・青い色のカプセル

【使用方法】

・1日3回の食事の際に1錠を服用して下さい。

・極力、5時間以上の間隔を空けて服用するようにして下さい。

・食事をしなかった際は服用をしない方が良いでしょう。

【副作用・注意点】

・ビタミンAやその他のビタミンの吸収も妨げられるので補う事が必要になります。

・軟便になったり胃もたれをする可能性があります。

・便意がコントロールする事が出来なくなる可能性もあります。

◆ビーファット 120mg 10粒 (ゼニカルのジェネリック)

vyfat120mg

【商品詳細】

ビーファットはゼニカルのジェネリック医薬品で食事をしても太らないダイエット薬としても有名です。食欲を抑えるお薬ではなく、脂肪分(油)の吸収を抑えるダイエット薬なので食事制限をする必要が無く、ストレスを感じずにダイエットをする事が可能になります。食事中にビーファットを服用する事によって、体内の余分な脂肪分(油)を約30%程、便と一緒に体外に排出する作用があるので、その効果がダイエットを促進させ、体重を減らす原動力となります。ビーファットの注意点としては脂肪の吸収は抑える事が出来ますが、既にある内臓脂肪、皮下脂肪等は減らす効果を持たず、あくまで今後摂取するものに対して脂肪を吸収する効果に留まるのでご注意下さい。

【商品形状】

・青い色のカプセル

【使用方法】

・食前や食事中、もしくは食後1時間以内に1錠を水と一緒に飲んで下さい。

・1日3錠以上の服用は禁止されています。

・食事をしなかった場合は、服用する必要はありません。

【副作用・注意点】

・脂溶性のビタミンも一緒に排出されるので、脂溶性ビタミンを摂取する必要があります。

・ビーファットを服用すると便意の回数が増加する他、急な便意等が見られます。

・肛門から自然と油が出る可能性が高いですが、然程気にする必要はありません。

その他、様々なダイエット薬(ダイエットピル)の特徴

・日本のラシックス

2139005F3039

ラシックスは利尿効果が期待できる利尿剤で、尿を出す事により痩せさせます。

全身のむくみを取る為に利用している方も多く、強力な利尿剤として有名です。

体重が減少しない、太って見えてしまうのは、むくみのせいかもしれません。

日本で処方された画像を記載していますが、お薬BOXでは海外のラシックスアベンティスファーマ社の正規品も取り扱っておりますのでご確認下さい。

服用後は頻尿になりますので就寝前や外出前は服用を控えた方が良いでしょう。


・日本のサノレックス(マジンドール)

dsafwukk0

別名『やせ薬』とも呼ばれるサノレックスは食欲を抑えお腹が空かなくなります。

サノレックスは高度肥満の患者のみに処方されるお薬で、現在、国内に輸入する事が禁止されているお薬です。効果は確かですが、依存のリスクや副作用が強いので用には十分に注意をしなければいけません。また、サノレックスを処方されるに当たり、有料の血液検査が必要になり、お薬の1錠辺りの値段は約350円程です。

リスクの面を考えると、サノレックスよりゼニカルの方が安全に痩せられます。


・タイ、バンコクのヤンヒー

yanhee-h-diet

ヤンヒーとはタイのバンコクにあるヤンヒー病院のホスピタルダイエット薬です。

世界で初めて個人のダイエット希望に合わせ、処方が行われるオーダーメイド制のダイエット薬(肥満治療薬)で、服用するだけで確実に痩せられるという事が実証されており、芸能人やモデルが密かに愛用していたりする事も有名なお話です。

その反面リスクもあり、体調不良や死亡事例もある事から注意が必要なお薬です。

また、偽物も非常に出回っており、余りお勧め出来ないダイエット薬となります。