お薬ボックス バイアグラ・プロペシア通販 > 今更聞けない「ジェネリック医薬品」って何?

今更聞けない「ジェネリック医薬品」って何?

まず、ジェネリック医薬品とはどんなものなのかです。

ジェネリック医薬品(日本語訳:後発医薬品)は、新薬(先発医薬品)の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ有効成分、同じ効き目の価格の安いお薬を指します。

ジェネリックという言葉は、一般的なという意味で、「ジェネリック医薬品」とは一般的に広く使用され、効能や安全性が確立された医薬品の事を意味します。

国家予算の中で年々医療費が膨らみ続けている昨今、ジェネリック医薬品は医療費削減の効果があると期待されており、国も使用を推進しているお薬です。

次に、どうして他の薬より価格が安いのかです。

お財布主婦 イラスト

新薬の開発には通常10~15年ほどの歳月と数百億円以上の費用がかかります。

ジェネリック医薬品は、すでに安全性と有効性が確認された有効成分を使用しているため、約3年という短い期間での開発が可能です。

そのため、新薬に比べて少ない費用で開発することができます。

また、新薬は医療関係者にそのお薬の使用方法や安全性情報の伝達または収集に莫大な費用を必要としますが、ジェネリック医薬品は、そうした情報提供費用も最小限にできるため、価格を抑えることができています。

最後に一番重要な効果についてです。

7-introduce

ジェネリック医薬品は、新薬と同じ効能で安全であると国が認められなければ、製造することも販売することも許されません。

新薬と同様に、国が定める厳しい規制や基準をクリアして初めて、製造・販売できるので安心して使用できます。

すなわちジェネリック医薬品とはいい点しかないと考えられます。

当サイト「お薬BOX」でもジェネリック医薬品が大変安く人気ですが、ジェネリック医薬品はほとんどがインド産ですので、日本で未認証のジェネリック医薬品がほとんどです。

ですが、プロペシアジェネリックのフィンペシアや、バイアグラジェネリックのカマグラなどは世界的に有名でとてもよく売れます。

不安な部分はございませんが、心配な方は正規品もしくはお近くの薬局、病院で処方されたお薬をお求めください。

これからもっと多くのジェネリック医薬品が市場に出回ることを期待します。